やっとれるか

 
 最高気温は24℃、時おり突風が吹きましたが、快適な一日でした。


 庭のベニシジミが端境期を迎えたのかグッと少なくなり、午前中はパトロールしても蝶影をほとんど見かけませんでした。
 一転、午後にはいろいろありました。
 
 
ルリタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 庭のバーベナで忙しく翅を開閉させながら吸蜜しています。
 今季の初撮ですが、流石に越冬明けだろうなと納得のできるほどヨレヨレです。
 
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
 かなりの時間バーベナで吸蜜していたのですが、ばっかり食に飽きたのか、ヤブデマリ、ビオラ、マーガレットに移動です。

 そうそう、タイトルは、やっとルリかの間違いです。


[越冬蝶出現(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
テングチョウ  3/12 1  2/28 1  4/24 7  5/14 7
アカタテハ  3/12 1  3/9 4  3/7 2  3/19 2
キタテハ  3/17 3  3/6 2  3/3 1  2/27 1
キタキチョウ  3/17 3  3/7 3  3/29 3  3/31 3
ムラサキシジミ  3/17 3  3/9 4  4/15 5  4/28 4
ウラギンシジミ  3/28 6  8/26 6  6/14 9  6/17 8
ルリタテハ  5/17 7  10/5 8  4/5 4  5/2 5
ヒメアカタテハ     8/27 7  9/6 10  9/5 9
クロコノマチョウ     5/2 5
ヒオドシチョウ     4/17 6
イシガケチョウ     5/5 8
※ 我が家周辺で見かけた成虫で越冬するチョウを、今季の初撮日順で整理しています。今季まだ見かけていない場合は、原則として昨季の初撮日順です。
 ○ ルリタテハは昨季も春先に見かけ、今季も3月の終わりか4月の初めに見かけていますが、相性が悪いのか撮影はずい分遅れています。
 ○ クロコノマチョウは昨季一昨季とも(多分4~5月に)見かけていますが、ルリタテハより更に敏感です。なお、昨季は村内の別の場所で撮影しました。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ ♂ 吸戻し
コチャバネセセリ ♂ 吸戻し
 例年になく庭でコチャバネセセリをよく見かけるのですが、本日は玄関ポーチで何かを吸い戻ししています。
 この場所の軒でツバメが営巣しており、直下には新聞紙を敷いているのですが、今季のカップルは行儀が悪く、多分ツバメの糞だろうと思われます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花  吸い戻し 

Comment

No:5955|ボロは着てても
越冬明けのルリタテハは痛みが激しくても
風格があって素晴らしい蝶だと感じます。
No:5957|ヒメオオさん
ルリタテハは、成虫で越冬するものの中では大型で、確かにインパクトが強いですね。ただ、春先にキレイな個体を見かけているだけに、残念な気持ちが先に立ちます。
No:5958|
こんばんは。
新生蝶が21種も飛び出しているというのに、
まだまだ越冬蝶も頑張っているのですね・・・

越冬蝶と言えば、草花が咲き出さない頃に飛び出してきて、
石の上で暖をとったり、枯れ草に止まっているイメージです。
こうしてお花で吸蜜している姿を見ると、
なんとなく嬉しくなっちゃいますね♪
そして、ボロボロの翅を見れば、
「がんばれ~」って声援を送りたくなります・・・
No:5959|みさとさん
昨年12月に越冬に入ったとしてももう半年、長生きだし、よくこんな姿でがんばっていられるものだと感心しますね。

新生蝶は22種目、我が家での希少種を載せましたよ。
No:5962|
「ルリタテハ」や「コチャバネセセリ」・・・
今季、我が地域では、まだ、見かけてません。
昨年の我が地域の蝶が懐かしいですよ。
でも、最近の暑さで、出現するのは近そうだし、
注意深く、観察します。
所で、マーガレット…シーズン越しですよね。
ちょっと、形が・・・悪い…ですね。
No:5964|るりたては
蝶に関しましては先生には勝てません。
がルリタテハの色この色は我が地の方が綺麗に見えます。
つまり当方の勝ち。
広島カープは今日も勝ち。
宮島さんがいうことにやしゃもじたたいてカチカチ
今日も春の珍事が続いている。
No:5967|kucchan さん
返事が少し遅れると、チョウの出現状況も変化してますね。

>マーガレット…シーズン越しですよね。
>ちょっと、形が・・・悪い…ですね。
そうきましたか。^^;
白しか残っていないからと今季家内が調達したもので、もともと貧相な苗でしたし、この花壇は外周にアルメリアを植えている関係上耕起しにくく、肥料分も不足しているのでしっかりしません。
No:5968|自然を尋ねる人さん
勝ち負けの問題じゃないですが、越冬明けのルリタテハは結構遅くまで生き残っているので、見かけた時期の関係が大きいのでしょうね。
これだけ傷んでいるとこの方だったかどうかの個体識別は到底困難ですが、春先には割にキレイナ個体を見かけています。カメラを構えるとサヨウナラでしたよ。(^^ゞ

広島カープは強いですね。頼りにならない某球団より先が楽しみです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する