新生蝶(2014-No.10)

 
 朝方は0℃、玄関先から見える防霜ファンのない茶園は白くなっていました。ただ、軒下の花はほとんど影響がなかったようです。
 気温はなかなか上がらず、最高気温は19℃どまりでした。


 お昼過ぎまで出かけていたので、期待薄と思いながらパトロールです。
 
 
ツバメシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ツバメシジミ ♀
ツバメシジミ ♀
 裏の畑で翔んでいて、やっととまってくれました。
 帰ってきたその足でパトロールに出たので、レンズは18-270mmを着けたまま、ピン甘です。(ウデ?)(^^ゞ


[新生蝶初見(初撮)日一覧表]
 2014201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/25 2  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/28 3  3/17 3  3/31 2  3/28 3
モンキチョウ  3/28 3  3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ  3/29 5  3/30 6  4/17 9  4/10 7
ミヤマセセリ  3/31 6  5/8 13  5/5 14  5/7 13
コツバメ  4/3 7  3/19 4  4/13 5
ヤマトシジミ  4/9 8  4/10 9  4/15 7  4/7 6
ツマキチョウ  4/10 9  4/2 8  4/27 11  5/2 12
ツバメシジミ  4/12 10  4/1 7  4/17 9  4/5 4
ヒメウラナミジャノメ     4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ     4/15 10  4/12 4  4/5 4
トラフシジミ     4/16 12  4/15 7  4/21 11
ツマグロヒョウモン     5/13 14  4/29 13  5/9 14
クロアゲハ     5/13 14  5/7 15  4/16 9
※ 我が家周辺で各季の4月末までに見かけた新生蝶を、今季の初見日順で整理しています。今季まだ見かけていない場合は、昨季の初見日順です。
  ただし、5月が初見の場合に限っては、この15種内での相対的順位を表示しています。


 ほかにも載せたい内容があったのですが、チョウを追いかけてではなく、用事で走り回っていたので、また改めて載せますね。(v^ー゜)
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科 

Comment

No:5840|ツバメ雌幽かな蒼
黒いビーロド状の風合いの表翅
を持つ高温期型のツバメシジミ
雌も素敵ですが、
幽かに蒼がのった、この時期も
良いですね!
No:5841|ヒメオオさん
いつからでしょう、高温期型と低高温期型を勘違いしていました。原因を調査したところ、昨季の今頃ヨレヨレの黒地を見たことによるものと推察されました。^^;

このような青鱗粉は儚い趣があり、特にヤマトシジミ♀の場合緑色に見えることもあって追いかけますね。
No:5842|
ツバメシジミの初見、♀からでしたね。
こちらでは、観察場所にもよるのでしょうが、ツバメ、ヤマトが未見です。
uke-enさん、次の新生蝶初見は何でしょう?
No:5843|twoguitar さん
>次の新生蝶初見は何でしょう?
そちらではご覧になっていて、モンシロチョウに紛れているかも知れないスジグロシロチョウでしょうか。ツマキチョウは小さいからそれを目当てに追っかければいいのですが、スジグロシロチョウは翔んでいるとモンシロチョウと見分けがつきにくく、追っかけてもなぁんだ、やっぱり!で終わりです。

本日はずっと曇り空ですが、在庫お披露目に期待してくださいね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する