事件

[2010/05/11 20℃/14℃]

 しとしと雨の一日、梅雨の走りには、まだ早いよ~~ぉ!お天道さまぁ、もう少し五月晴れを楽しませてください。(人´∀`*)

 各記事の右上に表示している温度が、怪しくなってきました。
 我が家の最高最低温度計は、リセットが手動です。中央のネジを回して、アームで最低の指示針を戻し、反対側にぐるっとほぼ一周させて最高の指示針を戻すようになっています。
 安物ですが、こんな仕組みとは思いませんでした。^^;

 このネジの回り具合が悪くなってきたので、力を入れて回そうとすると、クニャ(音は聞こえませんでしたが・・・)っと曲がってしまいました。
 どんな対応をするのかなと思いながら、製品サポートにメールすると、二つ返事で交換品を送るとのことでした。余りにあっさりした対応なので、こんな問題が始終発生しているのではないかと、疑いたくなります。^^;

 しかし、製品サポートの対応は、隔世の感がありますね。以前でしたら、そちらの扱い方が悪いと言わんばかりの対応だったように思います。「東芝クレーマー事件(ウィキペディア)」以来でしょうか?

 泣き寝入りしないことが、大切ですね。

 で、現在の鉢花の様子です。一昨日撮った写真です。

クスコ(品種:ゴールデンヒル)

 サントリーの開発品種で、試しに購入しました。
 キク科サンビタリア属だそうですが、同属の花は知りません。
 1cm余りの花をたくさんつけますので、どうも深鉢でないほうがいいみたいです。
オレガノ(品種:ケントビューティー)

 ハーブに区分されるとは、知りませんでした。
 ガーデニング日記さんで見かけて、バイカカラマツが見当たらなかったので、代わりに購入したものです。
 中々味わい深い面白い花で、代用品と言っては気の毒です。
 どうもこの濃いピンクの小さいのが花で、ほのかに桃色がのった花のように見えるものは、苞(ほう)だそうです。
 ほふくして広がるようなので、大きくなれば大鉢に植え替えましょう。
 白花(品種:ロタンザフォリア )も探そうかな。
シャスターデージー(品種:ダーリンデージー)

 花茎が寸詰まりでしたが、寒さによるもののようで、暖かくなってかなり伸びてきました。
 鉢からあふれそうです。一般種のシャスターデージーは、地植えで冬を越しますので、近々花壇に植えましょう。
関連記事

タグ: 草花 

Comment

No:319|No title
地植えのシャスターデ―ジーがのびやかに咲いているのは素敵です。でも小さな花がたくさんあふれるように大鉢に咲いているのも思いがけない良さがありますね。最近狭い鉢にあれこれ植えるのが嫌になっています。いい感じの鉢植え期待しています。計測器、お取り換えできてよかったですね。このところまた気温の上下が大きいですから。
No:320|No title
kyoko さん
 鉢植えにしたいわけではないですが、小さな苗を花壇植えにしても十分に育ちませんので、やむを得ず、といったところでしょうか。たくさん苗を買う気にはなりません。^^;
地植えのシャスターデ―ジーは、また載せますね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する