新生と越冬明け

 
 朝方は3℃、茶園の防霜ファンが音を立てて回っていました。ただ、軒下の鉢植えには影響は見られませんでした。

 日中は20℃に達し、このくらいの気温になると、虫たちだけでなく、私も活動が活発になるようです。(^^ゞ


 昨日一昨日とお出かけでしたので、本日、庭は何度も、東と裏の畑は朝、昼、夕とパトロールしましたが、ベニシジミやルリシジミなど残念ながら新生蝶は見かけませんでした。


 お代わりは・・・
 
ビロウドツリアブ(ツリアブ科)
ビロウドツリアブ
ビロウドツリアブ
 東の畑のウメ(ナンコウウメ)で吸蜜中です。こうして見ると、針状のものは角でなく口吻と分かりますね。
 昨季は3/25、一昨季は3/28が初撮で、ほぼ例年並みです。

 姿・形からは、春の妖精とほど遠い気がします。とはいえ旬のものなのでクッキリハッキリに腐心したのですが、空ヌケでは・・・^^;


 一方、越冬明けの皆さんは・・・
 
アカタテハ #1(タテハチョウ科タテハチョウ亜科 10:37・10:40)
アカタテハ #1
アカタテハ #1
 アセビで吸蜜中です。初めは近づくと逃げるを繰り返していましたが、だんだん慣れてきたのかアップも撮影させてもらえました。
 
アカタテハ #2(12:01)
アカタテハ #2
 ヨレヨレの色褪せですから別個体です。
 
アカタテハ #3?(14:05)
アカタテハ #3?
 #1と同一個体とも思われますが、確認できません。


 このアセビはコツバメさま迎賓花のつもりですが、本日はアカタテハとテングチョウしか見かけませんでした。隣に赤いアセビが、離れた場所にピンクのアセビがありますが、白ばかりが人気でした。
 
 
キタキチョウ(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ ♀
 東の畑で薹の立った?フキノトウで静止中です。
 ♂から隠れているのか、♂が見つけてくれるのを待っているのか、吸蜜するでなく半時間ほどこのままでした。


 チョウではモンシロチョウを数頭見かけただけでしたが、ほかには
 
ツチイナゴ(イナゴ科)
ツチイナゴ
 この方も成虫越冬組です。
 
 
巳
 こんな方も見かけました。
 やさしすぎますが、ウオーリー問題にしておきます。見つけないほうがいいかもしれませんね。(^-^)v
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アブ  花木  タテハチョウ科  シロチョウ科  野草  バッタ  は虫類 

Comment

No:5738|春の目覚め
チョウたちの春がやって来ましたね!
BSの番組でオオカバマダラの目覚めのシーンを見ましたが、
12℃を越えると一斉に飛び立つ光景に目を見張りました。
爬虫類もかなり低温下でもごそついてるけど、
こうやってひょっこり可愛いお顔を覗かせてくれると嬉しいものです♪
蟲屋大忙しのワクワクな春到来!
uke-enさんも既に全開モードで活動しておられるご様子、
今季はどんなびっくりに出会えるか楽しみなことです。(^O^)/
No:5739|Matsu さん
チョウなど昆虫だけでなく生き物番組はチェックしているはずですが、オオカバマダラの件は知りませんでした。ワイルドライフの時間は家内がチャンネル権を持っているので、再放送を見ています。(^^ゞ

私は我が家周辺でゴソゴソしているだけで、海外雄飛(雌飛?)する元気はありませんね。
No:5740|
こんばんは。
暖かな春になって、ようやくuke-enさんも活発になったということですから、
今後はブログが楽しみで〜す♪

もうビロウドツリアブが飛び出したのですか? 早っ!
ずんぐりむっくりとして、毛むくじゃらのこのアブ、
その存在を意識するようになったのは、三年前のことでした。
わたしの好きな「スプリング・エフェメラル」と呼ばれる仲間だと知ってからです。
それ以来、毛むくじゃらは美しいビロードの毛並みとなって輝いて見え、
このアブが可愛く思えてなりません・・・
(それまではアブなんか見向きもしなかったですけどね!
 人間って身勝手なものです…)
なんとかお目にかかってみたいものだと思っていたら、
庭のあちこちで飛んでましたぁ(^-^;
ただ、小さくて素早いからなかなか撮影できなくて、
ブログ登場はたった一度だけです。

ウオーリー、ありがとうございます♪
見つけたくなくても、今回は自然に目に入ってきてしまいました(^_^)
だって、目を引く色だもの・・・拡大しなくても一発でわかりましたよ♪
それに主役だと言わんばかりに、この方ど真ん中に御座しますから・・・
次は、もう少し難度の高い問題をよろしくね(^_-)-☆
No:5741|
本日の当地は22℃でしたよ。
この気温ならと、我が家の鉢花を注視しましたが、
蝶は全く訪問してくれませんでした。
ただ、上空をヒラリヒラリとモンシロらしき方が
飛んでましたが、初撮影には至りませんでした。
アセビ…そーですか・・・
赤アセビには蝶が余り訪問されないのですか?。
何せ、家は赤アセビなもんで・・・。
オーリー…ねー・・・
↑みさとさんコメントの通り、ど真ん中に…
頭部と目が・・・
やはり、好きになれない方ですね。
No:5742|みさとさん
入れ違いに、コメントをどう書けば喜んでもらえるか、そちらで思案していたところでした。多分、うまく書けたと思ってますよ。^O^

ビロウドツリアブは、もう少しすると結構見かけるようになりますね。スプリング・エフェメラルと知るまでは私も気にかけていなかったのですが、時期になるとまたアンタか、てなもんですよ。(^^ゞ

カナヘビ(だろうと思う)は首だけを伸ばし、シャッターを切ったときはすっこんでいましたので、てっきりヘビだと思いました。麗々しく載せるものでもないので、ウオーリーと言ってみました。
No:5743|kucchan さん
朝、10時前に15℃になっていたので、この調子だと今日は夏日かもしれないと思っていましたが、お昼前から曇りがちになって冷たい風も吹き18℃どまりでした。
明日は雨で大荒れのようですね。ここ何年か、春も秋も過ごしやすい期間がごく短くなって、暑っ!寒っ!ばかりのような気がします。素直に春らしくなってほしいものですね。

>赤アセビには蝶が余り訪問されないのですか?
でもなくて、昨季コツバメは、赤、桃、白のどれにも産卵していました。白は樹高85cm、赤は45cmで花数もずい分違うので、匂いの強弱も関係するのではないでしょうか。

>やはり、好きになれない方ですね。
だとは存じ上げていますが・・・(^^ゞ
No:5744|蛇???
最後の写真、「蛇の頭?」にカーソルを持って
いくと「巳」と表示されるのが面白いですね!
埼玉県中北部のコツバメの御神木のアセビも白
色です。
No:5745|
ビロウドツリアブは以前のuke-enさんのブログで知り、その後里山で確認できましたよ。
小指の先位でユーモラスな姿が可愛いですよね。
連休2日、近くの野山を走って見ましたが残念ながら目新しい山野草に出会えませんでした。
しかし、自宅付近で目につかなかったモンシロチョウの他アカタテハ、ルリタテハ、テングチョウ等の蝶に出会えましたよ。
証拠写真としてはルリタテハのみですが・・・
この時季は動きが活発なので撮りにくいですね。
中央に鎮座しているカナヘビ?
顔だけ見ればやはり怖そうで好きになれませんよ。
No:5748|ヒメオオさん
バルーンヘルプ(この場合はそう言わない?)は写真のどこでも出てきます。リンクを張る場合のようにエリアを限定してできるかも知れませんが、もう方法は忘れました。FC2のお仕着せです。
MACでは浮かび上がらないそうです。

写真をアップする際はまだヘビだと思っていたので、つい「巳」にしてしまったのですが、どうもカナヘビではと気がついても、これもヘビだしと・・・(^^ゞ

山で自生しているアセビは、やはり白が多く、ピンクは2割くらい、赤は見かけたことがありません。
No:5749|hitori-shizuka さん
ビロウドツリアブの姿はずんぐりむっくりでユーモラスですが、幼虫は土中に巣を作るヒメハナバチの仲間の幼虫や蛹に寄生するそうですから、格好に欺かれないようにしましょう。
どこにでも生息し、春のみそれも早い時期からが売り物ですね。

我が家周辺では、ルリタテハは比較的珍しく、しかも素早いのでなかなか撮影できません。雑木林などに出かけると珍しくなくなり、樹液を吸汁していると割に撮影しやすいようです。
いずれにしても、新生蝶も越冬蝶もこの時期は婚活に大忙しのようですから、モデルどころではないのでしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する