初モン

 
 朝方はコンコンと音がするほど氷が固かったのですが、予報どおり気温が上がり16℃に達しました。

 ただ、風が強く、花粉で鼻がグシュグシュいう私には、あまりありがたくない気がしていました。
 アレルゲンを調べたことがないので、確たることは申し上げられませんが、経験則からすると、スギよりヒノキ、ブタクサ、イネあたりの時期に発症します。ホコリの類も天敵で、これでは仕事しないでいいよと言ってるみたいですね。(^^ゞ


 それでも数少ない暖かい日、勇んで出動です。
 
 
モンシロチョウ(♀? シロチョウ科シロチョウ亜科)
モンシロチョウ
モンシロチョウ
 お隣の畑で翔んでいて、近づこうとするとこちらへ翔んできました。裏の畑での撮影で、越境しないで済みました。

 新生蝶のトップバッターは、気にかけ始めてから今季まで4季連続でモンシロチョウです。初撮は、2013が3/16、2012が3/27、2011が3/17でしたからまぁ平年並み、冬から早春の寒さも羽化時期にはそれほど影響しないように思えます。
 
(↑のトリミング)
モンシロチョウ
 傷みは見えず、翅周囲の緑毛にも欠けはなさそう、本日羽化した個体でしょうか。
 羽化直後のためか黒い紋も極度に淡いのですが、♀だろうと思っています。


 ほかに見かけたものは、テングチョウ1頭だけでした。
 
テングチョウ(♀ タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ ♀
テングチョウ ♀
 今回は日向ぼっこ中で、開翅してくれましたので、♀だろうと識別できました。ただ、枯草の影が翅に落ちていて、適当な場所には移動してくれませんでした。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:5713|
私もこの歳になって花粉やホコリに反応しているようです。
今日こちらも風があって私も目や鼻に影響がありましたよ。

早速、新生チョウの証拠写真1号おめでとうございます。
流石にピカピカの1年生スタイルですね。
こちらの琴南の山中でも15度の気温でテングチョウに出会いとまった場所を確認した後、証拠写真をとカメラを構えたものの枯葉と同化し確認中逃げられてしまいましたよ。(´д`)
No:5714|
おはようございます。
あららら〜 uke-enさんは花粉症持ちだったのですか? それは大変!
今のところ、花粉症にはご縁のないわたしですが・・・

いよいよ新生蝶の登場ですね。真っ白できれいですねぇ〜
モンシロチョウだというのに、一見モンナシチョウに見えます。
よく見れば、ほんのりと丸い紋が見えてホッとしました(^_^)

こちらは今朝の最低気温は-4.5℃と、まだまだ寒いです!
日中は10℃くらいまで上がるという予報ですが、蝶の姿はまだでしょうね。
昨日の陽射しで庭の雪がだいぶ融けましたから、今日は庭に出て、
雪融け後の小石やゴミの片付けでもしようかと思っているのですが・・・
(小さな早春の花がぼつぼつ咲き始めてきてるので…)
でもやっぱり、蝶の出現などの『ご褒美』がないと、
庭仕事なんて頑張れないですよね!
No:5715|hitori-shizuka さん
学生時代には鼻水がひどく、鼻をかんでは周りがヒリヒリして、不思議に思っていました。今思うと花粉症だったようですが、枯れてきたせいか歳をとってからは症状がずいぶん緩和されてきた気がします。^O^

モンシロチョウはフライング個体かと思いましたが、本日は数頭見かけました。でも、ほかのチョウを追いかけるのに忙しく、次は交尾シーンくらいでしょうか。(^^ゞ

テングチョウは枯葉や石などにとまられると、あの辺と思ってもなかなか見つかりませんね。
No:5716|みさとさん
> 花粉症持ちだったのですか?
デリケートにできてますから・・・^O^
大なり小なり少掾のある人は多そうですし、昔の私のように気がつかないケースも考えられますね。花粉症ばかりは、かからないようにとはできませんので、気をつけることができませんね。私は鼻だけで症状は小なりのほうですので、助かっています。

>一見モンナシチョウに見えます
紋白ですから、これでいいのだ これでいいのだ ボン ボン バカボン バカボンボン ♪ (^^ゞ
モンクロシロチョウは言いにくいので、モンシロチョウになったとWIKIには書かれてますね。

>蝶の出現などの『ご褒美』がないと
え~~~、ヌクヌクと窓の内側から鳥の撮影ができてるのでは・・・
No:5717|
へー…uke-enさんも鼻で御悩みですか。
私は、花粉症では無いと思うのですが、
単身赴任後、自宅に戻ってから、早朝に
クシャミが出て参ってますよ。
でも、これも、1時間位で治まり・・・
とにかく、不思議でなりません。
で、先日に続いてモンシロチョウですかー。
当地の今日は18℃と暖かったですが、
蝶には全く出会えませんでした。
確か、昨年は3月12日にモンシロチョウに
出会ったのですが・・・不思議です。
でも、そろそろ、蝶の初見も近いだろうと
期待しながら探索してますよ。
No:5718|蝶3種
3月17日本日の蝶発見3種
キタキチョウ5頭
テングチョウ5頭
アカタテハ?1頭
気温20℃近いお昼前いつものフイールドで蝶が舞う。
白いのが遠くで舞ったが確認ができていないので
カウントしていません。
No:5719|モンシロチョウ初々しいね!
初々しい早春のモンシロチョウ
素敵ですね!
こちら埼玉県ではまだ見かけて
いません。
今週末くらいの登場かな?
No:5725|kucchan さん
>早朝にクシャミが出て参ってますよ。
症状はよく似てますよ。^O^
寝床に入ってもどうもないのに、朝方くしゃみ鼻水です。時間が経過するとどうもなくなるので、朝方冷え込むからではないかと思っています。
夜でも暖房のない部屋に入るとくしゃみ連発のことがあり、温度低下でほこりが微妙な動きをするのでしょうか。

あれだけ花の多いkucchan さんちですから、遅かれ早かれチョウも訪れてくれるのでしょうね。昨秋のツマグロヒョウモンの羽化連続の際は、指をくわえていましたから。
No:5726|自然を尋ねる人さん
アカタテハの?が気になって、とりあえずの一報を入れましたよ。
この調子で見慣れてくると、種の識別は特別に似たもの以外は案外に簡単ですから、前にお進みくださいね。

>白いのが遠くで舞った
多分モンシロチョウでしょう。すぐにイヤというほど見かけるようになりますね。
No:5727|ヒメオオさん
この時期には、人より一日でも早く証拠写真をと、とことん追いかけます。ちょっとさもしいかも知れませんね。(^^ゞ

いつも美しい写真を拝見していると、もう少し何とかならないかなと思うのですが、いざチョウに対面すると、なぜか焦ってしまいます。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する