大雪警報

 
 一日雪が降っていました。
 10:15に大雪警報が発令され、14:44にやっと注意報になりました。大雪警報が出たのは何年振りでしょうか、よく覚えていません。
 降雪量はデッキの上の実測で17cmになっていました。


 小止みになればソレッ!でしたが、一向にやむ気配がありません。雪を押して出動です。
 
 
キタキチョウ #2 の崖(11:36)
キタキチョウ #2 の崖
 中央左の雪のない場所の奥付近が、キタキチョウの越冬場所です。ほぼ雪に埋まっています。この段階でデッキ上の積雪量の実測は15cmでした。
 崖の傾斜は急なので上がるのは危ないし、崖下からの撮影です。
(15:30)
キタキチョウ #2 の崖
 まだ降っていましたが、十分注意して崖に上がってみました。
 雪に押し流されたのか、どこかに埋もれているのか、キタキチョウは見つかりませんでした。
 明日雪が融けたとしても、崖面が濡れたままだと余計に滑りやすいので、ある程度乾いてから再確認したいと考えています。
 
 
ウラギンシジミ #4のアラカシ(ブナ科 11:38)
アラカシ
 雪で枝が垂れています。
 ずい分探したのですが、ウラギンシジミはどうにも見つかりませんでした。
 
ウラギンシジミ #4(シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科 11:42)
ウラギンシジミ #4
 諦めて一旦戻ろうとして、眼に入りました。
 枝も垂れかなり低くなっていた上、葉も下向きになっていて、違った場所を探していたから見つからなかったようです。
 
ウラギンシジミ #4(15:27)
ウラギンシジミ #4
ウラギンシジミ #4
 かなり低い場所になったので、午後、久しぶりにマクロレンズに換装して撮影してみました。
 葉表の雪はかなり落ちています。
 
(↑2枚目のトリミング)
ウラギンシジミ #4
 中脚は足首?まで深く葉に刺していて、後脚は爪を引っ掛けているだけのように見えます。
 クッキリしていないのは、ウデの問題です。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  蝶(越冬) 

Comment

No:5685|
やはり大雪だったんですね。
雪の重さで木々の様子が変わったうえ、白い世界で白い蝶を探すのはなかなか判りにくいですよね。
4、5枚目のウラギンシジミは雪と同化して、初めて見る人は気付きにくいでしょうね。
中脚の爪でガッチリとホールドしている画像から充分越冬に耐えられる体勢のようで安心しましたよ。
No:5687|hitori-shizuka さん
前回は四国や関東の雪も対岸の火事と思ってましたが、今回は火元です。(^^ゞ

>充分越冬に耐えられる体勢のようで安心しましたよ。
それがねぇ・・・^^;
No:5692|雪とウラギンシジミ
ウラギンシジミ#4の11:42の写真は、サンドイッチ状の雪が貼り付いた葉の裏に止まっている図で実に見事な図ですね!こういうのが撮りたいものです。15時過ぎではすでに雪が落ちていますから、早いうちに行かないと撮れないわけですね。すぐに現地に行けるのは羨ましいですね。

ウラギンシジミの葉裏への脚固定の写真はまだトライしていませんでした。お互いに挑戦課題といたしましょう。
No:5698|yuki
沢山降りましたね。
それでも蝶ですか。立派です。
人生劇場第1部を地で行くような観察に
ウラギンシジミも喜ぶでしょう。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する