寝相あれこれ(水滴コロコロ 2013-05)

 
 朝方は5℃、深更は3℃だったようです。朝から時雨れて、木枯らしが強く、最高気温は11℃どまりでしたが、体感は寒っ!でした。



 11/16、11/17は2日続きの霧だったので、朝出動しました。
 
 
ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 08:31 2013/11/16)
ヤマトシジミ 水滴コロコロ
 チャの葉にぶら下がっています。
 
(08:52 2013/11/16)
ヤマトシジミ 水滴コロコロ
 ヒメムカシヨモギかな?
 
(09:02 2013/11/16)
ヤマトシジミ 水滴コロコロ
 この日(11/16)の霧が濃かったためか、水玉がずい分大きくなっています。
 
(09:22 2013/11/17)
ヤマトシジミ 水滴コロコロ
 翌日(11/17)の霧は薄目でした。

 全て別個体で、たくさん撮影した中のまぁまぁのものを選びました。
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科 08:48 2013/11/16)
ベニシジミ 水滴コロコロ
ベニシジミ 水滴コロコロ
 右と左です。水玉は、逆光の方が美しく見えますね。
 
(08:56 2013/11/16)
ベニシジミ 水滴コロコロ
 ↑のヤマトシジミのヒメムカシヨモギと同じ株だったのですが、離れすぎていて2ショットは載せられません。(^^ゞ
 
(09:07 2013/11/16)
ベニシジミ 水滴コロコロ
 滑り落ちても大丈夫なように、前にもチャの葉がある場所を選んだようです。
 
(09:19 2013/11/16)
ベニシジミ 水滴コロコロ
 チガヤ(かな?)の葉裏の毛が長いので、水玉が盛っています。
 ベニシジミの伸ばし(仕舞い?)かけた口吻にも水玉がぶら下がっていて、こんなシーンは今まで気づきませんでした。
 
(09:14 2013/11/17)
ベニシジミ 水滴コロコロ
 前日(11/16)霧が晴れたのは午前10時過ぎだったので、この日も大丈夫だとゆっくり目に出動したのですが、午前9時頃晴れて、ベニシジミは活動し始めていました。
 触角と翅の外縁に水玉が少し残っているだけですね。
 
 
セスジツユムシ(キリギリス科 09:44 2013/11/16)?
セスジツユムシ 水滴コロコロ
セスジツユムシ 水滴コロコロ
 ウラギンシジミがよくテリ張りしていたヤブニッケイで越冬個体を探していると、こんな方がおねむ中でした。
 毛が薄いのか、触角と脚に小さな水玉だけで寂しい限りです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節    水滴コロコロ  昆虫(蝶以外) 

Comment

No:5525|ミズ
水(見ず)にコメントはできません。
露の芸術、じっくり見せていただきました。
綺麗且つ探す努力、結果コンテスト出品
優秀賞を私は出します。
ジョウビオ君のおねむの場所は脚立、
止まっているのは物干のパイプの上です。
No:5526|
uke-enさんちは「越冬」&「水滴コロコロ」シーズンの真っただ中ですね。
更に、水滴コロコロが8時半~9時過ぎまで見れるとは驚いてます…この時間帯ならば私も探索に出てますが遭遇した事がありません・・・。
どうも、我が地域は遭遇する機会の無い地域かもしれません・・・探し方が下手なのかも。
今日の正午頃に、キタテハらしき方が我が家の花に…直ぐに撮影を試みましたが、私の存在をキャッチしたのか逃げて行き証拠写真は撮れませんでしたよ。
No:5527|自然を尋ねる人さん
>露の芸術
露は確かに芸術ですが、写真が追い付いていません。折角の撮影機会ですから、もう少し何とかしたいと常々考えています。

前日が好天で翌日霧や朝露だと、ヤマトシジミなら20~30頭はすぐ見つかります。モデルになるのを選んで撮影するだけですから、陽が射す前後の時間帯に行けば誰でも撮影できますよ。
ベニシジミは探しても数頭、ウラナミシジミはどうにも見つかりません。
水滴コロコロが見られるのは、経験上露天で寝ているこの3種のみのようですね。後のチョウは草陰や葉陰で寝ているから、霧や梅雨をしのげていて、もし濡れてもワックスでも塗っているのか水玉になりません。
No:5528|kucchan さん
朝霧は、この時期山の端から陽が昇り陽が沈み、そうでなくても日照時間が少ない当地で、午前10時頃まで陽射しを遮る朝霧は嫌われ者です。
水滴コロコロが見られると知って私は霧が立ち込めることを期待しているのですが、地域の型にはそんなことは言えません。(^^ゞ

kucchan さんの地域で霧の日が少ないなら、朝露がたっぷり残る夜明けすぐがいいのじゃないでしょうか。
ものは試しですから・・・^O^
No:5532|流石本家
朝露を煌めかせるヤトシジミ&ベニシジミ
どちらも「流石本家!」と唸らせる素晴しい
出来栄えですね!
私も負けぬように再チャレンジ致します(笑)。
No:5537|ヒメオオさん
>「流石本家!」
ヘヘ、質より量ですよ。
元祖や家元が出てきても、言いだしっぺに一日の長、ビクともしません。(^^ゞ

>再チャレンジ
まだ、八重山のカメムシは残っていやしませんか。
お手柔らかにお願いしますね。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する