暑さ寒さも

 
 台風が秋を連れて行ったのか、朝方は11℃、日中も20℃に達しませんでした。
 結構着込んだつもりでしたが、寒い寒いと震えていました。
 
 
マユハケオモト(ハエマンサス・アルビフロス ヒガンバナ科)
マユハケオモト
 昨季初花、今季も咲いてくれました。
 分球しやすく、昨季分けた子球もまだ花が咲かないのに分球しています。
 
 
ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
ベニシジミ
 フジバカマで吸蜜中です。夏型だと思いますが、確認できませんでした。
 アサギマダラ以外にフジバカマで見たチョウはこの方だけです。
 
 
キタキチョウ(秋型 ♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科)
キタキチョウ 秋型 ♂
 秋になって見かけたキタキチョウは♀ばかりで、確認できた限りでは♂はお初です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  野草  シジミチョウ科  シロチョウ科 

Comment

No:5419|
朝方が11℃で日中21℃とは…我が地域の朝方は低くて16~17で日中は20℃とほぼ同じですね~やはり、朝方に差が有りますね。
で、マユハケオモト…は、「眉刷毛万年青」ですよね。
花が特徴的で頑丈そうだし、私も栽培してみたい植物です~園芸店で探さなくては・・・。
そーいえば、我が家のフジバカマ…とっくに咲いてるのに、未だに蝶が来てるのを見た事がありませんよ。
何故…と、不思議でたまりませんよ。
No:5420|kucchan さん
>日中21℃とは
4択です。
① 眼がかすんで、21℃に見えた。
② 頭がかすんで、「達しません」は超えたと理解した。
③ 記憶力がかすんで、正確な理解がどこかの段階、何かの拍子で誤って思い込んだ。
④ ツッコミ期待。(^^ゞ

マユハケオモトは、昔からいわゆる鉢栽培をしている方のところには1家に1鉢なのでしょうけれど、家庭園芸には縁遠いものですよね。我が家でも、苗をいただくまでありませんでした。HCでも山野草の店でも見たことはなく、人気がないのでしょうか。

フジバカマにチョウが来ないのは、多分他に好みの吸蜜源があるからなのでしょうね。株数は段違いですが、同じアサギマダラが好むヒヨドリバナでは多様なチョウを見かけるのにと私も不思議です。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する