運否天賦(アサギマダラ 2013-02)

 
 朝方は12℃、昨日まで20℃を超えていたので、ヒンヤリを越えて寒かったですね。
 最高気温は25℃どまりだったのですが、陽射しがなお厳しく、逆に暑く感じました。


 午前11時過ぎ、♀のミドリヒョウモンが庭のブッドレアで吸蜜していたのでまぁ撮影するかでしたが、何気なくフジバカマを見るとアサギマダラ1頭がひっそりと吸蜜していました。
 
 
アサギマダラ(#2 ♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
 斑紋から#1とは別個体のようです。
 1回目は証拠写真だけだったので、それっ!でヒヨドリバナ畑に向かいましたが、影も形もありません。30分ほどでフジバカマに戻ってきて、小1時間ほどいてくれました。
 これまで我が家ではヒヨドリバナでの吸蜜シーンしか見たことがなかったので、フジバカマではお初です。本日は、ヒヨドリバナ畑で一度も見かけませんでした。

 このフジバカマは、株分けした10本余りの茎が一塊りで咲いています。ロウバイ、コクタン、サルスベリなど背の高い木に囲まれた狭い場所で咲いているので、周囲からでは見通せず、上空からなら花が一部見える程度なので、アサギマダラに来てほしいと思いながらも無理だろうと思っていました。
 ですから、来季は開けた場所にもう少し植え広げようと思っていたので、アサギマダラの姿を見かけた時は一種感動しました。私にはフジバカマの香りをほとんど感じませんが、やはり香りに誘われたのでしょうね。

 アサギマダラの時期に盛りを迎えたフジバカマなので、生育途上で(家内が)カットしたのだと思い込んでいましたが、改めて確認すると開花が遅い種類だそうです。(^^ゞ
 今季カットし忘れたヒヨドリバナは既に盛りを過ぎているので、幾分とまどっています。アサギマダラが例年より早く姿を見せてくれたのが、例年より早く咲いたヒヨドリバナが原因かどうかは微妙なところです。


 狭っ苦しかったのかぶら下がった状態で静止して開翅してくれず、時おり吸蜜しながら翅を開閉する程度、フジバカマ周りや私のすぐ近くを翔び回り、背中にとまったのじゃないかと振り向くようなこともありました。
 
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
アサギマダラ #2 ♂
 全て100mmマクロレンズによる撮影です。このくらい大きな飛翔写真は大抵望遠レンズで撮影していて、これはかなり近いです。自分で自分をほめてあげたい、ですね。
 当然ながら、フレーム外やピンボケは山ほどです。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   アサギマダラ  野草 

Comment

No:5400|
対象物同一個体のアサギマダラで、こんなに沢山の、しかも、綺麗な写真が撮れるとは素晴らしいですね・・・まぁ、腕が良いから・・・。
このアサギマダラの登場には、とにかく、羨ましいですよ。
No:5402|
こんばんは。
またまた来ましたね、アサギマダラが・・・
これで間違いなく、uke-enさんのところも『アサギの季節』到来ですね!
このアサギマダラさん、信州の香りがしませんでしたか?
宅配便に乗せようかと思ったのですが、
強風が吹いたので、ついでに風に乗せてそちらに送りました(^_^)

翅の透け具合など、とっても上手に撮れてますねぇ〜
なんと言っても、飛翔が素晴らしいです♪
フジバカマの花の回りを優雅に舞ってるアサギマダラ、
これは絵になりますね!
フジバカマのぼかし具合とアサギマダラのこのサイズが、
『アサギの舞』を一段と素敵にしているのでしょうか・・・

「自分で自分をほめてあげたい」・・・褒めてあげてください!
わたしもuke-enさんを褒めてあげたい♪
(スミマセン、上から目線でした…)
No:5403|
アサギマダラの飛翔写真綺麗です。
こちらも五剣山の裏と県境のフジバカマの花畑でアサギマダラに出会いましたよ。
いずれもフジバカマの花でしたが1頭のみコセンダングサの花で吸蜜していました。
アサギマダラにはフジバカマの花の香りを感知する機能があるのでしょうね。
フジバカマの花畑ではアサギマダラの集団が吸蜜していましたよ。
>来季は開けた場所にもう少し植え広げようと・・・
フジバカマの花蜜が好きなことは確かのようですので来季にはもう少しと言わずたくさん植えてアサギマダラを迎えてくださいよ。
綺麗な飛翔写真は撮れませんでしたが後ほど出しますね。
No:5405|kucchan さん
アサギマダラは遠くから渡って来るので、私にとっては一種信仰の対象ですよ。ただ、一とおり撮影できれば、案外すぐだれますが・・・(^^ゞ

そちらでもアサギマダラをご覧になれるところはありそうですが、やはり我が家に立ち寄ってくれるところが気に入っています。
No:5407|みさとさん
何をおっしゃられても、アサギマダラさえ来てもらえれば、ご無理ごもっともですよ。

>このアサギマダラさん、信州の香りがしませんでしたか?
みさとさんの爽やかな!汗の匂いがしました、って時系列が合うかな?
本日は見かけなかったので、#3~#7くらい風か雲に乗せてくださいね。

この辺りでは、スズメバチを滅多に見かけないので、思い切って近づけます。ただ、飛翔撮影には近づき過ぎてもね。
白いヒヨドリバナより、ピンクのフジバカマが写真写りはいいですね。来季は、もう少し増やしたいものですね。

でも本音を言えば、飛翔写真で大きな顔ができるのは1~2枚かと思っていましたよ。(^^ゞ
No:5408|hitori-shizuka さん
他の方への返コメで、アサギマダラの集団に出会ったと書かれていた(ヒガンでる(^^ゞ)ので、いつ載せられるかと心待ちにしています。

フジバカマで吸蜜していたこの個体は、ヒヨドリバナ畑に行こうともしなかったので、誘引力が強いのかも知れません。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する