ハズレ

 
 朝方は15℃、日中は29℃とほぼ定型的な一日でした。空気は乾燥し、風があって、日なたでさえなければ快適でした。
 
 
ホシホウジャク(スズメガ科ホウジャク亜科)
ホシホウジャク
 ここ数日日参してくれていたのですが、大抵夕方の薄暗い時間帯でした。
 本日朝、鉢植えのメドーセージ(サルビア・ガラニチカ)に吸蜜にきたので、ホバリングシーンの撮影です。やった!でしたが・・・(^^ゞ
 以前は望遠系のレンズを使っていたのですが、100mmマクロでは限界がありますね。(ウデ?)
 
 
ミドリヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♂
 東の畑の法面に咲いているヒヨドリバナで吸蜜中です。今秋お初ですが、低いところにはまだ降りようとはしません。
 例年同様この時期はヨレヨレですが、今季は初夏にピカピカを見かけたのでよしとしましょう。

 夏にカットし忘れて、もうヒヨドリバナがこんなに咲いていています。アサギマダラが渡ってくる頃には、ドライフラワーになっていないかと心配しています。
 
 
ウラギンヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ウラギンヒョウモン ♀
ウラギンヒョウモン ♀
 毎日のようにヒャクニチソウでの吸蜜シーンを見かけます。一昨日と同じような写真ですが、更に近づかせてくれました。
 
 
コチャバネセセリ(♀ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
コチャバネセセリ ♀
 オミナエシで吸蜜中です。今秋♀はお初だと思います。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(夏型 ♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ ♂
 花壇のペンタスで吸蜜中です。これもずい分近づかせてくれました。
 後翅裏の白帯が不明瞭なのが、夏型の特徴です。翅表の鱗粉はよく残っているようですが、左右の翅頂には大少の欠けが見られ、尾状突起はかけらしか見当たりません。
 アゲハの仲間は、朝夕の気温が下がって食欲が回復してきたのか、比較的ゆっくり目に吸蜜するようになりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   ヒョウモン  セセリチョウ科  アゲハチョウ科 

Comment

No:5341|
今日も日中30度でしたが風もあり日陰では涼しい感じの一日でした。
午後2時頃、玄関先で今年初めて背中の緑色のオオスカシバに出会いましたがカメラを取り出す間もなく残念でした。
ホシホウジャクはまだ見かけていませんんね。
ミドリヒョウモンとウラギンヒョウモンはこうして比較すると違いは「なる程」と納得するのですが、野外で個別に見かけると、まだ「どちらだったかな?」の状態ですよ。
ミヤマカラスアゲハいいですね。
間近で観てみたいものですよ。
ペンタスを植えれば来てくれるのなら私も植えますが、自宅近くに食草が見当たらないのでやはり植えても確率は無いでしょうね。
No:5342|超蝶
今日は疲れから朝の目覚めが10時でした。
外国の人をおもてなしする為の作業と応対で気を使いました。
おもてなしの意味がようやくわかったのですが!
「表無し」つまり裏が大変だと云うことでした。
忙しかったですが蝶は沢山見かけました、いや忙しくても見ると云う事を忘れなかったと云うことでしょうか。
それこそがチョウチョです。
No:5343|
ホシホウジャクは上手く撮れてますね…ウデですよ。
我が家でも良く見かけるようになりましたが、早朝か夕方の薄暗い時間帯なもんで上手く撮れません・・・これはカメラ性能です。
で、ミドリヒョウモンやウラギンヒョウモンが相変わらず訪問ですね。我が家なんかはツマグロヒョウモンonlyですよ。
是非、ヒョウモン族の仲間として、我が家にも訪問して欲しいもんですよ。
No:5344|hitori-shizuka さん
やはり季節は秋ですね。暑いとは言っても、当地ではエアコンなしで辛抱できないほどにはならないですよ。扇風機もホコリが積もりかけています。

ホシホウジャクは本日も夕方来ていましたが、オオスカシバは今秋1回見かけただけです。ご同様に撮影は間に合いませんでした。

ヒョウモンチョウの仲間も、近ければ撮影時にほとんど判別できるようになりましたが、遠いことが多くて・・・(^^ゞ
見なれたヒョウモンの食草はスミレですから、付近にあると思われます。吸蜜源の種類、量が多いと来訪の可能性は高くなるように思われます。(私見ですが)
No:5345|kucchan さん
>ホシホウジャクは上手く撮れてますね
ありがとうございます。ただ、シャッター速度を最高の一段下だったので翅がねじれたようになっていること、フレームから一部がはみ出したことが癪の種です。

ツマグロヒョウモン以外も食草はスミレですが、ツマグロが多過ぎて他を駆逐してしまっているのでは・・・ウソですよ、やっかみ半分です。^O^
No:5346|自然を尋ねる人さん
ウッカリ後先になってしまいました。(^^ゞ

相変わらずお忙しそうですね。でもJICAが毎年のように研修に訪れるのですから、活動も国際的に認知されているということでしょうか。

チョウももっとたくさんの種類が訪れるようになればいいですね。訪れてる?撮影は、掲載は・・・(^-^)v

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する