台風見舞い

 
 昨夜来の強い雨は、20:00から今日の08:00までの12時間で180mmに達し、最大時間雨量は05:00-06:00の38mmになりました。
 忘れっぽくなっている私の記憶では、こんな雨の量は知りません。

 皆様には、何かとご心配いただきましてありがとうございました。
 
 
崖崩れ
崖崩れ
 東の畑の高さ5~6mほどの崖の一部が崩れました。
 崖上は里道で、この間イノシシがヤマノイモ(だろうと思う。)をあさって、大きな穴を何か所もあけています。
 この道の奥(写真右側)は我が家周辺でのチョウのポイントの一つで、歩きにくくなって困っていました。チョウのポイントすなわちスズメバチのポイントですから、逃げる時も足をとられると最近はパトロールルートから外していましたが、とうとうこんなことになってしまいました。

 崩土を放置しておいても当面支障がなく、更に崩れてくる恐れもあるので、土が乾いてから除去するつもりです。
 自宅の裏側の崖にも同様の危険がありますが、何もなくてホッとしています。


 12:55に避難勧告が解除され、午後に落ち葉をかきあつめていると、こんなものが紛れていました。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ ♂
 箒で掃きだしてしまいましたが、軒下にでも避難していたのでしょうか。
 苦労してきたのか、かなりスレています。


 崖崩れのあった東の畑では、チョウがたくさん翔んでいました。
 
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♀
 ヒャクニチソウで吸蜜中です。
 撮影時には後翅が長く見え、まだお目にかかったことのないオナガアゲハだと色めきましたが、残念ながらクロアゲハでした。前翅裏に黒い帯が見えますが、破れて欠けています。ほかにも傷んだ部分があり、そのため後翅が長く見えたようです。
 
 
キマダラセセリ(セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
キマダラセセリ
 オミナエシで吸蜜中です。
 
 
ツマグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ツマグロヒョウモン ♂
 ヒャクニチソウで吸蜜中です。
 かなり傷んでいますが、♂はこの秋初めてでしょうか。ヒョウモンチョウ族の走りであれば嬉しいのですが。


 ほかにアゲハが数頭、アカタテハなどを見かけました。一斉に出てきた感がありますが、雨続きでお腹を空かしていたのでしょうね。
 
 
スズキハラボソツリアブ(上:♀・下:♂ ツリアブ科)
スズキハラボソツリアブ交尾
 こんなものもカップルで出てきました。オミナエシで吸蜜しているのは♀だけでした。(^^ゞ


 東の畑でウロウロしてたのはちょっとの間でしたが、ヤブカに何刺しも見舞われましたよ。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  地域    草花  昆虫(蝶以外)  交尾 

Comment

No:5325|
そちらの地域の台風被害には驚きましたよ。
で、「東の畑の高さ5~6mほどの崖の一部が崩れました」には、更に驚きですよ…更なる雨で、崩れが広がらない事を祈ります・・・でも、とある時期には、崩れ防止対策の実施ですよね~大変だなぁ・・・。
我が地域は、平坦な土地で崖崩れの心配はありませんが、河川の氾濫の影響が・・・以前に、近所のマンションの地下が水浸しになった事があるもんで…でも、家は1mくらい高いのですが駐車場が20~30㎝くらい高いだけなもんで心配ですよ。
で、蝶ですが・・・我が家はツマグロヒョウモンはわんさと居るのですが…他が少なくて…今日はウラギンシジミが猛スピードで上空を通過でしたよ。
No:5326|kucchan さん
>とある時期には、崩れ防止対策の実施ですよね~
多分、この後も自然まかせでしょうね。
あって欲しくはないですが、この数倍の土が落ちてもご近所にも直接的な影響はないし、我が家でも余り使っていない畑が埋まる程度なので、自然に安定するのを待つだけです。
根本的な防災対策は、費用の面だけでなく技術的にも大変なことだと思われます。過去に崩れた場所は地域にはたくさんあり、そういうところに住んでると認識して、イザとなれば逃げるしか方法がありません。

>我が家はツマグロヒョウモンはわんさと居る
それは、十分過ぎるほど認識してますよ。ツマグロの楽園か天国か知りませんが、奥様とお二人でこんなことがあったと観察できるようになればいいですね。
No:5327|
渡月橋の映像がよく出ていて心配しましたが、そちらは大きな被害はなくなによりでしたね。
猪がまた道沿いの法面を掘り荒らせば、今後も同様被害が出る恐れが・・・
裏の法面にイノシシ避けの防護柵が有効かもしれませんね。

雨続きだったのでチョウも一気に姿を現したようですね。
しかし、強風と豪雨の影響か翅の傷みがみられますね。
No:5331|hitori-shizuka さん
被害はあったものの、この程度で済んでよかったと思ってますよ。
イノシシは家の裏の崖の天面も掘り返していますが、この里道ほどではなく、適宜埋め戻しています。

夏眠明けの個体は、ピカピカなものを見かけることがほとんどありません。もう少しすると新たに羽化したものが現れるようで、それ待ちですね。
いくら隠れていても台風などには耐えられないと思いますが、どんな風に夏を越しているのでしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する