油断も隙も

 
 朝方は19℃、昨夜は薄い布団で寒い思いをしました。(^^ゞ
 
 
ニホンカナヘビ(カナヘビ科)
カナヘビ
 昨日ヒメアカタテハが長期滞在していた花壇のケイトウやペンタスに、ニホンカナヘビが昇っていました。結構体重はありそうなのに、長い尾で上手にバランスをとっているのでしょうか。

 右上の白のペンタスでイチモンジセセリが吸蜜していますが、必ずしもこれを狙っている訳でなく、何でもいいから気づかずに近寄ってくるのを待っているという様子でした。
 
カナヘビ捕食
 オンブバッタショウリョウバッタ?を捕まえたようです。この時点ではまだ動いていて、何度も噛みつきなおしていました。
 
横取り
 こちらのアリも大物ゲットでしょうか。オンブバッタショウリョウバッタ?の落ちた脚を巣に運んでいるようです。
 ニホンカナヘビは脚までは食べないのか、気づかなかったのか、本人(本蜥蜴?)には確かめませんでした。(^^ゞ

 Close To You」のMatsu さんから、捕食されたのはオンブバッタだと教えていただきました。ありがとうございます。(2013/8/30追記)



 お口直しです。
 
 
ミヤマカラスアゲハ(夏型 ♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
ミヤマカラスアゲハ 夏型 ♂
ミヤマカラスアゲハ 夏型 ♂
 夕方ニチニチソウに吸蜜に来ました。
 新鮮そうな個体でしたが、シオカラトンボやイチモンジセセリに追われると、あっさり逃げてしまい、証拠写真程度です。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: は虫類  捕食  バッタ  アゲハチョウ科 

Comment

No:5265|
お久し振りでございます。(^^)
そちらは朝方の冷え込みを感じるくらいに秋になっているのですね。
たしかに蝉の声はまだらになって、コオロギ系、ツユムシ系の涼やかな声がそこかしこで聞かれるようになりました。

カナヘビが咥えてるのはオンブバッタに見えますが、オンブバッタは花や葉ものへの食害が凄まじく、うちでも難儀させられています。
カナヘビは日向ぼっこで体温を上げるとスムーズに活動できるようです。
トカゲの仲間は、肢や翅を噛み落してから丸呑みにします。
そのお零れをアリが片付けるのは、何と無駄のない自然界の素晴らしい生業!
えぇ仕事師のカナヘビやアリには、感嘆と感謝の念すらわいてきます。

綺麗処の蝶屋さんがこんなところにも目を向けて下さって嬉しいです。o(^O^)/
No:5268|
へー…この方が「カナヘビ」ですかー・・・。
私には親しみのない方です(殆ど、いや、初めてみます)。
この様な長い方が庭の花に…と、思うと“ぞっ”としますよ。
で、家ではごく普通のトカゲが、キンカンの木等に登ってるのは観た事がありますが・・・カナヘビは出くわした事がありませんよ。
このカナヘビも、蝶などの幼虫も食べるんでしょうね。
No:5269|
こんばんは。
嬉しいお口直しを、ありがとうございます♪
ん? ミヤマカラスアゲハはお口直しでの登場ですか?
わたしだったら、絶対に 主役に抜擢 しますけどぉ~
もっとも、振り返ってみれば『新生蝶今季37番手』ということで、
すでに登場してるんですよね。
(だったら、脇役程度でもしかたないのかなぁ…)

それにしても、きれいなブルーですね!
通りすがりに覗いたどこぞのブログ記事に、
「ミヤマカラスは、女性が一番綺麗という蝶です。」
と書かれていましたが・・・

一番きれいな蝶が、今年はまだ姿を見せてくれません!
一番でなくてもいい、ミヤマと付いてなくてもいいです。
とにかく黒くて大きな蝶がまだなのです・・・
No:5270|さすが
カナヘビの食事を画像にしない所はさすが観察のプロ。
蟻の餌取りまでの時間は少し気になりました。
なぜ、どのくらいの観察をされたのかが知りたかったからです。
深山のアゲハが口直し、さすがは超博士やることが憎い!
何処かの里からおいでになった美人観察者も
もったいないと仰せです。
No:5271|Matsu さん
>コオロギ系、ツユムシ系の涼やかな声
鳥なら撮影に一定の蓄積があって、見慣れたものなら声を聞いても何々と分かりますが、バッタの類は追いかけないためか、知識としては「虫のこえ」程度です。(^^ゞ

>カナヘビが咥えてるのはオンブバッタに見えます
ハハハ、いつもありがとうございます。
今回は主役じゃなかったので、判別を省略しました。ただ、省略しなくても、♀にオンブされていないオンブバッタは、ショウリョウバッタや同モドキと区別がつきにくいですね。
放任栽培のバーベナに常駐していますが、食害してるかどうかなんて気にもなりません。^^;

>トカゲの仲間は、肢や翅を噛み落してから丸呑みにします。
いたぶっているように見えましたが、自然界ではそんなムダなことはしないハズと思い直しました。なるほどです。

>えぇ仕事師のカナヘビやアリ
記事の落ちまでできた、ありがと、ありがとでした。

>綺麗処の蝶屋さんがこんなところにも目を向けて
蝶屋と言われるのはまだやましさがありますが、アレッと思う生態ならチョウに限りませんよ。ただ、追いかけたり待ち受けたり探したりしないので、機会が少ないだけです。(^^ゞ
No:5272|kucchan さん
>この様な長い方が庭の花に…と、思うと“ぞっ”としますよ。
日本固有種だそうですよ。有難味が増しませんか。
東京などでは、絶滅危惧種に指定されてるそうですよ。この辺りで手を打ちませんか。(^^ゞ

ニホントカゲはヌメッとしていますが、こちらはウロコで覆われていて、ペットにでもできそうですよ。(^-^)v

>蝶などの幼虫も食べるんでしょうね
木や竹の枝なら昇るだろうと思っていましたが、こんな花にでも昇るのですから可能性はありますね。ただ、キアゲハも5齢幼虫くらいになると大きくて呑み込めないような気がしますよ。
No:5273|みさとさん
>ミヤマカラスアゲハはお口直しでの登場ですか?
もう少し味のある写真だったら別なんでしょうけれど、カナヘビの生態にも注目してほしいと思ってますからね。

でも、黒いアゲハチョウはやっぱり好きですね。クロアゲハでも何ら差し支えありませんが、ミヤマカラスアゲハかナガサキアゲハの♀が好みです。ただ、撮影が難しいのが難点です。
このブルーも、黒地だから余計映えるのでしょうね。

>黒くて大きな蝶がまだなのです
あれぇ、そうでしたっけ。
我が家で今季遭遇するのが少ないと感じているのはイチモンジチョウ系です。おなじみさんのアサマイチモンジはまだ見かけないままですし、コミスジですら珍しいチョウになっています。猛暑の影響かも知れませんね。
秋が深まればどんなチョウに会えるかを楽しみにしています。
No:5274|自然を尋ねる人さん
>カナヘビの食事を画像にしない所はさすが観察のプロ。
食べている画像はありませんよ。逃げられるプロですから・・・(^^ゞ

>蟻の餌取りまでの時間は少し気になりました。
花壇で見つけたのは08:09、間があいて1枚目の写真は09:40です。
更に間があいて、カナヘビがバッタを捕まえているのを見つけたのは10:59(2枚目の写真は11:00撮影分)、少し離れた場所でアリが獲物をゲットしたのを見つけたのは11:02(3枚目の写真は11:03撮影分)です。
脚が落ちて間もなく、どさくさまぎれにアリが運び始めたように思えます。

ですから、ずっと観察していた訳でなく3段階に分かれています。
カナヘビが花に昇っていただけではもう一つ、イチモンジセセリとの2ショットでインパクトは弱いけどネタにできそう、オンブバッタを捕まえてよしよし、アリででけたぁ!でした。(^^ゞ

ただ、口直しの方がこんなに突っ込まれるとは思いもしませんでした。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する