60種目(初見蝶今季No.2)

 
 朝方は18℃、快適とかヒンヤリとかを通り過ぎて、寒い!でした。最高気温は32℃に達しましたが、湿度が30%程度と低く、エアコン不要の一日でした。


 キアゲハにかまけていて、ご無沙汰だったヒカゲランドに行ってみました。
 
 
ジャノメチョウ(♂? タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ ♂
 迎えてくれたのは、ジャノメチョウだけでした。
 
(♀)
ジャノメチョウ ♀
ジャノメチョウ ♀
 仲良く樹液を吸汁してるかと思えば、ジャノメチョウが翅を広げてポーズ、カナブンがオレが写らんやないかと言ったかどうかは、カナブン語の通訳がいなかったので・・・(^^ゞ
 
 
オオヒカゲ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
オオヒカゲ ♀
 帰り際になって、チラッと姿を見せてくれました。
 オオヒカゲを見ると、ヒカゲランドに来たかいがあったという気にさせられます。

 もう一つの目的だったミズイロオナガシジミどころか、ヤマトシジミやベニシジミまで、この2種以外のチョウを全く見かけませんでした。



 帰ってから、もう一つのご無沙汰場所、裏の畑の尾根のジャノメ・ポイントをのぞいてみました。樹液酒場も干上がっていたかと思えば・・・
 
 
オオムラサキ(♂ タテハチョウ科コムラサキ亜科)
オオムラサキ ♂
オオムラサキ ♂
オオムラサキ ♂
オオムラサキ ♂
 樹液酒場でコガネムシとともに吸汁中です。遠くて薄暗くても、濃い青色が眼に入り、一目でオオムラサキと分かりました。スズメバチは河岸を変えたはずなのに、周りを飛び回っていて到底近づけません。

 ご承知のとおり、国蝶で準絶滅危惧(NT)に指定されています。
 初見(今季No.2)で最も見たかったチョウ、我が家周辺では60種類目、新生蝶今季40番手、計ったように切りのいい数字ばかりですね。
 
オオムラサキ ♂
 翔び立って、樹上で日向ぼっこでしょうか。かなり傷んでいます。

 証拠写真程度ですが、次には是非見られる写真を撮りたいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒカゲランド  樹液酒場  ジャノメチョウ亜科  甲虫  オオヒカゲ  コムラサキ亜科 

Comment

No:5166|ジャノメチョウ♀が綺麗
ジャノメチョウ♀の裏翅は白い帯がことのほか
綺麗なので結構お気に入りです。
オオヒカゲは栃木県某所で何度か観察しました
が、埼玉県にもまだ生息しているのですね、嬉
しくなりました。
40-60がオオムラサキとはキリが良いですね!
またスズメバチを避けながら望遠レンズで捉え
た雄の紫色輝いてますよ。
No:5168|ヒメオオさん
長い間ジャノメチョウはヨレヨレしか見たことがなかったので、新鮮なのを見た時はそんなに美しかったのと思いました。撮影してみると、見慣れたどのチョウでも美しいものですね。

>埼玉県にもまだ生息
はぁ?当地は京都府の東南端ですが・・・
我が家は山あいの集落内で、すぐ近くには水辺がないのでオオヒカゲを見たことはありません。村内では2カ所でオオヒカゲを見かけていますが、いずれも一桁の若い数字です。ウジャウジャを見たいものです。

>スズメバチを避けながら望遠レンズで捉えた
チョウ用は100mmマクロ、こんなのがいると分かっていれば、望遠系に換装して出撃したのですが・・・(^^ゞ
No:5169|
60種類、新生蝶今季40番手がそれも絶滅危惧種の国蝶オオムラサキとはおめでとうございます。
今季は、キアゲハの幼虫から羽化までの貴重な観察などの苦労を知ってかその御褒美に現れてくれたのでしょうか。(*_ _)人ゴメンナサイ
いえいえ、やはり地道な観察の繰返しの結果、出会う事ができたものですね。
それにしても60種類ものチョウに出会えるなんてやはりuke-enさんちは「チョウランド」そのものですね。
オオムラサキが見たい。! 
でも、こちらには生息していない?ので同じ水玉模様のあるゴマダラチョウで満足しておきましょう。(^▽^;)
No:5170|
樹液酒場…いいですねー・・・。
家の近辺では、昨年まで存在した樹液酒場が酒切れで閉店ですよ。
ですから、昨年までお勤めだった「蝶」達は他の酒場に移動されたのか会えず寂しい限りです。
でも、昔の職場(酒場)が懐かしく様子見に来られた蝶さんに偶然に会う事もあり、未練がましく通ってる私ですよ。
それにしても、目的のゴマダラやアカボシゴマダラ、ジャノメちゃん達に会いたいよー・・・と、心を痛めてますよ。
No:5171|
(⌒▽⌒)/゜・:*【ネ兄】オオムラサキGET!*:・゜\(⌒▽⌒)
やはり樹液酒場でご対面でしたね。
暗がりで観るオオムラサキは白と黄色の斑紋がくっきり見えて
とても美しく、国蝶の名に相応しい神々しささえ感じられます。
次回のご対面で更なる画像をGET!されることを期待します。

☆彡(ノ^^)ノ☆彡ヘ(^^ヘ)☆彡(ノ^^)ノ☆彡!!
No:5172|hitori-shizuka さん
>絶滅危惧種の国蝶オオムラサキ
国蝶だからか大型で美しいからか、各地で保護活動が展開され、成果を上げているようです。オオムラサキを見るようなイベントも開催されています。
当然、開発で数が減っているのはオオムラサキに限りません。真偽は不明ですが、実はそれほどには減っていないという噂もあります。珍しくないからか、チョウ先輩諸氏のブログには滅多に載りませんね。

>60種類ものチョウに出会えるなんて・・・「チョウランド」そのもの
60種が多いのか少ないのか、こんな定点調査めいたことをしている事例を寡聞にして知りませんが、時には珍しそうなチョウも訪れてくれます。自然観察で、当地の数少ない有難味を実感したというところでしょうか。(^^ゞ

>こちらには生息していない?
全国の山勝手(北海道は一部)で見られるようですよ。そちらで情報提供しておきました。
No:5173|蝶
少し忙しすぎたせいでしょうか。疲れでしょうか?
お昼すぎたら眠くて
今も眠くて素晴らしい物語は明日にします。
No:5174|kucchan さん
>樹液酒場が酒切れで閉店
在庫が少なくなって、細々と営業しているのかも知れませんね。樹液が豊富な場所には、たくさんの虫が寄ってきますが、平和共存でなく、主が追い払うなんてことも珍しくありません。
新たな酒場を探すとともに、昔のなじみのお店ものぞいてくだいね。
No:5175|Matsu さん
アハハ、ありがとうございます。天地の差がありますけど・・・

あれは3年前 ♪ いえ、3週間ほど前でしたね。樹液酒場によく来そうとおっしゃられたのは・・・
この時期、ジャノメチョウ亜科、特にオオヒカゲ探しで樹液酒場はよく確認するのですが、翔んでた気配もなかったですね。

明るく、スズメバチがいない場所で遭遇したいですね。^^;
No:5176|自然を尋ねる人さん
たまにはゆっくりお休みをとられて、エネルギーを再充電してくださいね。
「素晴らしい物語」は気になります。
No:5177|ホタル
無理もないです。
ホタル→ホテルと読んだ人は結構多いです。
最近でも表彰状をうけた際ホタルをホテルと読まれました。
偉い人でもホタルの方が好きなのでしょうか。
ミニでホテルは憧れの星です。
No:5178|自然を尋ねる人さん
真面目なファンが多い中で、あのような下ネタもどきはどうかなと恐る恐るでした。おつき合いも歴史?を重ねてきたので、そろそろこんな奴とご理解いただけたと思ってますが・・・(^^ゞ

1年ほど前に、広島県府中市でオオムラサキを保護している記事を拝見し、指をくわえながらも何とか遭遇したいものと思っていました。写真は???ですが、念願が叶いました。
No:5179|
こんにちは。
今日は朝から雨。肌寒いくらいの信州です。
ヒカゲランドに樹液酒場ですかぁ〜
いいですね、様々なタイプの蝶の楽園がお近くにあって・・・

オオムラサキの紫色が、とってもきれい♪
「この紫色に、一度はお目にかかってみたい!」 そう思いながら、早数年・・・
隣町のブログ友さんや、あの少年蝶屋君のブログで拝見してるのだから、
我が地域にもきっといるはずです、国蝶オオムラサキ様が・・・

今度散歩コースを、『クマ出没注意』の看板がある方面に変えてみようかなぁ〜
そうしたら、きっとこうなるかも・・・
  ♪あるひ もりのなか 『おおむらさき』に であった
      …
   『おじょうさん』 おにげなさい

いえいえ、わたしは逃げませんよー!
オオムラサキは、我が憧れの蝶のひとつですもの、必死で追いかけますわぁ〜(^_-)-☆
No:5180|みさとさん
車で5分程度のヒカゲランドは、ちょっとした雑木林で樹液の出ている木も数本はあります。ジャノメチョウ亜科はオオヒカゲと見慣れたものが大抵見られます。
我が家周辺の樹液酒場は2店、1本はこのように暗いところで障害物も多く近づけない、近づいたら逃げられない場所です。ここでも、ジャノメチョウ亜科の見慣れたものばかりですが、時にクロコノマチョウを見かけることがあります。
もう1本は日なたにありますが、スズメバチとカナブン、コガネムシに占拠されていて、チョウを見たことがありません。

みさとさんちの周り(おうち?)には雑木林もありそうですので、スズメバチにはくれぐれも注意されて、是非パトロールしてくださいね。

>『おじょうさん』
どこが、おじょうさんや!ってツッコミが欲しかったのですよね。^O^、

返歌
あるひ もりのなか 『クマモン』に であった
      …
    『クマモン』くん おにげなさい

逃げそびれたクマモンは、身ぐるみいえ着ぐるみをはがれ、これ以後火の国ではクマモンが見られなくなったそうじゃ。
信州の山奥には、今でも『クマモン出没注意』の看板があるそうじゃ。
日本昔話、全巻の読み切りぃ~~~ (^-^)v
No:5181|おおむらさき
今日日曜日オオムラサキ見物を予定していましたが
雨のマーク50%でしかもポツリポツリし始めたので中止。
さて何をしょうか。
川の草刈りにも行けず
思い出して庭のセンノウをUPしました。

2枚目と3枚目非常に良い味が出ていました。
2+3=5÷2=2.5
この2.5が曲者またの名を2枚目半
笑える劇場になります。
No:5182|自然を尋ねる人さん
>オオムラサキ見物
府中市で個人の方が保護されてるところですよね。その方の了承を得られた上で、詳しくPRしてくださいね。

何しようかで適当な花があればいいのですが、我が庭では端境期、間が悪いですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する