オオヒカゲ交尾

 
 午後曇り空になり、風もあって、昨日よりは過ごしやすかった一日でした。


 家内がお出かけだったので、送りついでにヒカゲランドに行きました。これといったものは何も見かけず、帰ったらキアゲハ幼虫がいなくなっているという、マーフィーが働くのではないかと恐る恐るでした。(^^ゞ
 
 
オオチャバネセセリ(♀ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
オオチャバネセセリ 産卵?
 ネジバナで吸蜜中だったので、このシーンは撮影しなくっちゃでした。
 
(産卵?)
オオチャバネセセリ 産卵?
 エッ!でした。ご承知のとおり、ネジバナはラン科、オオチャバネセセリの幼虫はイネ科の害虫ですから、食草ではありません。
 誤産卵か産卵の練習でもしていたのでしょうか。謎です。


 これは幸先がいいと思ってると、奇妙なものが翔んできました。
 
オオヒカゲ(交尾 上:♀・下:♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
オオヒカゲ 交尾
 オオヒカゲは昨季ヒカゲランドで初見、ほかに継続観察地でも見かけたことがありますが、交尾シーンはもちろん初めてです。
 我が家周辺では見かけたことがなく、水辺がないので生息していないのだろうと思っています。
 
(左:♀・右:♂)
オオヒカゲ 交尾
 交尾中でも敏感で、すぐ翔び移りました。交尾飛翔形式は←♀+♂(♀優先飛翔)でした。
 ♂の後翅には、大きなバードビークらしきものがあります。傷ついた♂との交尾を♀は通常拒否するので、これは羽化直後の年端もいかない♀を甘言で誘惑したパターンでしょうか。(^^ゞ

 それにしても、眼状紋を眼と錯覚した鳥に後翅を喰いちぎられ、こういうバードビークができても生きていけるのだと思うと、自己防衛手段として眼状紋は効果があるのでしょうね。
 先が丸いので、トカゲパクリ(私の造語(^^ゞ)かも知れませんが・・・
 
オオヒカゲ 交尾
オオヒカゲ 交尾
 更に翔び移って草むらに潜り込みましたが、♀が嫌がっていたのかバタバタして、落ち着かないこと限りがありません。私が近づいたので余計だったのでしょうか。(^^ゞ
 下の写真では、♂が開翅したのですがすぐ閉じてしまいました。
 
(♂)
オオヒカゲ ♂
 バードビークがないので別個体です。
 
 
ジャノメチョウ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ジャノメチョウ ♀
ジャノメチョウ ♀
 どちらも♀ですが、別個体です。下の写真のようにこんなにまで近づかなくてもと後から思うのですが、クセのものですね。(^^ゞ
 今季お初で、我が家周辺ではまだ見かけません。
 
(♂?)
ジャノメチョウ ♂
 数頭見かけましたが、♀ばかりのようでした。唯一これが♂だと思いますが、自信がありません。


[本日のキアゲハ]

 朝一、一番大きい#2が下向きになっていたので気にかけていましたが、上を向いてまた食べ始めたので安心していました。
 
 
キアゲハ(左:#2・右:#5 いずれも5齢(終齢)幼虫
アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ 幼虫
 右方向が斜め上で、#2が上って#5と角突き合わすことになり、お互いに首?を曲げては相手にド~ンとやっていました。
 
キアゲハ 幼虫
 結局#5が譲ってフェンネルの花に移動したようです。

 で、ヒカゲランドから帰ったら、キアゲハ幼虫は4頭とも健在だったのでホッとしました。
 お昼を終えて、オオヒカゲの写真を確認しようと思ったら、ヒカゲランド疲れでPC前で居眠りしてしまいました。2時間弱だったでしょうか。慌てて確認に出ましたが、案の定#2がおらず、探しましたが見つかりませんでした。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒカゲランド  セセリチョウ科  産卵  オオヒカゲ  交尾  ジャノメチョウ亜科  アゲハチョウ科  幼虫 

Comment

No:5065|
>ネジバナはラン科、オオチャバネセセリの幼虫はイネ科の害虫ですから、食草ではありません。
まさか、食糧難で食べ物が変わったてな事はないですよね。
相変わらず、ヒカアゲチョウは健在ですね。
しかも、オオヒカゲの交尾写真まで…流石、ヒカゲランドですね。
で、私も今日、昨年に良く見かけたヒカゲランド?もどきの場所に足を運びましたよ。
すると、数頭がいましたよ…でも、飛び回ってるだけで停止せず…結局、証拠写真は撮れませんでした。
>案の定#2がおらず、探しましたが見つかりませんでした。^^;
幾ら、何でも居眠りには待ってくれないでしょう・・・。
やはり、自然界は待ってくれませんね・・・えへへへへ・・・。
でも、明日には、えっ…ここに居たのか…てな事もあるかもしれませんね・・・気を落とさずに観察頑張って下さいね。
No:5068|kucchan さん
オオチャバネセセリがネジバナに産卵しているのは誤認でなく、よく似た草姿の植物にはあたりかまわず産卵しているのかも知れませんね。
食草でなければ幼虫は死滅するのですが、それも構わずにとにかく産卵するという生き延び作戦かも知れません。いずれにしても、私には知識がありません。

ヒカゲランドは小さな雑木林になっており、人造池もあるので、自然に溶け込んで安定してきたように思えます。
都市公園では雑木林や川、池は大抵あるので、いろいろなチョウが見られます。森林公園なら、少し種類が変わってくるのでしょう。

>明日には、えっ…ここに居たのか
励ましは嬉しいですが、今のパセリででも一瞬見失うこともあり、緑に紛れたら望み薄でしょうね。外壁などは一とおり探しました。
No:5081|この時刻は
安来節の本場でよせばよいのに泥鰌すくいを
踊り始めた人が居たでしょう。
観察お見事です。
No:5082|自然を尋ねる人さん
旅行は1泊2日じゃなく2泊3日だったのでしょうか。いずれにしても、気を張り詰めるばかりじゃなく、他人様に迷惑をかけない範囲でバカやることも必要ですよ。
勉強会中も休息をとられたようですが、旅行疲れが出ませんように・・・(^-^)v

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する