4×0=4・3×0=2

 
 朝早くは雨でしたが、晴れたり曇ったりの一日でした。少しムシムシしましたが、風の強い時間帯もあり、日陰では過ごしやすく感じました。


 昨日はお出かけでしたが、お出かけ前にパセリの花でおねむしていたベニシジミを見つけました。
 
ベニシジミ(夏型 ♂ シジミチョウ科ベニシジミ亜科 2013/6/23撮影)
ベニシジミ 夏型 ♂ 手乗り・キアゲハ3齢幼虫
 大きな声では言えませんが、ブロ友さんで手乗りに成功されると意気揚々と来られる方がいらっしゃいます。自慢くらいは可愛らしいものですが、笑い声が耳障りなため、ホラ!ねの意味で載せました。^O^ <(_ _)>

 楽屋裏を明かすと、寝ぼけている状態は乗ってもらいやすいのですが、人のいいあの方は素直に感心されるのでしょうね。
 手乗りに成功すればホラ!で、失敗なら口を拭っておけばよく、損のない勝負です。(^^ゞ
 
ベニシジミ 夏型 ♂ 手乗り
 キアゲハ幼虫との2ショットです。この個体は3齢幼虫のようです。


 本日夕方確認したところ、4齢幼虫が4頭、3齢幼虫が2頭の計6頭は健在です。4齢幼虫は大小あり、脱皮殻を探してみましたが見当たりません。
 でタイトルはですって?九九ですから・・・v(^O^)v
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
オオウラギンスジヒョウモン ♂
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 ブッドレアで吸蜜中です。この花穂はほぼ水平で、真上からの撮影です。
 新生蝶今季36番手で、昨季7/6、一昨季6/26がお初です。
 
オオウラギンスジヒョウモン ♂
 10分ほど経過して戻ってきたのでクローズアップを試みましたが、動き回る上、あいにく風が強くなって、うまくおさまりがつきません。
 ♂の印の性標は3本、よく似たウラギンスジヒョウモンは2本です。まぁ、ウラギンスジヒョウモンは準絶滅危惧種ですから、まだ見たことのないそちらだったら大騒ぎなんですが・・・(^^ゞ


 ほかにもいろいろ見かけました。
 
クロアゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
クロアゲハ ♂
クロアゲハ ♂
 ブッドレアとビンカで吸蜜中です。
 久しぶりですが、スレや欠けなどかなり傷んでいます。
 
 
クロヒカゲ(♀ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)??
クロヒカゲ ♀
クロヒカゲ ♀
 ムラシ・ポイントのツバキの葉上でペタッと全開翅です。斜めから撮影しても、眼状紋の痕跡すら見えません。
 見慣れたチョウでも見慣れない姿では判別が難しく、しかも眼状紋の痕跡も見えないくらいスレています。撮影時はヒカゲチョウと思ったのですが、矯めつ眇めつしているとクロアゲハと思えてきました。いずれにしても、裏翅を見られずじまいでは、確証は得られません。
 これでは、かのYODA さんでも首をかしげるばかりでしょうね。^O^ <(_ _)>
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   手乗り  幼虫  花木  草花 

Comment

No:5033|
手乗りチョウ
>寝ぼけている状態は乗ってもらいやすい・・・
私はまだ若い?ので早朝散歩(観察)は苦手ですよ。
一度の成功したのでその後は嫌われる確率が高いと判断して打席についていませんよ。
成功率も出せばよかったのに。
幼虫の脱皮殻
孫と幼虫探しに行った日、キアゲハの幼虫観察の記録ブログで脱皮殻は脱皮をした幼虫が食し、顔の部分だけが残った3.4齢?の顔の部分を記念に取っていたブログを見たことがありますよ。
どなたのブログだったか覚えていませんが・・・
ブッドレアが咲いたことで、新生蝶の姿も益々期待できますね。
ブッドレアの花にはオレンジ色や黒いチョウの姿がとてもに合いますね。
No:5035|
ふーんんんん・・・「ブロ友さんで手乗りに成功されると意気揚々と来られる方がいらっしゃる」とは・・・まぁ、それはそれでいいかもしれませんね…きっと、お喜びになられてると思いますよ。
「寝ぼけている状態は乗ってもらいやすいのです」…確かに、そうですね・・・私も成功率が高いのは早朝ですよ。
で、タイトルの「4×0=4・3×0=2」はうーんんんんで、付いていけませんよ。
No:5036|hitori-shizuka さん
>私はまだ若い?ので早朝散歩(観察)は苦手ですよ。
ハイハイ、(気が)若いのは重々存じ上げておりますよ。
これは7:16、そんな時間まで寝坊されてると、奥様から脚かホウキに乗せられませんか。^O^

単にとまってる場合と違い、寝ている時は指を差し出すと、寝ぼけ眼で登ってきます。シジミチョウなら確率は5割以上でしょうか。複数頭乗せも可能です。
ただし、モンシロチョウは目ざといですね。(^^ゞ

ブッドレアは確かにいろいろなチョウが来ますから、チョウ宝しています。ただ、集合花ですので、次々と花を渡り歩いてじっとしていてくれないのが難点ですよ。^^;
No:5037|kucchan さん
>まぁ、それはそれでいいかもしれませんね
それはそれでいいのです。来た来た!てなもんです。^O^
来られる前に素早くコメントし、首根っこを押さえたつもりでも、すり抜けて来られる根性は大したものですよ。^O^

>「4×0=4・3×0=2」はうーんんんんで
昔、尋常小学校か国民学校で「22が4、23が6」と覚えさされたのじゃないですか。その伝でお願いしますね。
本日雨の中で観察したところ、5×0=2、4×0=3、3×0=1でしたよ。(v^ー゜)
No:5039|べに
先ほどまでホタルの川へいました。
目的は7月9日の講演データ撮りですが水が多くて
撮影不可でしたが今日はなぜかベニシジミ、ヤマトシジミ
ジャノメが沢山いました。
時間がないのに
「ヘイジャガ」=それでも
お調子ものですから蝶を追いかけました。
べにの交尾寸前まで見たのですがどちらが嫌ったか
飛んで行きました。
No:5040|自然を尋ねる人さん
>先ほどまでホタルの川へいました。
そちらはその時刻に雨が上がっていたのでしょうか。当地は今もしびしびと降っています。いずれにしても、ご苦労なことですね。
先の大雨に続いての雨ですので、くれぐれもお気をつけください。

>「ヘイジャガ」=それでも
ありゃ、ちょっとイメージと違う。「そやけど」くらいかと思ってましたよ。(^^ゞ

>べにの交尾寸前まで見たのですがどちらが嫌ったか
ムシの世界は、逆玉はなさそうです。そんなものに出会ったことはありませんが、据え膳もヒトの世界ならではと思いますよ。(^^ゞ
No:5047|クロヒカゲ♀
パッと見、やはりそう見えます。
目玉模様がはっきりしないのは個体差の範囲ぐらいに思われますが、どうなんでしょう?
永らく見てない種なので、御目にかかりたいなぁ~。
uke-enさんではこんなのも観察できていいですね~(^O^)/
No:5050|Matsu さん
やはりそう見えますか。ですが、トンボと違って当てにしていた訳ではありません。m(__)m
同じ時期に同じ若しくはそっくりさんを見かけたのに、ピカピカとヨレヨレ、この差は何だ!ということでした。(^^ゞ

クロヒカゲも我が家では見慣れたチョウで、もうじき玄関ポーチのモルタルでポーズしてくれると思いますよ。(3年目の浮気はないと確信しています。)

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する