バベルの塔(キアゲハ産卵)

 
 一日陽射しがなく、最高気温は26℃どまりでしたが、蒸し暑く感じました。夜になって、雨粒が飛び、デッキは濡れるに届かない湿った状態です。
 
 
ヒカゲチョウ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒカゲチョウ ♂
 ジャノメ・ポイントで見かけました。遠くから何だヒメジャノメか、一応撮影しようかでした。(^^ゞ
 
ヒカゲチョウ ♂
 無造作に近づいて、アッと気づきました。何とか2枚だけ撮影させてもらいました。
 新生蝶今季32番手で、昨季6/7、一昨季6/9がお初です。
 今まで知らなかったのですが、日本固有種だそうです。何だなんて言うとバチが当たりますね。


 戻る途中、黄色い大きなアゲハが翔び去ったのを見かけました。キアゲハとは確認できませんでしたが、大きさは十分でした。
 
 
アゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ ♀
 少し小さ目、違うだろうなと思いながら撮影し、やはり違いました。(^^ゞ
 翔んでいます。
 
 
キアゲハ(♀ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
キアゲハ ♀
キアゲハ ♀
 今度はどうだ!で、キアゲハでした。(^-^)v
 新生蝶今季33番手で、昨季9/22、一昨季6/28がお初、各季いずれも1回限りで我が家では稀少種です。
 
(産卵 11:42)
キアゲハ 産卵
 こちら側に来てよで、まだ産卵に気づいていません。
 しかも、とまったのはキアゲハ様ご一行歓迎の食草のフェンネル(ウイキョウ)だと思い込んでいました。(^^ゞ
 
キアゲハ 産卵
 これで分かったと思うでしょ。表翅を何とか見たいの一念、やはり気づいていません。
 とまったのはフェンネルの隣の薹が立ったパセリ、責任者出てこい!(^^ゞ
 地域ごとのチョウと植物のマッチングを考えることなく、猿まねの報いです。
 産卵シーンは、もちろん初見です。

 ここまで来ると、タイトルの意味はご理解いただけましたね。
 バベルの塔~~~パセリの薹。\(^O^)/
 
キアゲハ ♀
 ノウゼンカズラに翔び移って、やっと開翅してくれました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   産卵 

Comment

No:4970|すぐわかる
この蝶しだと若いころはどれだけ蝶を追いかけていたのだろうか。
蝶にも色々ありましてアゲハにジャノメに黄色奴も
赤い灯青い灯の世界で飛んでいたのでしょうが
今現在も素晴らしい記憶力とその知識には脱帽します。
アゲハは柑橘類やウイキョウでよく見ます。
やはり今時期は産卵?
No:4972|自然を尋ねる人さん
私がチョウに興味を持ったのは、ブログを始めた4年前のことです。
品行方正、謹厳実直、生活善良、石部金吉で、夜のチョウを追いかけた経験もありません。(^-^)v

>素晴らしい記憶力とその知識
種を明かせば、チョウについてはハンドブック片手です。ほかのことは思いついて調べますが、雑学派で系統だっていないから底が知れていますよ。

アゲハチョウ科の大部分の食草はミカン科ですが、キアゲハはセリ、ミツバ、ニンジン、パセリなどのセリ科ですから、パセリで産卵して不思議はありません。ただ、羽化するまで残ってるかどうかは、家内の気持ち次第です。^O^
No:4973|
「何だヒメジャノメ」…とは、贅沢ですねー。
家では、ヒカゲチョウだと自信ある撮影は未だなもんで・・・私ならば、「シメタ」ヒカゲチョウだ…と、大喜びしますよ。
「タイトルの意味はご理解いただけましたね」・・・
パセリまで来ても、タイトルの意味は理解できませんでしたよ・・・理解された方には座布団5枚ですよ。
No:4974|
ジャノメチョウはよく似た色合いが多いですね。
2枚も撮れればいいですよ。
私ならヒメジャノメ思い込み、撮ってないでしょうね。
キアゲハの幼虫は「0系新幹線を連想」するのは私だけでしょうか。
緑と黒の縞模様に黄色の水玉模様の大きな幼虫、もし奥様が「大の虫嫌いだったら」卒倒若しくは大声を出して逃げ出すのではないでしょうか。

私が見かけた幼虫は発見場所が離れているので諦めましたが、uke-enさん宅は食草のパセリやフェンネルもそろっているので卵からの観察どうでしょか。
No:4975|kucchan さん
>「何だヒメジャノメ」…とは、贅沢ですねー。
そういう訳でもありませんが、やはり初物探しをしてますから、クローズアップまで撮影できると何だとなります。開翅姿の撮影はまだですが、経験上はこの時期なかなか開翅してくれません。

>理解された方には座布団5枚ですよ。
え~~~、私には座布団なしですか?長い付き合いなんですからそこを何とか・・・(^^ゞ
No:4976|hitori-shizuka さん
>ジャノメチョウはよく似た色合いが多いですね。
紋様の違い、濃い薄いはあっても、よく似ていますね。それでも新鮮な個体なら、造形の妙を感じさせてくれるものは多いですよ。

アゲハチョウ科の幼虫なら大きくて特徴的なので、私も見逃さないとは思いますが、後はチョウ、ガ一括りで特に最近は多く見かけるので調べたこともありませんよ。

>0系新幹線
はぁ。一番最初の型式ですか?ムムム。^O^

>卵からの観察どうでしょか。
緑色の茎葉だとキアゲハの卵なんか見つけられません。あの大きさですから、ここで羽化するなら撮影できるかもしれませんね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する