59種目

 
 今朝も15℃、日中は陽射しも厳しく、日陰でも蒸し暑く感じました。
 
 
ミドリヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科)
ミドリヒョウモン ♂
 東の畑の崖上を歩いていると、コンニチハとワラビの葉上にとまり、数瞬の後サヨウナラでした。
 新生蝶今季30番手で、昨季9/25、一昨季10/7がお初です。
 我が家周辺では夏眠前に見かけたことがなく、秋のチョウしかもヨレヨレしか見られないものと思っていました。
 
ミドリヒョウモン ♂
 位置関係は悪いのですが開翅してくれ、翅表の性標4本のうち3本までが見えています。
 前翅表前縁に傷が見える以外は、比較的新鮮な個体です。
 
 
ヒメキマダラセセリ(♂ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
ヒメキマダラセセリ ♂
ヒメキマダラセセリ ♂
ヒメキマダラセセリ ♂
 ジャノメ・ポイントで見かけました。かなり傷んでいるため、初見でそっくりさんのコキマダラセセリかと色めき立ちましたが、ヒメキマダラセセリのようです。
 昨季5/26、一昨季6/17がお初ですが、いずれも村内の継続観察地で見かけたものです。ここでは普通に見られるのですが、我が家周辺で出会ったのはこれが初めてです。
 我が家周辺で見かけたチョウは59種になり、新生蝶今季31番手です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:4969|
今季もう新生蝶31番手とは。
帽子の中から品物が出てくる手品のように、新生チョウが次から次へと出てきますね。
ミドリヒョウモンの雌雄判別は線状の性標ですね。
今は了解ですがいつまで記憶しているやら疑問ですが・・・
雄の方が表翅色が鮮やかで綺麗ですね。

昨日、今日と身近な里山に出かけたのですが、今日はチョウの姿も5種類位見かけました。
しかし、どのチョウも恋人探しにやっきになっているようで花で止まろうとせず、まともに撮れたのはルリシジミだけでしたよ。(^_^;
No:4971|hitori-shizuka さん
ちゃんと数えてみると、結構な数にのぼりますね。昨日も2種で33になりましたよ。hitori-shizuka さんも数えられたら、いいところまでいくような気がしますよ。

ミドリヒョウモンの場合、♀の翅頂の三角形は白、♂はあるのがわかる程度のヒョウモン色?です。クモガタヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモンなどもこのパターンで、裏翅だけで判別できます。ただ、♀の識別ポイントですから性標とは言いません。

気温が高いと、大抵チョコマカです。♀探しばかりではないだろうと思うのですが。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する