我が家もゼフ・シーズン

 
 最高気温は30℃を超え、陽射しも強く、梅雨はどこにという一日でした。ただ、真夏とは違って朝夕は涼し目で、まだまだエアコンの必要性を感じません。


 日なたでの庭作業はとても無理ですが、チョウもいろいろ翔んでいて、パトロールは欠かせません。(^^ゞ

 ジャノメ・ポイントに行ってみましたが、樹液酒場も含めてジャノメチョウの仲間は影も形もありません。
 ウロウロしてると、小さいものが翔び出てきました。
 
 
アカシジミ(♂ シジミチョウ科ミドリシジミ亜科)
アカシジミ ♂
アカシジミ ♂
 昨季産卵シーンを見かけましたが、それより一回り小さく、♂のようです。
 薄暗い場所で、ワラビの葉ごみにとまっていて、これが精一杯の写真です。

 これまで我が家周辺で見かけたゼフィルスはアカシジミだけですが、チョウ先輩諸氏のブログは見たこともない美しいシジミチョウのオンパレードなので、こちらも負けずにとシーズンを開幕させました。
 売りは、遠征しないでも見られるゼフィルスです。(^^ゞ

 新生蝶今季29番手で、昨季6/18が初見です。
 新生蝶の順番が合わないって、それはまた。(v^ー゜)
 
 
ホシミスジ(♂ タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
ホシミスジ ♂
ホシミスジ ♂
 すぐ近くのシキビ(シキミ)の葉上でホシミスジがテリ張り(縄張りを見張ること)していたので、一昨日撮影できなかった裏翅を載せておきますね。
 裏翅基部の黒点がホシミスジのトレードマークですが、私には星とは見えません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   ゼフ 

Comment

No:4949|
また、また、新たな蝶の登場ですね。
アカシジミ…この方が…アカシジミですか・・・。
私は、未だ見た事がありません。
更に、ホシミスジ…似た蝶でコミスジも・・・
どちらも、早く撮影したいもんですよ。
何とか、撮影しなくては・・・。
No:4950|kucchan さん
平地性のゼフィルスはkucchan さんのお庭には来ないでしょうけれど、雑木林のある公園なら見られるかもしれませんね。
当方にはそんな公園はないので、あるなら有効活用?してくださいね。
No:4951|
>ゼフィルスはアカシジミだけですが・・・
今季29頭もの新生蝶にも出会え、ゼフィルスまで確認できたのですから。
今季、私なんかはゼフィルスはまだお目にかかってませんよ。
羨ましい限りです。
しかし、八栗寺で3頭ほど朱色のシジミチョウらしき姿を見たので、再度確認に行ってみよう。
裏翅も綺麗なホシミスジのトレードマーク、説明で今は分かったと自信をもてますがいつまで覚えているかが問題ですよ。(^^;)
No:4952|hitori-shizuka さん
>今季29頭もの新生蝶にも出会え
そうですね。我が家周辺で見られるチョウこれまでの58種のうち、半分まで到達しました。これに越冬チョウ数種を今季見ている訳ですから、注意して観察すると多いものだと思います。
でも、ついつい初見のものもなど欲張ってしまいます。

五剣山を看板にされているのですから、頻繁に足を向けられて、この辺りに何々がいるとの土地鑑が持てるようになると、チョウに限りませんが、会える確率も大きくなると思います。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する