ピッカピカの

 
 朝方は11℃、最高気温は27℃で暑いくらいでした。

 チョウも結構見かけましたが、キイロスズメバチが吸蜜に来るのには閉口しています。
 
 
ダイミョウセセリ(♂ セセリチョウ科チャマダラセセリ亜科)
ダイミョウセセリ ♂
 鉢のビオラに吸蜜に来ました。
 新生蝶15番手で、昨季は5/13、一昨季は5/10がお初でしたから、平年並みといったところでしょうか。

 関西型の特徴である後翅の白斑列がはっきりせず、いくら毛がフサフサだからといっても、見えなさ過ぎです。当地は京都府でも三重県境なので、中間型だと以前から主張しているのですが、どなたにも同調いただけません。(^^ゞ
 
ダイミョウセセリ ♂
 閉翅しているので♂という判別は大丈夫かいなと思わないでもないですが、腹部の太さなどから♂で間違いないようです。
 
 
アゲハ(♂ アゲハチョウ科アゲハチョウ亜科)
アゲハ ♂
アゲハ ♂
 通り過ぎるだけでなく、庭でも吸蜜するようになりました。
 新鮮そのもので、オレンジの色合いも濃い上、他の♂がちょっかいをかけに来ていたので、現場では♀と思っていました。
 
アゲハ ♂
 ハイ、図鑑用です。(^^ゞ
 傷一つ見当たらず、こんなクローズアップにも逃げなかったので、今朝羽化したものかも知れません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: セセリチョウ科  草花  アゲハチョウ科 

Comment

No:4863|
新生蝶15番手がダイミョウセセリですか。
しかも、ビオラの花で吸蜜とは、何と、サービス精神のある蝶ですよね。
家にも、未だに、冬花を残してますが(処理できずに)、この様なサービスは殆どなしですよ。
一番最後のアゲハは、正に図鑑用になりますね…こんな撮影が出来るなんて羨ましいです。
そうそう、私も今季初見のアカボシゴマダラ(多分)を撮影しましたよ…昨年より20日くらい早い登場ですよ。
No:4865|
確かに関西型にしては白班が小さいですね。これがこの個体だけの特徴ではなくてuke-enさんの地域の個体全般の特徴でしたら仰られていますように中間型って感じです。個人的にはデータを集める価値があるのでは?と思います。
No:4868|お答
質問事項の残が増えましたのでお答えします。
ヒガンバナの植え附けは14日で子供たちとの合同は終わりです。
多分あすで3200球ぐらいになるでしょう。
まだ「センキュウ」とお礼を云うまでには3回は必要です。
ここからは同好会の会員が植えて行きます。

神辺にツルベが来たのは少し前
放映は5月26日が福山市鞆の浦、6月2日が神辺で神辺西本陣、
頼山陽が塾頭をしたこともある廉塾等と思えます。
最近蝶の画像が綺麗に撮れることが多いです。
理由はカメラを変えたから、つまり画素数が増えたからではないでしょうか。
No:4871|kucchan さん
青系統のパンジー・ビオラは割にチョウに好まれますので、鉢植えはできるだけ引っ張るようにしています。黄色系に来るのもあり、種類で異なるようです。

外来アカボシゴマダラは関東付近にのみいるだけなので、当地では見ることができません。ゴマダラチョウを駆逐しているとの話も聞きますので、広がってほしくはないですね。
No:4872|clossiana さん
私のつぶやきが聞こえましたか。どうして聞こえたのか、そのことの方が不思議です。(^^ゞ

我が家で見かけるダイミョウセセリは、白斑列が比較的濃いもの、この個体のようにほとんど見えないものいろいろですが、クッキリハッキリの典型的な関西型を見かけた記憶がありません。
一度整理してみたいと考えています。その際は、お教えくださいね。
No:4875|自然を尋ねる人さん
それでも残り3200球とは、会の皆様ホントにご苦労様です。
目指せ427センキュウといきましょうか。^O^

家族に乾杯の放送が楽しみです。家内が特に好きで、泊旅行でもなければ必ず見ています。視たらまたコメントしますね。

>最近蝶の画像が綺麗に撮れることが多いです
カメラの性能というよりは、ウデも上がり、勘所も分かってきたからではないでしょうか。
いいカメラ、いいレンズがあればいい写真ではないですね。でも欲しいなぁ~~~。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する