食欲のGW

 
 霜注意報の出なかった朝、最高気温は24℃に達し、日なたでの庭作業はつらいほどでした。


 チョウは庭でも結構翔んでいましたが、新顔には出会えませんでした。
 
 
シラヒゲハエトリ?(ハエトリグモ科 2013/4/29撮影)
シラヒゲハエトリ 捕食
 アリらしき昆虫とハエの仲間?の二兎を得たように見えましたが、ハエの仲間はおこぼれ頂戴で危険も顧みず近寄っていたようです。おこぼれをもらったのか、流石に危ないと思ったのか、早々にいなくなりました。
 
シラヒゲハエトリ 捕食
シラヒゲハエトリ 捕食
 アリも動いていましたが、だんだん弱弱しくなり、動かなくなってしまいました。
 巣を作らない徘徊性のクモは、一日にどのくらい獲物をGETするのでしょうね。喰いっぱぐれることが多そうに思えます。
 
シラヒゲハエトリ 捕食
 前からの写真です。他の眼は動きを感じる程度で、中央部の大きい眼はよく見えるそうです。(2013/5/8追加)
 
 
シオヤトンボ(トンボ科)
シオヤトンボ捕食
シオヤトンボ捕食
 ハエかアブらしいものを捕食していました。ムシャムシャと食べるスピードが速く、上下の時間差は2秒ほどです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: その他生き物  昆虫(蝶以外)  捕食 

Comment

No:4845|
ハエトリグモは室内でよく見かけますが、滅多に獲物をとった姿は見たことがありませんね。
このクモのつぶらな目?
拡大してみると愛嬌のある顔をしていますね。
No:4846|速い
2秒
トンボの食事がこんなに早いとは思いもよりませんでした。
蜘蛛とトンボの食事風景
なるほどこれを期待した演出でしたか。
相変わらずの素晴らしい観察力敬服します。
No:4847|生きとし生けるもの
蜘蛛もトンボも食物連鎖の中健気に
生きてますね!
どちらも意外と目がカワイイのが
面白いです。
No:4848|hitori-shizuka さん
私も家でハエトリグモの捕食シーンに出会っていません。思うに、1匹で1週間や10日は持つのでは・・・???

>拡大してみると愛嬌のある顔
エ~~~クモの顔はどこでしょうか。見えてる単眼は頭胸部にあり、崖面?に少し大き目の眼と大きい眼が一対ずつ横に並んでいます。眼は計8個のハズなのですが、2個は見当たりません。(^^ゞ
前からの写真を追加しておきますね。メカニカルな感じで、私は縄文時代の土偶を連想しました。
No:4849|
この蜘蛛らしき方は「シラヒゲハエトリ」ですか・・・。
私は、余り見かけたことがないもんで拝見した途端に「何・これ」てな感じですよ。
ちょっと、うす気味悪いーですね。
もしかして、アリ地獄の蜘蛛と同じなのですかね。
そうそう、今日、サトキマダラヒカゲらしき方に会いましたよ…えへへへへへ・・・。
No:4850|自然を尋ねる人さん
クモのほうは、載せないけないなぁと思いながら、何故か載せそびれていました。
4/28の初トンボも同様ですが、相手が焦れたのか、これならどうや!だったのかも知れません。
合わせ技1本です。^O^

>相変わらずの素晴らしい観察力
ネタになるなら何でもOKの気分ですよ。(^^ゞ
No:4851|ヒメオオさん
いづれか歌をよまざりける
みんな精一杯生きているのでしょうね。

>どちらも意外と目がカワイイ
前からの写真を追加しましたが、見方によればそれも機能美を感じます。そちらへのめり込まないよう、自身でセーブしてますけど・・・(^^ゞ
No:4852|kucchan さん
>ちょっと、うす気味悪いーですね。
好き嫌いは仕方がありませんね。
固定観念を取り払って素直な目でご覧になれば・・・^O^

>アリ地獄の蜘蛛
そこに私はいません 眠ってなんかいません ♪
ウスバカゲロウは、クモと違って歴とした昆虫です。

>えへへへへへ・・・
その品性を疑われるような笑い方は、奥様に注意されませんか?^O^
最新記事をご覧になられました?えへへへへへ・・・
No:4854|
他のクモの映像で眼のような物がいくらか付いているのは感じていましたが「眼は2個との思い込み」が強く、何の疑いも持たず他は「偽眼」でないかと思っていましたよ。
8個とも眼とは驚きです。ビクッ∑(*゚ェ゚*) 
「目からウロコ」でしたよ。(^▽^;)
No:4856|hitori-shizuka さん
こんなのを見ると調べるので、知識が増えますね。自然との共生はまず観察から、でしょうか。
私の眼にはクモの巣がかかっているのか、(原図で)いくら探しても、7、8個目の眼は見つかりませんよ。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する