テングチョウの産卵

 
 朝方は7℃、昨日一昨日の風も弱まり、最高気温は22℃まで上がりました。


 ムラサキシジミはどうしてるかなとムラシ・ポイントをパトロールしていると、テングチョウが忙しそうに翔んでいました。
 
 
 テングチョウ(♀ タテハチョウ科テングチョウ亜科 12:01)
テングチョウ 産卵
 スレも目立ちかなり色褪せていて、なぜ♀と分かったかと不思議に思われるかも・・・(^^ゞ
 後で気がついたのですが、実はこの時も産卵しているのです。尾端を折り曲げているのがお分かりでしょうか。
 テングチョウの産卵シーンは初見です。
 
(産卵)
テングチョウ 産卵
テングチョウ 産卵
 尾端(腹部の先端)はこんなに細く尖っていたかこれまで気にしたことがありませんが、もしかすると指示棒のように伸びるのでしょうか。
 
テングチョウ 産卵
 尾端に卵様のものが見えます。
 この辺であれっと思われた方もいらっしゃるでしょうが、開翅して産卵しています。
 これまで私が産卵シーンを見たことのあるチョウは、全て閉翅したまま産卵していました。
 
テングチョウ 産卵
 閉翅したまま産卵する場合もありますが、ほとんどの場合開翅していました。閉じたり開いたりする訳ではありません。
 
 
(卵)
テングチョウ 卵
テングチョウ 卵
 1個ずつバラバラに産みつけていました。「秩父の蝶」さんちで見せていただいた時はまとまって産みつけられていましたが、どこが違うのでしょうね。


 ところで、テングチョウの食草はニレ科の樹木ですが、この木はいったい何?ハルニレでしょうか?ニレ科はおおむね大木になるのですが、地際で伐採していてあちこちから小枝が出ている状態です。
 エノキだったら、オオムラサキなど楽しみが多いのですが・・・(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   産卵 

Comment

No:4820|
テングチョウ…産卵シーンでなくても、是非、遭ってみたい蝶です・・・。
そーですかー…蝶の胴体の姿で♂♀の識別とは…な・る・ほ・ど…簡単で覚えやすいですね…採用しなくては。
でも、これが、花などで吸蜜中ならば「胴体姿」での識別は無理ですよね…困りました。
で、この産卵シーンの木…木にも無知な私には「柿の木」に見えますよ・・・ならば、我が家にも「ある」し…と、楽観的になる私ですよ。
No:4821|
テングチョウの雌雄の区別はどこかな?
なるほど、これだったら私も。しかし、産卵シーンの認識がなければ私にはどうにも判りませんよ。
>この木はいったい何?
>エノキだったら、オオムラサキなど楽しみが・・・
私の見立てでは、柔らかな新芽の葉模様からどう見てもこちらではモクと言っているモクエノキ(ムクエノキ)に間違いなさそうですよ。
と、すればオオムラサキも期待できる。?バンザイ \(^o^)/

昨日、庵治でツマキチョウを初めて確認できましたが裏翅模様は残念ながら撮れませんでした。(50m位追尾させられましたよ。)
No:4822|蝶が多い
今日は朝からホタルの川沿いにヒガンバナを植えるための
草刈りや穴開けをしていました。
昼近くで23℃蝶が活発動きます。
黒いアゲハ、テング、赤やツバメのシジミ
ミスジ他沢山蝶が舞いますが証拠はありません。
あす雨が降らなければ再度挑戦します。
No:4824|kucchan さん
テングチョウは未見でしたか。食草は木ですが、花などで吸蜜するのもよく見かけます。ビューンと翔びますので、とまってくれないと撮影は困難です。

>蝶の胴体の姿で♂♀の識別
産卵するので、総じて♀の腹部が太いのですが例外も多いし、♂♀を並べてみなければ判断できませんね。
今回は、産卵してたから♀、分かりやすいですね。^O^
No:4825|hitori-shizuka さん
>テングチョウの雌雄の区別はどこかな?
3枚目の写真で、翅表のほぼ中央部に兎の顔状?のオレンジの班がありますね。その左頬横(写真では下側)にオレンジの点がありますが、これが大きく(と言ってもこのくらい)明瞭なら♀です。♂はこの点が見えないか、あっても小さくかすれています。見比べてください。
http://ukeminoengei.blog103.fc2.com/blog-entry-820.html

>モクと言っているモクエノキ(ムクエノキ)に間違いなさそうですよ。
明快なご教示ありがとうございました。板根らしきものもあり、木肌からもそのようです。
ただ、私が知っているのは全国共通語のムクノキで、そちらでそんな呼び方だったのか記憶にありません。(^^ゞ

さて、オオムラサキはどうなのでしょうね。
No:4826|自然を尋ねる人さん
我が家周辺でも黒いアゲハらしきものを見かけましたが、証拠どころか自分自身で大丈夫か!と思っている具合です。

本日は午後3時前まで雨で気温も低く、チョウなんてただの1頭も見かけませんでした。お休みのつもりで、過去の写真を確認してると・・・
No:4827|見つけにくい卵!!
アカタテハのラグビーボールのような緑の卵や
ツマキチョウの細長い白い卵は老眼に鞭打って
探すと極稀に見つけることもありますが↑の卵
を探すのはとっても難しそうですね!
No:4829|
テングチョウの産卵はもう何年も見ていません。
やはり足繁く通わないといけませんね。
こちらだとアカボシゴマダラなどが庭先で発生しますが、オオムラサキが庭先で発生すると素敵ですね。
No:4832|ヒメオオさん
産卵シーンに出会って、エート、誰それさんちにあったなと先輩諸氏のブログで確認して、それから卵を探す、泥縄もいいところです。(^^ゞ

今回はtef_teffさんちでまとまって産みつけられたものを見せていただいていたので、そのつもりで探しましたが当てが外れました。^^;
No:4833|ダンダラさん
卵探しは難しいからとあきらめていたのですが、壺にハマったようで、苦心惨憺です。ヒョイヒョイと見つけられる方は、どんな眼をしているのだろうと気になります。(^^ゞ

アカボシゴマダラは見たことはないですが、見たいようなそうでないような・・・ゴマダラチョウを駆逐しているという観測を仄聞するのですが、どんなものでしょうか。
この木は昨日今日植えたものではありませんので、オオムラサキのように大きなチョウなら見落としはないと思います。まぁ、気にかける場所が増えたということですね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する