新生蝶中間まとめ改訂版(10・11番手)

 
 本日、2コマ目です。
 
 
ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
ヒメウラナミジャノメ
 裏の畑地続きのお隣の元茶畑で見かけました。
 昨季は4/27、一昨季は4/18がお初ですので、似たり寄ったりの時期でしょうか。
 
 
スジグロシロチョウ(春型 ♂ シロチョウ科シロチョウ亜科)
スジグロシロチョウ 春型 ♂
 鉢植えのアケビ赤花に吸蜜に来たようですが、頭隠して状態の証拠写真です。^^;
 昨季は4/12、一昨季は4/5がお初ですので、これは遅れています。モンシロチョウと誤認して見過ごしたようなこともなさそうです。


 ところで、新生蝶中間まとめでは今季見かけた新生蝶を出現順に並べましたが、精査すると4月中に見かけた新生蝶はまだ残っていました
 
 201320122011
 初見日 順 初見日 順 初見日 順
モンシロチョウ  3/16 1  3/27 1  3/17 1
ベニシジミ  3/16 1  4/8 3  3/26 2
ルリシジミ  3/17 3  3/31 2  3/28 3
コツバメ  3/19 4  4/13 5
モンキチョウ  3/25 5  4/14 6  4/12 8
アゲハ  3/30 6  4/17 9  4/10 7
ツバメシジミ  4/1 7  4/17 9  4/5 4
ツマキチョウ  4/2 8  4/27 11  5/2 12
ヤマトシジミ  4/10 9  4/15 7  4/7 6
ヒメウラナミジャノメ  4/15 10  4/27 11  4/18 10
スジグロシロチョウ  4/15 10  4/12 4  4/5 4
       
トラフシジミ    4/15 7  4/21 11
クロアゲハ    5/7 13  4/16 9
 
 そうは言ってても、改訂版・改とか改訂版・2改があるかも知れませんね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:4770|
もう、ジャノメチョウの登場ですか。。。と、言っても↑表より昨年とほぼ同時期だから早いとは言えないかもしれませんね。
スジクロシロチョウ…最初は何処に居るの?…拡大して分かりましたよ・・・で、私も本日スジクロシロチョウに出会いましたよ。
更に、今日は黒アゲハにも…でも、証拠写真はダメでした。
No:4771|質問?
私に質問等戴きびっくりしています。
答えは簡単
三脚を使わずカメラのダイヤルをAに合わせ
マニュアルで撮影しています。
運よく手ぶれがすくなかっただけです。
前にも書きましたがアセビという木は
蝶には素晴らしい木ですね。
まだ木の調達は済んでいません。
No:4777|kucchan さん
蛇の目のシーズンは当然6月ですが、ジャノメチョウ科でもヒメウラナミジャノメは飛び抜けて早いですね。早い方のサトキマダラヒカゲでも5月でしょうか。

この時期はチョウも敏感で、どうしても証拠写真が多くなりますね。(^^ゞ
No:4778|自然を尋ねる人さん
マニュアルで撮影しているのは分かっていたのですが、なぜあんな蛇口みたいになるのか不思議でした。

アセビはその辺の山にもたくさんあるでしょうから、山に入りやすいのならわざわざ調達しないでも。当地の山は、薮か転げ落ちるほど急ですから。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する