新生蝶三番手

 
 朝方は0℃、最高気温は20℃、歩いていても暑いくらいでした。


 何が見られるか、パトロールが楽しみにな時季になりました。
 
 
ルリシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科)
ルリシジミ
 庭で青いチョウが翔んでいました。慌てて追いかけると、通路の排水路にとまりました。
 新生蝶の今季三番手はルリシジミでした。昨季は3/31、一昨季は3/28がお初ですから、これもずい分早くなっています。
 
ルリシジミ
 草ボウボウの中でじっとしています。
 
ルリシジミ
ルリシジミ
 クローズアップ、超クローズアップです。^O^
 位置関係が悪く、草の影が落ちています。動いてもくれず、開翅はおろか、表翅をチラ見もさせてくれませんでした。


 ほかにモンシロチョウ数頭、キタキチョウ、ムラサキシジミ各1頭を見かけました。ルリシジミを見たので本日の仕事を終えたような気になって、追いかけませんでした。
 アッ、ムラサキシジミは青狙いで追いかけようとしたのですが、ボツの証拠写真1枚で見失いました。^^;
 
 
アセビに?
 ところで、昨季コツバメが産卵したアセビの白花でコツバメの越冬態の蛹を再捜索したところ、こんなものを見つけました。
 アオシャクかシャチホコガ系統の繭?それとも単なるゴミ?目的の蛹は見つかりませんでした。ヤバそうなので、触りませんでした。(^^ゞ
 ご存じであれば、ご教示ください。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   花木 

Comment

No:4647|
こんにちは。
モンシロチョウとベニシジミへのコメントを…と思って開けば、
あれまぁー、もう新たな新生蝶さんのお出ましですか?
次々とニューフェースが現れて、お忙しくも楽しい春ですね♪
(ようやく越冬蝶が姿を現したという、まだ春浅い信州なのに…)

春の蝶は元気が良くて、追いかけるのに大変です!
しかも、お花が少ない時期なので被写体もイマイチだしね・・・
(菜の花にモンシロチョウ、これは春らしくて最高!…)

でも、超クローズアップの一枚は素敵だと思います♪
uke-enさんから蝶を守るかのように、緑の草がそっと包み込んでいるように見えて、
ルリシジミの顔が、心做しか安心したような表情にも見えますよ。
…というのはさておいて、きれいなルリシジミですねぇ〜
こんなに美しく撮ってもらって・・・これは、安堵と満足顔ですね♪
ルリシジミの青い色を撮るのは、難しいですよね。
たぶん、飛翔じゃないと無理なのかなぁ…って思っているのですが・・・
昨年は何度も挑戦したけれど、ものすご~く小さな飛翔ブルーしか撮れなかった(^-^;
No:4648|蝶
1昨日、昨日山での作業、ようやく写真を取り込み確認しました。
蝶3種は確認出来ました。
UPは2、3日先ですが期待してください。
名前はまだ分からない夏目漱石流で出すかも!
蝶を蝶!アップはお洒落の世界でしょうが
そんな季節が来たのは確かです。
No:4649|
おやおや…また、今季初見のルリシジミですね・・・。
それにしても、初見蝶の撮影~出会った獲物は逃がさず…流石ですね。
私は、今日もウラギンシジミ?みたいなシジミチョウに出会いましたが、ヒラリヒラリと飛ぶだけで、撮影の機会は一切なしですよ。どうも、今季の私は、蝶との相性が最悪になったかもしれません。
で、最後の、訳のわからない物体…想定通り、私には思いもつきませんよ・・・単なる、ゴミでは…しか思いつきません。
No:4650|みさとさん
ニューフェースもしばしの間で、一段落すると待てど暮らせどの状態になるのが例年のことです。ヤマトシジミを見かけるまでは毎日のようにパトロールしますが、それ以降は連日とはいきませんので、当然その影響も大きいのでしょうね。

春のチョウは確かに元気一杯ですが、このルリシジミのように長時間じっとしているのは、午前10時半頃でしたから羽化直後のためではないかと思います。
顔は羽化という大仕事を終えて、ホッとしているのじゃないでしょうか。^O^

ルリシジミの飛翔撮影は、ヤマトシジミよりずっと難しいですよね。天気のよい日には、待っていると半開翅くらいはしてくれることがあります。その方が確実ですね。
No:4651|自然を尋ねる人さん
コメントの中身を読まずすっ飛んで行きましたが、あてがはずれました。帰ってきて、次かぁてなもんです。
4-3=1、これはどこに・・・(^^ゞ

>名前はまだ分からない夏目漱石流で出すかも!
「吾輩はチョウである 名前はまだない」でしょうか。ときどき解読できない場合がありますので、隅にでも解答を書いておいてくださいね。

チョウのシーズン到来です。おまいらちゃんとやっとけよ、ワシはその辺をパトロールするから、で体調管理を兼ねてはいかがでしょう。(^-^)v
No:4652|kucchan さん
>初見蝶の撮影~出会った獲物は逃がさず…流石ですね。
へへぇ、実は前日、表翅の青い小さなチョウが翔んでいました。ヤマトシジミでは早すぎるし、消去法でルリシジミの♂だろうと推測しましたが、あっという間に見失いました。
その日はモンシロチョウとベニシジミの撮影ができていたので、また会えるさでしたが、何にも成果がない日なら相当に残念がったでしょうね。

ウラギンシジミも翔ぶスピードは速いですから、とまるのを待つより仕方ないですよ。来たということは、またチャンスがあるということですから、次の機会にものにしてください。
No:4653|ルリシジミ
ルリシジミは年中見られるような気もしますが、
なんといっても早春にるり色の花のようにちらちらと現れてくる姿は感激します。
パトロール、楽しみですね~
新生蝶がどんどん現れてきそうですね。
No:4654|grassmonblue さん
>ルリシジミは年中見られるような気もします
秋になってもいると思うのですが、ヤマトシジミに紛れてしまって、滅多に見かけませんね。

特に♀の開翅を撮影できると嬉しい部類ですが、静止しての開翅はあまりお目にかかれません。


No:4655|
今日はこちらも暖かい一日でした。
もう綺麗なルリシジミのお出ましですか。
こちらではまだ見かけませんよ。
こうなればuke-enさんのフイールドは一段と楽しみが増えますね。
>アオシャクかシャチホコガ系統の繭?それとも単なるゴミ?
これクイズ、やらなくちゃ。
アオシャク、シャチホコガの繭は見た事がないのでパス。
しかし、どう見ても植物ですよね。
付近の状況から判断すれば、白アケビの花が咲く前に何らかの原因で途中で折れ、その枯れた花茎が葉上に乗った感じですね。
最近特に目の衰え(言訳)や運動不足で体力の無さを痛感しましたよ。
と言うのも、先日の山登りが祟ったのか2日後の月曜日は体がだるく寝込んでしまいましたよ。体力不足にヾ(_ _*)ハンセイ・・・
No:4657|hitori-shizuka さん
チョウの時季になると、楽しみなのか苦しみなのか分からなくなってきますね。我が家で見かけたチョウはこれまでに58種類、それを見落とさないようにしなければという焦燥感もあります。(^^ゞ

>これクイズ、やらなくちゃ。
クイズは答えを持っていて出題するので、これは身の上相談です。^O^
確かに葉上に、花柄のしなびた黒いものがちょこちょこありますが、これはそんなにしなびてもおらず別物に見えました。葉裏だから、陽射しや雨もある程度避けられたのでしょうか。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する