大霜

 
 予想どおりの強い霜、-4℃の朝でした。
 
 
フクジュソウ(キンポウゲ科)
フクジュソウ
 ペシャ!です。
 午前10時過ぎには、何事もなかったように回復していました。
 
 
クリスマスローズ(キンポウゲ科)
クリスマスローズ
 ↓の写真より更に頭を垂れていて、何事にも控えめな家主を見習ったのでしょうね。^O^


 何も驚くことはなくこれで平年並み、ここ数日が異常な陽気だったのです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  草花 

Comment

No:4619|ご無沙汰
こうして↓へ進むと
かなりの時間ご無沙汰していました。
その間高温の日々が続き蝶も5種見ました。
どれも気温が高いとちょう早く
高いところまで飛びあがります。
特にきたきちょうはライバルを見ると高く高く
ジャレアッテ登り姿を見失いました。
No:4620|
「強い霜、-4℃」とは、驚きましたよ。
これでは、フクジュソウもねー・・・。
我が地域は、今日の強風でフクジュソウの花びらが完全に全部散ってしまいましたよ・・・憎きは、ヒヨドリから気候にかわりましたよ。
出来れば、回腹したフクジュソウの写真も欲しかったですよ…残念。
で、クリスマスローズ・・・花びらの下向きは、何とかならないのかと思いますよね…撮影が難しくて。
この下向きな姿勢は、「何事にも控えめな家主を見習ったのでしょうね」とは全然異なる様に思いますが…どうでしょうか。
No:4621|
こちらでは大霜でもせいぜい葉がションボリする程度ですが、フクジュソウが茎元から「お寝んね」した状態の姿から立ち直るなんて驚きです。

クリスマスローズの花は控えめでなく、もっと顔を上げて欲しいですよ。
>何事にも控えめな家主を見習ったのでしょうね。
ビクッ∑(*゚ェ゚*) あれあれ、家主を見習ったのであれば正々堂々と顔を上げなくってはね。
クリスマスローズさんに指導しといてくださいよ。(^▽^)/
No:4622|
こんばんは。
おお、霜ですかっ!
みんなうなだれて、可哀想ですねぇ〜

えーーーと、どの文章を引用すればいいのかな?
「何事にも控えめな家主を見習ったのでしょうね。」←これですね(^_-)-☆
いやいや、違うでしょ! これは反省してうなだれているのですよ!
家主さんはいつも、奥様に叱られるようなことしちゃってるんじゃないのかなぁ・・・
深くふか~く反省している、そんな家主さんを見習ったのでしょうね。

我が家では、大霜で10センチくらいは霜柱が立つことがあります。
…なので、秋蒔きの草花が発芽しても、
小さな苗は霜柱で浮き上がってしまうから越冬できないものが多いです。
小さな枯れ枝が付いた大きな土の塊が転がってたから、ゴミと一緒に捨てようとして、
ハッとしました。それって、秋に植えた大切なミセバヤだった!
慌てて深く穴を掘って埋め、その上を足で何度も強く踏みつけておきました。
これで霜柱には負けないぞ!って思ったけど、
でも、わたしの全体重に耐えらなくて傷んでしまったかも・・・
我が地域、大霜は大敵です!!!
No:4623|
久々のコメです^^;
フクジュソウにクリスマスローズ…。
お庭も春めいてきましたね!

↓おっ!コレは何の花?と思ったら蝶の名前が…^^;
uke-enさんらしいく、ぷっぷっ!と笑みをこぼしながら
拝見しました^^
暖かくなっり、寒くなったりですが、虫や蝶もやっと大きく羽を伸ばせそうですね♪

No:4628|自然を尋ねる人さん
>かなりの時間ご無沙汰していました。
寂しくはありましたが、体調を崩されたのではないかと心配していました。くれぐれも無理されないように・・・

>特にきたきちょうはライバルを見ると高く高く
>ジャレアッテ登り姿を見失いました。
そのパターンは求愛飛翔と言われ、♂が♀を求めて追いかけるのです。アゲハやヒメウラナミジャノメなどでも見かけたことがあります。
♀にもその気がないと一緒に上っていかないと思うのですが、何回も見かけたうち降りてきて1回だけ交尾していました。
とても、月下氷人にはなれませんね。
No:4629|yumemi さん
我が家の庭は、空いているところに適当に植えているだけで、構成がどうの季節ごとにどうのなんて考えられません。
それからすると、yumemi さんちの庭は、景色になりますね。あの庭を数年で創りあげるのですから、爪の垢でも分けてくださいね。(^^ゞ

表芸がこれですから、裏芸のチョウに励むことにしますよ。^O^
No:4630|呪文
呪文のご教授ありがとうございました。
アブラカダブラ魔法の呪文
聞いたことはありましたが何のことやら!
改めてネットで調べ良くわかりました。
体力はかなり回復、気温も昨日よりは暖かくなり
17日の定例会準備をはじめました。
多分呪文のおかげで人は多く来ると思います。
No:4631|みんなまとめて面倒みよう ^O^
おたくらねぇ。^^;

kucchan さん
>この下向きな姿勢は、「何事にも控えめな家主を見習ったのでしょうね」
>とは全然異なる様に思いますが…どうでしょうか。

hitori-shizuka さん
>ビクッ∑(*゚ェ゚*) あれあれ、家主を見習ったのであれば正々堂々と顔を上げなくってはね。
>クリスマスローズさんに指導しといてくださいよ。

みさとさん
>いやいや、違うでしょ! これは反省してうなだれているのですよ!
>家主さんはいつも、奥様に叱られるようなことしちゃってるんじゃないのかなぁ・・・
>深くふか~く反省している、そんな家主さんを見習ったのでしょうね。

何をおっしゃるうさぎさん。
並べてみれば悪口雑言、凹んで新しい記事どころか、コメントの返事すら書けなくなりましたよ。

歯に衣どころか波板を着せ、軟骨のすり減った膝を七重に折り、ひたすら恭順の意を表している私が、何か悪いことを言いましたか?

言ってるわなぁ~~~(^^ゞ
No:4633|この寒さ
たしかにこのところの陽気は全国的に異常なほどでした。
それにしても-4℃とは京都の盆地性気候は厳しいですね。
今年も越冬キチョウ観察は圧巻でしたね。
103日後でしたか、活動を始めて再会、見送りは感激しました。
モンシロチョウ記事楽しみにしています。
No:4634|自然を尋ねる人さん
アブラカダブラの効能?は知らないではありませんが、「アブニヤードウ」との語呂合わせ(どこが?アブだけやん!)が発想の源です。
無神論者の私が唱えても、逆に頭痛がするかも知れませんよ。(^^ゞ

いずれにしても無理は禁物、口15丁、手1丁くらいにとどめておいてください。これまでの実績と経験からいえば、そのくらいでも十分に許されるのではないでしょうか。
No:4636|grassmonblue さん
もう少し深夜でお願いしますね。(^^ゞ

>それにしても-4℃とは京都の盆地性気候は厳しいですね。
底冷えで有名な京都市内より、ずっと南部にある当地の方が朝夕は厳しいですね。逆に、夏の夜は25℃を割るしのぎやすい状態が過去の話となり、熱帯夜も珍しくなくなりました。

キタキチョウの越冬観察では、いろいろありがとうございました。
越冬明けを迎えると、シレッとした顔で達成感を表現していますが、ご指導やご支援をいただかなければ、途中で投げ出したかもしれませんね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する