さよならの向こう側

 
 朝方は氷点下でしたが、今季最高の19℃になりました。
 意味が異なりますが、タケノコ生活でした。^O^
 
 
キタキチョウ #8(シロチョウ科モンキチョウ亜科 11:56)
キタキチョウ #8 ♂
 アレッ、触角が見えません。
 こんなに暖かいのに触角を完全格納して、君はのんきでいいねと思ってましたが、PCに落とすと完全に立てていることが分かりました。
 老近眼のせいもあるのですが、のんきなのは私の方でした。(^^ゞ
 
(11:58)
キタキチョウ #8 ♂
 ほかのチョウ探しに移動したところ、ヒラヒラ黄色いチョウが翔んできました。
 とまってくれる保証はないので無暗にシャッターを切りましたが、トリミングには耐えられそうもない写真です。^^;
 
キタキチョウ #8(♂ 11:59)
キタキチョウ #8 ♂
 とまってくれ、近づかせてくれました。斑紋からも後翅の破れからも、#8に相違ありません。
 私がいる方向に翔んで来てくれたのですが、違う方向に翔び出したら次のパトロールの時まで気づかなかったことでしょう。

 ここで、大切なお知らせです。^O^

 当初#8は♀としていましたが、途中から怪しいと感じ始め、雌雄の別を記載しなくなりました。
 この写真で判別すると、どう見てもです。m(__)m
 
キタキチョウ #8 ♂
キタキチョウ #8 ♂
キタキチョウ #8 ♂
 早速ニホンタンポポ(と思う。)で吸蜜中です。
 余程この花が気に入ったのか、私が近づくと逃げ、また戻ってきます。長期間の断食の後ですから当然で、ジャマするなよというところでしょうか。
 クローズアップを撮ろうと待ち構えたら、どこかへ逃げてしまいました。(^^ゞ


 昨年11/25から観察を始めて103日、近年にない寒い冬の約3箇月半の長丁場を乗り切りました。その間、2度に渡って風に飛ばされたり、雨や雪にもじっと耐え抜いたこのチョウに大感謝です。

   約束なしの お別れです
   今度はいつと言えません ♪

ではありましょうが、寒い日もありそうです。元気な姿を必ず見せてくださいね。

 おつきあいいただき、激励いただいた皆様にも、心よりお礼を申し上げます。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬)  野草 

Comment

No:4594|
無事越冬を完了した感じですね。
これから寒い日がないとは言えませんが、長い間の観察お疲れ様でした。
これからは新成虫が楽しみですね。
No:4598|
予想通り、この二日間の暖かさで、#8キタキチョウとの別れがきましたね。でも、黙ってのお別れでなく良かったですね~もし、いつの間にか居なくなったてな事ならば、この寒い中の103日は何だったの…冷た過ぎる…ですよね。キタキチョウも、それなりに、感謝をこめてuke-enさんに最後のお別れを伝えに傍に来たと思いますよ・・・きっと、#8の愛情だと思います。
所で、タケノコ生活とは・・・タケノコが大好きな私は、もう、タケノコが出たのかなぁと想像しましたよ。
No:4599|ダンダラさん
おかげさまで、出立を見守ることができました。あのような細身で寒い冬を乗り越えるのを見ていると、強いものだと思います。
越冬明けのヨレヨレのチョウはそれはそれで見事に生き抜いたと思いますが、春を感じる新生蝶にも早く会いたいものです。
その上で、たとえほぼ定点観測ではあっても、今季も初見を何種かは・・・(^^ゞ

No:4600|kucchan さん
kucchan さんの予想には負けましたよ。ここまで気温が高くなり、しかもそれが続くとは、キタキチョウも私も騙されました。(^^ゞ
おっしゃるとおり、翔び出しに立ち会えたことは、一仕事を終えたという気がしますね。

>タケノコ生活
あれ?kucchan さんは、リアルタイムで経験されたのではなかったのでしょうか。^O^
私は戦後少し遅めの生まれですから、聞きかじっただけですが・・・(^-^)v
No:4601|
uke-enさんの苦労を知っていたかのように姿を見せてくれるなんて、偶然にしても感動的ですよ。バンザイ \(^o^)/
やはり、観察に来ていた姿を認識して訪問してくれたと考える方がもっと感動的なのでそう思いましょう。
本当に103日の長期間にわたる観察お疲れ様でした。

昨夜は、友人との会合?(飲み会)があって一風呂浴びて寝ようと思ったのですが、「キタキチョウ動いたのでは」と覗いてみましたよ。
No:4602|
こんにちは。
憎らしいくらいに素敵なタイトルで・・・
今日は久々に感慨深く記事を読ませていただきました♪
いえ、このブログはいつも感動の雨霰なのですが、
今日は、このタイトルだけでウルウルきてしまいましたよ(;Д;)

キタキチョウ#8さん、よく頑張ってくれましたよねぇ〜
この日、無事な旅立ちを確認できて、本当によかったこと・・・
嬉しいご報告で、わたしたち(たぶんみんなも同じ気持ちだと思う)も凄く嬉しくて、
今はホッとした気分になっています♪

uke-enさんも長い間の観察、本当にお疲れさまでした!
ハラハラドキドキの連続で、まるでドラマでも観てるような観察日記でした・・・

キタキチョウさんの頑張りの源は、
もしかしてuke-enさんの温かな眼差しだったのかもしれませんねぇ〜
uke-enさんへの感謝の気持ちを込めて、
こんな素敵なお別れシーンを演出してくれたのでしょう・・・
タンポポの花にとまってのお別れだなんて、素敵すぎます!

寒い中、心温まるたくさんの感動をありがとうございました。
嬉しい春を迎えましたね♪
No:4603|hitori-shizuka さん
おかげさまで、何とか乗り切れました。ありがとうございました。
しかし、皆さんのカンに私の経験則がかなわないとは、向こう何年か観察を続けないと、キタキチョウの成虫越冬の大家(たいか)にはなれませんね。大家(おおや)には毎年慣れると思いますが・・・^O^
No:4604|みさとさん
>いえ、このブログはいつも感動の雨霰なのですが
何か慌てていませんか?
でも、ありがとうございます。おかげさまで、無事な出立を見守ることができて、ある意味感無量です。私の功じゃなくて、キタキチョウのがんばりが、皆さんに充足感をもたらしたのだと、自分に言い聞かせていますよ。(^^ゞ

我が家の周りでいつでもキタキチョウの成虫越冬が観察できる環境があるのですから、可能な限りこれからも観察を続けたいと思っています。変わらぬ応援をお願いします。
贅沢を言わしてもらえるなら、ムラサキシジミやウラギンシジミの越冬も合わせて見たいものですね。
No:4624|素晴らしい観察記です。
確かに感動巨編ですね。
小さい命の懸命に生きる姿は美しいです。
ぜひ、「月刊むし」とかへの投稿をお願いします。
No:4627|YODA さん
いろいろありがとうございました。
皆さまのご指導や叱咤激励があっての100日余り、ブログがないと続けるのも難しいでしょうね。

昨冬、報告分を書き始めてみましたが、あっさり挫折しました。何とかしたいとの思いだけはあるのですが・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する