崖に耳あり

 
 朝方は氷点下でしたが最高気温は10℃、風も弱く過ごしやすい一日でした。


 何もないだろうと思いながら、キタキチョウ安否確認パトロールです。
 
 
キタキチョウ #8(♀ 10:47)
キタキチョウ #8 ♀
キタキチョウ #8 ♀
 マークをつけた葉裏にぶら下がっていたのですが、少し移動して枝につかまっています。全身像は撮影しやすくなりました。
 下のコメント欄で、姿勢が変わらない、じっとしたままと言い募っていたのが聞こえたのでしょうか。(^^ゞ
 動き出すかもしれないと、パトロールを強化しました。
 
(13:15)
キタキチョウ #8 ♀
 現場では変わっていないと思ったのですが、写真で確認すると、少しぶら下がり気味になっています。運動不足で懸垂しているのかも知れません。(^^ゞ
 
(17:05)
キタキチョウ #8 ♀
 少し向きが変わっていますね。
 遅くなりすぎて薄暗かったのでフラッシュを焚きましたが、コンデジでもブレています。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:4466|
最初はチョウの頭が道側に下になっていたのが、のり面の方に移動しているように見えますね。
2ヶ月余り吸蜜することもなく厳寒な場所でいるにもかかわらず動ける力がまだ有るとは・・・本当に驚きですね。
チョウも一定の温度以下になれば休眠状態になり、体力消耗も少なくなるんでしょうね。
uke-enさんの記事を見るまでは、こんな事を考えたことは一度もありませんでしたよ。(o^∇^o)ノ
No:4467|暖かい昼間
20日植樹のオーナーの皆様に看板を取り付けてもらいます。
その準備と斜面の草刈りを行いました。
汗が出るくらいでしたが、
16時過ぎると天気予報が予告したような
雪の可能性もある冷たさ!備後弁では「サミー」
蝶は元気ですね。私の所でもこの場所で12月には
キチョウを10匹ほど見かけております。
越冬場所はわかりません。
No:4469|
さぶぅ~~~~(>_<)
そちら方面はこちら方面よりもググッときっつい底冷えがしてるものと想像します。
パトロール、ご苦労様でございます。
こちら方面では、さっぱり冬越し中のキタキチョウを見かけません。
見つけられません。
・・・
見つける根気がありません。
でもなんかの拍子に目に止まったら、狂喜乱舞して、どどぉ~ん!とUP!するでしょう。
その日をお楽しみに!ヾ(ーー )ォィ
No:4471|
この寒さの中、#8キタキチョウの姿が消えず、さぞ、御喜びと思います。
すぐに、一番上の写真で#8を探したのですが…☆は見えるが居ないではないかと…で、次の記事を…なるほど、以前に居た場所の事だったのですね~悔しい・・・。
で、#8は確かに「ぶら下がり気味」になっていますね…多分、長時間の同一姿勢で疲れが出て、ぶら下がりになったのでは…と、私は推測致します。
No:4472|パトロール大変ですね!
暖かい日の陽だまりのパトロールなら
良いのでしょうが、
北風の強い日は大変ですね!
蝶が元気そうなのでひと安心しました。
No:4474|hitori-shizuka さん
キタキチョウが頭部を崖面と反対側に向けているのは、天敵など危険を認識し対応できるようにしているのではないかと思っています。居場所の条件により、こんな状態も見かけたことがありますが、大抵もとの姿勢に戻ります。
#8は今日もほぼこのままで、何があって移動したのか知りたいところです。

>チョウも一定の温度以下になれば休眠状態になり、
>体力消耗も少なくなるんでしょうね。
日中も動かないでじっとしたままになる引き金は、気温と日長だろうと思っています。ただそれも個体差がありそうです。
休止状態でエネルギーの消耗を極限まで抑えているようですが、触角を動かしたり、場合により移動したりするところを見ると、休眠とは違うかも知れません。

ただ、夏型の場合秋遅くまで生き残っても越冬できないようなので、秋型は寒さに耐えられる身体?的要因がありそうです。
No:4475|自然を尋ねる人さん
>20日植樹のオーナーの皆様に看板を取り付けてもらいます。
あれ、まだだったのですね。そう言えば記事を見てませんね。(^^ゞ
オーナーさんにしていただくのは、やはりプレートだけなのですね。エライこだわりますが、20日にどこまでしたいか尋ねられてはいかがでしょうか。ご苦労いただくとより愛着が湧くと思うのは、シロート考えでしょうか。

当地では、昨年12月にはチョウを見ずじまいでした。
No:4476|Matsu さん
>そちら方面はこちら方面よりもググッときっつい底冷えがしてるものと想像します。
関西の天気予報を見てると、姫路付近はどっこいどっこいのような気がします。こんなに寒いと、パトロールも鳥見も億劫になりますね。

>さっぱり冬越し中のキタキチョウを見かけません。
今冬は越冬キタキチョウが寒さでかなり減っているのではないかと思いますので、見つかりにくいかも知れませんね。
どどぉ~ん!と狂喜乱舞のダンスをお待ちしていますね。
No:4477|kucchan さん
>一番上の写真で#8を探したのですが…☆は見えるが居ないではないかと
そういう方もいらっしゃるかと、今回は平面図写真にしておきました。^O^

>長時間の同一姿勢で疲れが出て、ぶら下がりになったのでは
キタキチョウの場合、安定した姿勢はぶら下がりスタイルのようですが、この枝では太すぎるような気がしてなりません。
もう少し移動するかと考えていたのですが、今日もほぼ同じ姿勢でした。
No:4478|ヒメオオさん
いくら近くても、風の強い日のパトロールは厳しいですね。
今日はお昼を過ぎても氷が融けず、北風が強かったので、証拠写真だけで早々に引き揚げました。

ヒメオオさんが見つけられたところがおうちからどのくらい離れた場所か分かりませんでしたので、つい催促してしまいました。^O^
No:4479|
いよいよ寒さも本番で、この冬を乗り切れるかどうかの正念場ですね。
越冬中の場所は午前中は結構日の当たる所なんでしょうか。
私の観察中のウラギンシジミは午後には日が陰りますが、朝は早くから日の当たる東向きの葉についています。
No:4480|ダンダラさん
この寒い冬も、本日で終わりです。
だったらいいなぁ。^O^
エールを送るだけで見守るしかないのは、結構つらいものですね。

この個体の場所は真南向きで、真横からは素通しでも、斜め上なら大抵隠れたようになっています。昨冬の経験でも、南か東向きの崖の葉裏で越冬しており、安定したそのような場所は、せいぜい木漏れ日?が当たる程度です。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する