引っ越しシーズン

 
 朝方は1℃と冷え込みましたが、霧のため霜もありませんでした。日中は、陽射しも多く風もなくて、10℃を超える過ごしやすい一日でした。午後遅くには雨が降り出しました。


 寒さが緩んできたここ数日、この時期に本格的な越冬場所を探しているのか、15日にはお隣の敷地の#10がいなくなり、キタキチョウの観察個体は3頭になっていました。
 
 
キタキチョウ #12(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 11:08)
キタキチョウ #12 ♀
 少し奥に潜った感じで、ここが安住の場所だろうかと心配でした。案の定、お昼過ぎに確認すると、いなくなっていました。

 いくら引っ越しシーズンでも、こう次から次に見えなくなると寂しくなります。観察個体は2頭になりましたが、それでもパトロールは欠かせません。
 
キタキチョウ #X(♀ 13:26)
キタキチョウ #X ♀
キタキチョウ #X ♀
 #6、#12のいる崖の続き高さ約3m、#6からは北側(写真右側)に5mほど離れた場所です。
 
左:#X・右:#12(2012/12/10撮影)
キタキチョウ #12 ♀
 お得意?の個体識別で、#12と確認しました。位置関係から言うと、
   元の場所―(3m)―#6―(5m)―#12
ですので、今回は翔んで移動したのでしょうか。
 この場所なら一冬を過ごせそうに思えますので、#12の流転生活もこれで幕です。(にして欲しい。(^^ゞ)


 これで元気が出て、観察していた個体2頭ともがいなくなったお隣の敷地も探してみました。
 
 
キタキチョウ #8(♀ 13:14)
キタキチョウ #8 ♀
キタキチョウ #8 ♀
キタキチョウ #8 ♀
 クッキリした斑紋から、#8だろうと推測しました。12月10日以来、中5日振りの再会です。
 地面からの高さは1mもなく、元の場所から東側(写真右側)に約5m離れています。元の高さと同じレベルから上側を集中的に探していましたので、見落としたのかも知れません。
 ただ、この場所では、一冬が凌げそうにありませんね。
 
左裏翅(右:2012/12/7撮影)
キタキチョウ #8 ♀
 
右裏翅(右:2012/11/25撮影)
キタキチョウ #8 ♀
 #8で大丈夫のようですね。^O^


 #1、#6には変化がありません。差し引き観察個体は4頭に戻りました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:4391|
当地域の今日の気温は15℃くらいでしたよ。
ですから、多分、そちらでも気温は高かったのではと想像しており、明日には、更に「引っ越しday」となってるのではと心配しております。
で、観察個体ですが、私の老化した頭では、そろそろ、後を追う事が厳しくなりましたね~uke-enさんは頑張って下さい…応援してますから。
No:4392|
こんばんは。
断りなしに引っ越しされると、ホント困ってしまいますねぇ~
「せめて、転居届けくらいはuke-enさんに提出したらどうなのよ!…」
って、文句を言ってあげたくなります。日頃のご苦労を考えるとね・・・

でもまぁ、「捜索活動や絵合わせなんかも、ひとつのお楽しみかなぁ…」
なんて思ったりもしてますが、いかがでしょうか(^_^)
(うっ、こんなこと書いたら猛反撃に遭いそうだ…)

絵合わせ…じゃあなくて、お得意の個体識別、お見事です!
こんな時のためにも、色んな角度での撮影をされてるんでしょうね。
そこかしこに見え隠れしてるuke-enさんの地道なご努力、
隠れてる部分はわからないけど、見えてる部分だけはわかってますからね(^_-)-☆

来週にはクリスマス寒波とやらもやってきそうですが、
くれぐれも風邪など引かないよう、暖かくして観察を続けてくださいね!
わたしも応援してますから。
No:4393|
#12の発見状況から最初の場所より上方に居たのを発見されたので、#8はフェイントをかけ隠れていたのではないでしょうか。(そんなバカな(^○^))
それにしても#8は、また茶の葉の宿のようですね。
これも仮の宿らしいとは・・・
今夜から冷え込みがキツイとの予報ですので、寒さも凌げそうな安全安心な越冬場所を探し当てればいいのですが・・・
勿論、uke-enさんの目の届く場所に限りますが。
No:4394|kucchan さん
>明日には、更に「引っ越しday」となってるのではと心配しております。
コメントの明日(=19日)は雪が降ってます。「引っ越しday」は当日(=18日)で、10℃に届かなかったのに#6、#12がいなくなりました。
これでは#8も同様だろうと思ってたら、このヒトは小さな葉っぱにしがみついていました。取りあえず残っているのは2頭ですが、本日は寒くてパトロールできていません。
No:4395|みさとさん
>断りなしに引っ越しされると、ホント困ってしまいますねぇ~
↑のとおり、また2頭お引越しです。ガックリ来ますし、また苦労することになるのも間違いありませんが、安定した場所で冬を乗り切ってもらえれば、これに勝ることはありません。また探します。

>うっ、こんなこと書いたら猛反撃に遭いそうだ
そんなことはありませんよ。チョウと若い女性には優しいのです。
で、おいくつでしたっけ。^O^

>絵合わせ…じゃあなくて、お得意の個体識別、お見事です!
自分でやっときながら、大丈夫かいなと思わないこともありません。こんな時くらいしか、キタキチョウの斑紋をマジマジと眺めませんから・・・(^^ゞ

>こんな時のためにも、色んな角度での撮影をされてるんでしょうね。
そう思うので、クローズアップをできるだけ撮影したいと思うのですが、枝や草にジャマされて左右両面ともきっちり撮影できることは滅多にありません。
♂♀を記載していますが、怪しそうなのも・・・^^;
No:4396|hitori-shizuka さん
>#8は、また茶の葉の宿のようですね。これも仮の宿らしいとは・・・
動くとエネルギーを消費するのですから、早く安定した場所を見つけるといいのにと思いますが、どういう感覚か分かりません。

今日も5℃にしかならず、明朝は-4℃の予報です。こんなに寒いと、チョウだけでなく私もかないません。
No:4518|
最新記事からここまで拝見して驚愕しました。
今年も大々的に越冬観察がはじまっていたのですね。
素晴らしいです。
No:4519|YODA さん
昨冬の観察は途中からでしたから、今冬はいつから越冬状態(日中も翔ばず静止)が始まるのかを主目的に、かなり早い時期から探し始めました。
その結果は、①個体差が大きいこと、②12頭(ダブりはありそう)の中で年を越えたのは現在の#8のみで、近年にない寒い冬に死滅したものが多いと思われること、③安定した場所を定めるまでに寒さが到来し、とりあえずの越冬場所から移動できなくなったのではないかと思われることなどが気のついた点でした。
次のシーズン以降も観察を続け、それらに蓋然性があるかどうかを検証していきたいと思っています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する