身代わり

 
 朝方は-3℃、強い霜でした。木津川から徐々に霧が上がってきて、午前7時頃には一面乳白色になりました。
 日中は陽射しにあふれ、久しぶりも久しぶり、10℃を超えました。


 こんな日はチョウが翔ぶかも知れないと、お昼過ぎ畑もパトロールしましたが、1頭も見かけません。
 その上、後翅の欠けた#11が見当たりません。
 3頭続けての無断引っ越しにがっくりし、残りの3頭の安否を確認しただけで庭仕事に戻りました。


 午後遅く家内とともに周辺の落ち葉集めをし、#12のいた萎れたヒヨドリバナを刈っていると、何かジタバタするものが・・・
 
 
アカエグリバ(ヤガ科エグリバ類 15:16)
アカエグリバ
 てっきり#12が隠れていたのかと勘違いしましたが、そこまで不注意ではありませんでした。目視確認だけでしたが、これなら見落としても非難されませんよね。(^^ゞ
 この写真は上からの撮影で、ぶら下がっている訳ではありません。
 
 
キタキチョウ #X(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 15:21)
キタキチョウ #x ♀
 ふと上を見上げると、黄色いものが眼に入りました。ワラビにぶら下がっています。
 新顔でなければ、いなくなった中で#8と#11の2頭は明らかな特徴があったので、可能性としては#12しかありません。
 
キタキチョウ #x ♀
 ヒヨドリバナのあった場所のほぼ真上です。奥の竹やぶ下の斜面が#11のいたところです。
 
左:#X・右:#12(2012/12/10撮影)
キタキチョウ #12 ♀
 左裏翅の適当な写真がなかったのですが、斑紋の形や位置に相違はなく、私の見た範囲ではX=12と結論付けました。


 差し引きして、観察個体は4頭のままです。
 #12に再会できたので、この調子で#8や#11も見つけたいものです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬)  昆虫(蝶以外) 

Comment

No:4377|
こんにちは。
#12との再会、よかったですねぇ〜
#8や#11との再会も、夢ではなさそう♪
これからは寒さも少し緩むようですから、捜索活動頑張ってください!

今日の注目は、「枯れ葉よぉ〜」
なんですか、この枯れ葉は?
アカエグリバ? なにそれ!
こんな昆虫がいるなんて、もうビックリです!!!
これは蛾なのですね。もちろん見るのも聞くのも初めてです。
たしかに足がありますよねぇ〜

こんなに枯れ葉そっくりで、「擬態が上手で賞」を贈呈したいくらいです。
ちゃんと葉脈もあるし・・・
色が『赤』茶色で、『えぐれ』ているような『葉』に擬態してるから、
この方の名はアカエグリバなの?
No:4378|
想定通りの#12との再会…良かったですね。
でも、苦労して探した結果ではなく、たまたま出くわしたてな状況ですかね(笑い)。
そのうえ、#11が新たに行方不明とは~まぁ、これも、自然界の事だし、止めることができませんよね・・・#12同様に再開に期待しましょう。
で、アカエグリバ…昨年、いや、今年の初めでしたっけ、数回登場しましたよね。以前の方より、今回の方の方が艶があるように見受けますが、uke-enさん畑産なので栄養が良い為でしょうかね(確か、以前のは出掛け先だと記憶してます)。
No:4379|
斑紋の形や位置からして♯12に間違いないようですね。
♯12の行方不明は、通常風に吹かれ飛ばされその場から東方向?(写真向かって右方向)で発見されると思っていましたよ。
まさか、真上にいたとは思いもよらなかったのでは?
まだまだ体力があったのでしょうね。

残るは#8と#11の2頭ですが、近くの雨風除けの出来る安全な場所に移転している可能性が大ですね。
♯12の発見状況を参考に再度のメッシュ捜索に期待がかかりますね。
しかし、あまり無理をなさらないように。(^○^)
No:4380|みさとさん
>アカエグリバ? なにそれ!
もし、もぉ~し!
載せたのは今回で4回目、みさとさんのコメントは3回目で、特に2010/10/5の記事では、タイトルに対しザブトンを1枚ですけどいただいてますが・・・^O^

>見るのも聞くのも初めてです。
若年性健忘症でしょうか。インパクトは強かったように見受けましたが・・・^O^

越冬キタキチョウ観察も今季は早くから始めたので、色々事件があります。本日も、1頭が無断で引っ越したようです。
例年ならこの時期あたりから越冬状態(日中も動かない)になるのでしょうけれど、今冬は急に寒くなったため、キタキチョウもとまどっているのではないかと思っています。
No:4381|kucchan さん
>苦労して探した結果ではなく、たまたま出くわしたてな状況ですかね(笑い)。
探すのを止めたとき 見つかることも よくある話で ♪
              (夢の中へ 詞:井上陽水)
緑・黄緑・黄色の草やシダ、枯れ枝、枯れ草、枯葉の中で、小さな黄色を見つけるのはかなり難しいですね。探すのをやめた訳ではなかったですが、ひょこっと見つかりました。

本日も#10が家出しました。と言っても、お隣の敷地でしたから、そうそうシャカリキに探す訳にもいきません。やはり見つかりませんでした。

アカエグリバの記事掲載は↑のとおりですが、よく覚えていらっしゃいますね。^O^
お出かけの記事と合体させたことがありましたが、見かけたのは我が家でばかりです。他所で500円硬貨を並べて撮影する勇気はありません。(^^ゞ
No:4382|
こんばんは。
やだぁ〜 ホント、わたしは何度もこの枯れ葉を拝見してたのですねぇ〜
2010/10/5の記事に飛んで、自分で書いたコメントを見てきました。
人間の記憶って、なんていい加減なんでしょう・・・
(…っていうか、わたしの記憶がいい加減なのですね!)
大変失礼いたしました!
本当にわたしは、若年性健忘症かもしれない・・・
だって、今回この蛾を見て、
 なんですか、この枯れ葉は?
 アカエグリバ? なにそれ!
って、マジそう思ったのですから・・・
ところで、若年性って言葉は何歳まで付けていただけるのでしょうね。
ちょっと嬉しかったりして…(^_-)-☆
No:4383|悲しいこと
今日は定例会で
(サクラとモミジのオーナー募集中)植樹をしました。
その時黄色い翅1枚発見。残念ながら羽だけでした。
黄色が綺麗だったので亡してまだ新しいものだと思いました。
今は蝶等に合うことはありませんが珍しく「うんか」が目の前に止まりました。
近日公開予定です。
No:4384|hitori-shizuka さん
#12に限らず、いなくなった場合特に風下の下を中心に周りも見ていますが、この場所はすっぽり抜けていたのかも知れません。
余計なお世話の際は、エライ勢いで歩いていましたから、まだまだエネルギーは残っていても、3月までの長丁場ですから、翔ぶより歩いて節約しているのでしょうね。

本日#10が家出、観察頭数は3頭になってしまいました。
No:4385|みさとさん
>やだぁ〜
最初は冗談かと思ってましたよ。大丈夫でしょうか。^O^

>ところで、若年性って言葉は何歳まで付けていただけるのでしょうね。
>ちょっと嬉しかったりして…(^_-)-☆
私より(ずっと)お若いのですから、いつまでたっても若年です。ご安心ください。^O^
例えお世辞と分かっていても耳に快い言葉はいいものですねぇ。昨今は家内からすら聞きません。^^;
No:4386|自然を尋ねる人さん
今冬はまだ見かけませんが、昨冬は越冬チョウ探しで何頭かの黄色い翅を見かけました。オッ!でしたが、やはり生きてるものとは違いますね。
当方の観察個体は半減しましたが、力尽きるならともかく、どこかで越冬していてくれるならそれはそれでと思っています。

仮植えとは、樹木オーナーの植樹作業は何をするのでしょう。踏み固めて、名札を立てるだけ?^O^
No:4387|再会
#12くん再会、確認されたときのうれしさが察せられます。
アカエグリバ。じたばたしなければ枯葉にしか見えません。
No:4388|grassmonblue さん
観察個体数が少ないので、無理矢理の個体識別もできますが、昨季からいろいろ見ていると、斑紋などは個体差があると感じています。ただ、スレてしまうとさっぱり当てにできません。

アカエグリバも成虫で越冬するのかと驚きましたが、翌日探しても見つかりません。冬なら擬態は完璧ですね。
No:4389|見つかりません
このような斜面を見ても、そばのワラビの枯れた所を見ても
あれだけいた蝶は見ることが出来ません
住む場所を見つけるには、慣れることが必要なのでしょうが
最初の1匹が見つからない。
また探してみます。
No:4390|自然を尋ねる人さん
>このような斜面を見ても、そばのワラビの枯れた所を見ても
崖を選ぶのは多分全国共通でしょうけれど、シダ類が当地では最適でも、普遍化できるかどうかは今後の課題です。雨風や雪、鳥などを安定的に避けるには、今のところこれしか思い浮かびません。
ただ、枯れたシダ類にいた試しがありません。緑~黄緑色なら目立たないからでしょうか。

1頭目を見つけると、あぁこんなところにいるんだとなりますが、経験的には、あちこち探すより、場所を区切ってシダ類に限らず居そうなところでローラー作戦を展開すると、見つかる可能性が高いですね。
かなり怪しい雰囲気ですが、日頃のご精進の効果で、またあの人が何かしてる程度で、警察には通報されるようなことはないと思いますよ。^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する