転居先不明

 
 朝方は-2℃でしたが、陽射しにあふれた日でした。気温は8℃まででしたが、この寒さ続きの後では割に過ごしやすいと思えました。
 
 
キタキチョウ #12(♀ シロチョウ科モンキチョウ亜科 8:11)
キタキチョウ #12 ♀
 ヒヨドリバナはすっかり萎れて、奥のキタキチョウはどの方向からもほとんど見えない状況です。
 今年ほど、ヒヨドリバナの生態を観察したことはありません。(^^ゞ

 今日の天候だからと気をつけていましたが、7℃の段階の11:17にはいなくなっていました。付近を探しても見つかりません。
 親の心を分かってもらったようです。^^;


 他の個体には変化がありません。観察個体は4頭になりました。
 #8といい、#12といい、越冬には不向きな場所と考えていたのですが、当たったと喜んではおれません。明日から雨模様ですが、改めてメッシュ調査を行う予定です。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:4372|越冬場所
キチョウ越冬に適切な場所を把握されているのですね。
それで、気温7℃には移動できるというのも発見?ですね。
そんな気温で移動できるというのも初めて知りました。
日差しが当ってチョウの体感温度はもっと高かったのでしょうか。
寒い中観察お疲れ様です。
No:4374|
#8に続いて#12も行方不明になりましたか・・・。
確かに気温が8℃でも、ここ2~3日は風も少なく、陽射しが有ると、超寒がり屋のワタシでも庭をウロチョロと動き回る事ができましたよ。
ですから、寒さにも強いキタキチョウですから、何処かの越冬可能な本場所を見つけ、そこに滞在されてるのではないでしょうか。
ただ、その場所を探すのは大変な作業になると思いますが、uke-enさんのことだから、その内に、その報告が有ると待ってますよ(笑い)。
No:4375|grassmonblue さん
>キチョウ越冬に適切な場所を把握されているのですね。
昨季の経験では、7頭のうち5頭がシダ類(ワラビ、コシダなど)の葉裏(ほかの1頭は追い出したので不明、1頭は多分センニンソウ)にいて、4頭が越冬を成功させました。
雨風にも1回だけの10cm程の雪にも耐えたので、我が家周りでは崖のシダ類が越冬適地だと考えていますが、地域の条件により最適な場所を選択するのではないでしょうか。

気温7℃は日陰の温度計ですから、日なたに置けばすぐ10℃程度は上がってしまいます。ただ、12/10のもっと寒かった日の経験がありますので、翔んだのではなく歩いたのかも知れないと・・・どうもそうらしいですよ。後刻の本日の記事をご覧ください。^O^
No:4376|kucchan さん
当地でも今日の日中は寒さが緩んだという実感がありました。外で少し作業ができ、いろいろありました。^O^

>寒さにも強いキタキチョウですから、何処かの越冬可能な本場所を見つけ、
>そこに滞在されてるのではないでしょうか。
ご卓見ですね。後刻・・・^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する