そこにもいたの?

 
 深更には冷え込みましたが朝方は7℃、風が強くて時おり突風が吹き、陽射しがあっても外では作業しにくい一日でした。


 午後、日課のキタキチョウ安否確認パトロールの中で、風がよけられる場所のメッシュ調査を行いました。
 具体的には、エリアを分け、シダを中心に樹や草の下側からのぞき込み、見えない場合は葉をそっと持ち上げて確認します。かなり怪しいです。(^^ゞ
 
 
キタキチョウ #11(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科 12:57)
キタキチョウ #11 ♂
キタキチョウ #11 ♂
 ヒヨドリバナ畑だった場所で、西側(写真左側)90℃の角度をなして#6のいる崖があります。真南に面し、他の崖に比べて傾斜は45°程度とゆるやかです。
 この斜面はよく通りますので、こんな場所にはいないだろうと昨季も探さなかったのですが、今回#6の場所から東側を調査したのでついでに探しました。(^^ゞ
 
#11(14:12)
キタキチョウ #11 ♂
 触角は格納し、風が強いためか前脚も使ってとまっています。頭を外に向け崖面に垂直方向にとまっている他の個体と違って、この個体は崖面に平行になっています。
 バード・ビークでしょうか、後翅外縁中央に左右にわたって欠けが見えます。
 時間が空いているのは、先ほどの時刻にコンデジで撮影したクローズアップがみなピンボケだったからです。^^;
 
 
#12-01(旧 #1 ♂ 13:32)
キタキチョウ #1 ♂
 反対側の葉に移っただけなのか、一段上の茎に上がったのか、移動してくれたため少し撮影しやすくなりました。この個体には珍しく、触角も立て気味です。
 
 
#8(♀ 13:23)
キタキチョウ #8 ♀
キタキチョウ #8 ♀
 風が強かったためでしょうか、↓(3日前)とは異なり、前脚を使い、左中脚も葉の縁にかけています。ただ、前脚は左右とも葉裏の葉脈に引っ掛けているだけのようで、どれだけ体を保持するために役に立っているのかは疑問です。バランス維持のためなのかも知れません。


 観察個体は、これで5頭になりました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶(越冬) 

Comment

No:4333|
引いての環境写真は参考になります。有り難うございます。
No:4334|秩父の蝶さん
広角レンズがあればもっとマシな写真になったかもしれませんが、都合(ふところの)がありまして・・・
場所の全体写真は、自らの心覚えの意味もあって、似たような場所も多いのでうっかりするとどこだったか分からなくなります。(^^ゞ
No:4335|
uke-enさんの、この努力・執念には、ただただ驚くばかりです。
ここ二日間の暖かさで、キタキチョウの増減があると想像してましたが、「減」でなく「増」で安堵しましたよ。
それにしても、蝶を求めて崖歩き~タケノコ求めて崖歩きなら私も挑戦したいですが・・・感服しました。
No:4336|
>安否確認パトロールの中で、風がよけられる場所のメッシュ調査
よくぞあんな斜面で見つけましたね。
今までの観察でキタキチョウの生態を知っているからこそ発見出来たのでしょうね。
今回、越冬中と思われる5頭のチョウのうち、#8,11は場所移動があっても個体判別しやすいので楽しみも増えましたね。

以前、私が話した公渕公園のサツキの植込みにかたまっていたキタキチョウがいた場所を確認してみましたが1頭も発見出来ませんでした。(^▽^;)
やはりuke-enさんの言ったとおり、サツキの葉裏は越冬場所ではありませんでしたね。
その代わりツグミに出会えましたよ。
No:4337|kucchan さん
>この努力・執念
この時期のチョウネタでは、卵、幼虫、蛹や他の成虫で越冬するチョウ探しもあるのですが、どれも見つかりません。ですから私にはキタキチョウしかいないと、ローラー作戦です。(^^ゞ
ただこの寒さで、足も鈍ります。長時間外にいると凍死しそうですから、ボツボツです。(^^ゞ

>タケノコ求めて崖歩きなら私も挑戦したい
このタケはハチク(淡竹)ですから食べられないと思っていたのですが、当地では固くならないうちに食べるようです。
No:4338|チョウの飛ぶ場所
昨日の雪が舞う寒さからすると多少ましな昼下がり
先日蝶が沢山舞った所へ桜や紅葉を植えるので
場所確認に行きましたがチョウは出てきませんでした。
6日に重機を動かせたので出てこなかったか?
あなたのような知識も執念もないので探すのは無理でしょうが
もう少し頑張って探してみます。
No:4339|hitori-shizuka さん
>今までの観察でキタキチョウの生態を知っているからこそ発見出来たのでしょうね。
#6の場所から東側では見つからなかったので、ここはいないだろうと思いながらの捜索でしたよ。いたので逆に驚きました。(^^ゞ

>#8、#11は場所移動があっても個体判別しやすい
移動した場所を見つけられればの話ですね。転居届を出してくれると助かるのですが。
越冬個体で、#11のようにビークマークらしいものがあるのを見かけたのは初めてです。この竹やぶにはよく鳥が群れてとまっていますので、安全とは言いにくそうです。

>サツキの葉裏は越冬場所ではありませんでしたね。
まだ2年目の観察中ですから確定的なことは言えませんが、その地域にあった安全かつ有利な(低金利時代にはない!)越冬場所を選んでいるのだろうと思っています。(^^ゞ
No:4340|自然を尋ねる人さん
紅葉オーナーの植樹のための至れり尽くせりの準備は、本当にご苦労様ですね。花や紅葉で景観を美しくし、今よりたくさんの人が訪れるようになれば、不届き者も減ってくるのでしょうね。

>多少ましな昼下がり・・・チョウは出てきませんでした。
瀬戸内とはいいながら、そちらも結構寒そうなところですね。
これからはポカポカ陽気でないとチョウを見かけるのは難しそうですが、陽が少し傾くとねぐら探しをしますので、陽が高いうちが狙い目でしょうか。
載せていただいたら、またこれは何々と・・・(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する