水滴ゼロゼロ

 
 朝方は7℃と冷え込み、朝露が降りていましたが、早くから陽射しが降りそそいでいました。


 ソレッ!で、ウラナミシジミの水滴コロコロ撮影のため、裏の畑のパトロールに出ました。ウラナミシジミをたくさん見かけた昨日の今日だからきっと見つけられるとの期待感と、こんなに陽射しがある日の朝露は寿命が短いとの不安感の両方を覚えながらの出撃でした。
 
 
左:ベニシジミ(シジミチョウ科ベニシジミ亜科)
右:ヤマトシジミ(シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 7:35)
ベニシジミ+ヤマトシジミ
 どちらのチョウにも、水玉の一つもありません。そればかりか、ワラビにも水玉が見えないのには驚きました。この場所は陽がまともに当たり、風通しも良い場所ですから、朝露もすぐ消えたのでしょうね。
 
 
ウラナミシジミ(♂ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 8:02)
ウラナミシジミ ♂
 崖の中腹でやっと見つけました。目視でも水玉は見えなかったのですが、写真で確認すればいいやとばかり、足場のない場所だったので下側から斜面に立って撮影しました。
 葉にはこんなに水玉が残っているのに、ウラナミシジミには一つも見えません。
 
(F=4.0 8:09)
ウラナミシジミ ♂
 崖上から、これもかなり無理な姿勢での撮影です。
 
(F=22.0 8:09)
ウラナミシジミ ♂
 絞りに絞ってみました。(^^ゞ
 写真のイメージがガラリと変わりますね。
 
 
ベニシジミ(8:17)
ベニシジミ
 閉翅した姿をウラナミシジミを見つける直前に確認しました。待っててねと言っておいたらちゃんと待っててはくれましたが、開翅していました。(^^ゞ



[本日のキタキチョウ]
 
キタキチョウ(♂ シロチョウ科モンキチョウ亜科 11:28)
キタキチョウ ♂
 こんなに陽が当たっているのにぶら下がったまま、午後もこのままでした。
 余程ぐうたら者なのでしょうか。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   自然・季節 

Comment

No:4220|
水滴ゼロゼロとは、色んなタイトルを考えられますね。
で、7時35分に畑のパトロールとは、元気ですね。
私なんかは、布団の中ですよ。
それにしても、水滴ゼロとは…湿度が低すぎたのですかね~それとも、パトロール時間が遅すぎたか~まぁ、uke-enさんはご存知だと思いますが・・・。
キタキチョウは、私同様に冬眠寸前では…もう少し気温が上昇すれば行動開始てなことはありませんかね。
No:4226|kucchan さん
>7時35分に畑のパトロールとは、元気ですね。
明るくなればすぐのほうがいい写真が撮れると思いますが、朝食、着替えしてとなるとこの時刻になります。今回の朝ドラは見ていませんので、こころ旅がネックです。(^^ゞ

>湿度が低すぎたのですかね~それとも、パトロール時間が遅すぎたか
霧だとすぐは晴れませんが、陽射しがあると起き出して日向ぼっこをするので、露が落ちたり乾きやすいのだと思います。
結局、遅すぎると言えばそうなのでしょうね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する