組んず解れつ(解決編)

 
 本日、2コマ目です。


 お約束の解決編です。
 サービス問題で、解答自体はあっという間のつもりだったのですが、別途宿題を抱えることになりました。^^;
 そのこととは別に、3頭の面白いからみなど少し長くなりますがお付き合いくださいね。
 
 
出題図(再掲)           ヤマトシジミ(左:A・中:B・右:C
シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2012/11/4撮影以下同じ)
ヤマトシジミ
 
解答図(左:A♂・中:B♀・右:C♂)
解答図(ヤマトシジミ交尾)
 出題図と同時刻、直前の写真です。表翅の色で♂♀は歴然ですね。
 素直にAとBが交尾、お邪魔虫はCでした。Cの交尾器はBの頭部辺りにありますので、3Pとおっしゃられた方は卓見です。。(^^ゞヾ(ーー )ォィ

 で、解答はおしまいだったハズですが、解答図の段階ではAとBの交尾部分が食い違っているように見えるので、拡大図を載せておきました。
 ヤマトシジミの交尾中、腹端部が食い違っているのはよく見かけますが、AがつかんでいるのはBの交尾器とは別の部分のような・・・^^;
 宿題と書いたのはこのことです。ご教示くださいね。(誰?)


 気をとりなおして、出題図以降の状況です。
 
ヤマトシジミ交尾
 Cが体当たり(したのかどうか分かりませんが)、AとBが落ちそうです。
 
ヤマトシジミ交尾
ヤマトシジミ交尾
 C「ささやき作戦、ゴニョゴニョゴニョ。」
 
ヤマトシジミ交尾
 B「パシッ!気をつけよう、甘い言葉と暗い道」
 
ヤマトシジミ交尾
 反対側に回ると、こんなシーンも
 
ヤマトシジミ交尾
 C「力づくでも、ウンと言わせてやる。」
 
ヤマトシジミ交尾
 A「バサッ!あっち行け」
 
ヤマトシジミ交尾
 C「そんなものに負けてられるかい、もう少しで・・・」
 
ヤマトシジミ交尾
 A「やっと行ったね。」
 
ヤマトシジミ交尾
 C「油断大敵!」
 A「バサッ!そうはさせるか。」
 
ヤマトシジミ交尾
 C「♀の側から回り込むもんねぇ。」
 
ヤマトシジミ交尾
 B「ここなら大丈夫でしょう。」
 交尾飛翔形式は、←♀+♂(♀主導)でした。
 
ヤマトシジミ交尾手乗り
 一難去って・・・^O^
 コンデジがポケットに入っていなかったので、デジイチでファインダーをのぞいての撮影です。


 とにかくしつこいお邪魔虫でした。おかげで45分余り、約400枚撮影しました。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   交尾  手乗り 

Comment

No:4213|
いやー…3pより、uke-enさんの忍耐力に驚きましたよ。
何と、45分余りで、約400枚撮影とは、私には到底、真似のできることではありませんね。
せいぜい、5分で、10枚撮影ですよ。
恐れ入りました。
No:4214|
こんばんは。
いつも解決編で登場するという、ずるいわたくしで申し訳ありません(^_^;)
実は、わたしはここに4頭いるのかと思ってました(^_^)
草の下方に見えるのは、開翅状態の翅だったってことですね・・・
(お恥ずかしい…)
それにしても、「子孫を残そう」とする1頭の♂の執念には、
本当に驚きました!
(この♂の意図は他にあるかもしれないけど、一応「そういうこと」にしときましょ…)
その執念深い姿をこうして拝見して、
わたくし、もう言葉もありませんわぁ・・・

このように、滅多にお目にかかれない光景に出会ってしまったら、
そりゃあ400枚もの写真を撮影してしまいますよねぇ〜
その中からブログに記載する画像を選ぶことの大変さ!
今回は、uke-enさんの色んなご苦労も労わなくてはいけませんねぇ~
本当にお疲れさまでした・・・
No:4215|kucchan さん
>忍耐力に驚きましたよ。
いやぁ、カメラのEXIFデータを見て、45分も撮影してたのかと私のほうが驚きましたよ。(^^ゞ
いろいろやってくれますので、そんなに長い時間が経過したとは全然思いませんでしたし、飽きることもなかったですね。
手乗りから逃げられて、かなり探しました。^^;
No:4216|お疲れ様でした~( ´△`)アァ-
400枚だろうが1000枚だろうが、撮るのは撮れるでしょうが、
それをPCに開いてい一枚一枚精査判別する作業を思うと・・・
眼力気力の衰えの著しいおばさんとしては信じがたいというか・・・
超人的というか・・・
こういうのを・・・「脱帽する」というのはこういう時こそ使うべき言葉!
ほんまにエライ目でした・・・か?
実は楽しくて~楽しくて~どうしようもない至福の時間だったりして~(^^)

で、目は大丈夫ですか?(爆)ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
No:4217|
問題の写真を素直に見れば(1)のようでしたが、uke-enさんの問題には「裏がある」と判断したのと1番目に答えは持ってこないと判断したのが失敗でした。
自然の成り行きのまま素直に判断すればよかったのですね。
しかし、前回の問題から考えても「素直?な問題は無い」と考えて読みすぎ?たのが間違いでした。

45分余りで約400枚撮影とは、私にはとても根気が続きませんですよ。
しつこいお邪魔虫を見ながら「これはいい問題が出来るぞ」とにんまり微笑んでいたのでしょうね。
惨敗でした。d(‥〃)o残念!!
No:4218|どっちもどっち
45分組んでもつれた事象を観察するのと
20分じっとした蝶を観察するのとどっちが長い?
じっとが勝つか組んでもつれたが勝つか
どっちもどっち、よくぞ我慢をしたことだと思います。
今回の解説私は好きです。
No:4219|やはり
uke-en さんならではの問題でしたね。
出題図、今見てもA♂とB♀が結合しているようには見えないです。このようにずれた形で交尾しているとはわかりませんでした。A♂もC♂も腹部先端が見えたので、交尾には至っていないと思いました。また、求愛行動中の♂は開翅することが多いのもその理由でした。
それから、C♂のちらりと見える前翅前縁が黒いのも問題としてよくできていますね。♂の前翅前縁は通常は白っぽく写りますので、光線の都合により黒く見えるのでしょう。色合いからは♀ではないかと思ってしまいます。
No:4221|みさとさん
>いつも解決編で登場するという、ずるいわたくしで申し訳ありません
自覚されているようですので、許す!今度があれば、出題編の時にご案内しますね。^O^

>実は、わたしはここに4頭いるのかと思ってました(^_^)
お邪魔虫がチョコマカと動き、Aが開翅したりするので、始めは私も4頭?どれとどれがどうなってるの?状態でしたよ。

>画像を選ぶことの大変さ!
いつもうまく撮れてるだろうかとハラハラしていますよ。^^;
選んでいると、フィールドでは気づかなかったことがいくらも見えて楽しいですね。
苦労と言えば捨てるほう、一とおり見て不良品をチャイ、選ぶ際微妙な点も見比べて更にチャイ、月ごと整理で更に更に、年で整理する際エイ!そうしないとどんな容量のHDでも間に合いませんね。(^^ゞ
No:4222|Matsu さん
>一枚一枚精査判別する作業
コンデジの液晶では削除しませんので、PCの段階で歩留まりが悪く、粗々選別でそんなには残りません。^^;
その上で、これならまぁまぁを掲載候補にして片端からコピーします。そうすると、写真からストーリーを考える、ストーリーを考えて写真を選ぶ、いずれにしてもたくさん見比べないで済みます。
見落としていたキズがあれば簡単ですが、中にはキズが見えても残したいものやら、そこからでも選別は大変です。
今回の場合、泣く泣くこの枚数にしました。(^^ゞ
No:4223|hitori-shizuka さん
>「裏がある」と判断した
ヨッシャァ!でしたよ。拍手が聞こえませんでしたか。^O^
ダルビッシュでも球筋を読まれるとホームランを打たれますから、相手の読みを外すのが大事です。エヘン!

>しつこいお邪魔虫を見ながら「これはいい問題が出来るぞ」とにんまり微笑んでいたのでしょうね。
ニンマリしたのは、出題図の写真を見てからですよ。細部も一応写っていて、そのくせ大事なところは判別しにくい、これは・・・でした。
しかし、しつこいお邪魔虫は、どうも1頭と1人だったようですね。(^^ゞ
No:4224|自然を尋ねる人さん
>45分組んでもつれた事象を観察するのと
>20分じっとした蝶を観察するのとどっちが長い?
楽しい時間は、あっという間です。イベント満載で、飽きる余裕もありませんでした。
じっとした蝶の観察なんて、5分と持ちません。

>今回の解説私は好きです。
ハハハ、ありがとうございます。時々やりますが、よくすべります。(^^ゞ
もう少し時間があれば、もっと面白くできたのですが・・・v(^O^)v
No:4225|grassmonblue さん
>uke-en さんならではの問題でしたね。
エート、それは褒めていただいているのでしょうか。(^^ゞ

>出題図、今見てもA♂とB♀が結合しているようには見えないです。
実は、皆さんのコメントを読ませていただきながら、ABが交尾しているように思えなくなり、改めて前後の写真を確認しました。^^;

>このようにずれた形で交尾しているとはわかりませんでした。
♀の交尾器も尾端にあるハズなのに、♂がつかんでいるのは尾端でないので、こういう形で逃がさないようにしているのかとも思えます。

>求愛行動中の♂は開翅することが多いのもその理由でした。
交尾中の♀が嫌がって(危険を感じて?)開翅するこのを見かけたことがありますが、♂が♀確保のためこのように開翅するのは初めて見ました。

>C♂のちらりと見える前翅前縁が黒いのも問題としてよくできていますね。
作為があるのは写真選びの段階で、作為を持って撮影してもうまくいった試しがありません。
まぁ、かぶりつきでこんな舞台を見せてもらったのですから、焦るなと言うほうが無理だと居直っています。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する