晩秋の花

 
 朝方は6℃と冷え込み、今日も強い風で15℃に達しない寒い一日でした。
 
 
マユハケオモト(ハエマンサス・アルビフロス ヒガンバナ科)
マユハケオモト
 学生時代の先輩からいただいて栽培すること3年、やっと初花を見せてくれました。
 夏に休眠するタイプですが、年中葉をつけています。
 
ハエマンサス・コッキネウス(ヒガンバナ科)
ハエマンサス・コッキネウス
 葉がだんだん成長してきました。は覚えていらっしゃいますか?
 マユハケオモトと同じ仲間ですが、休眠する夏には球根だけになります。
 
 
ミセバヤ(ベンケイソウ科)
ミセバヤ
 ありふれた花ですが、晩秋の花と言えば我が家ではこれです。2~3年に一度植え替えするだけで、キレイに咲いてくれます。
 強い霜に耐えて地植えでも残っていますが、見栄えはもう一つです。
 
 
ペチュニア(ナス科)
ペチュニア
 品種はスーパーベル、夏花ですが霜にさえあわせなければまだまだ咲いてくれそうです。
 挿し芽3株の寄せ植えで、親株は3回目の剪定が遅かったためか数花しか見えません。
 
 
マンデビラ(ディプラデニア キョウチクトウ科 2012/10/22撮影)
マンデビラ
 初夏から次々と花を咲かせ、暑い夏の盛りには花色も褪せていましたが、涼しくなって色が戻ってきました。
 
(2012/10/27撮影)
マンデビラ
 赤花とともに植えている白花です。
 珍しくウラナミシジミが訪れてくれました。欠け欠けではあってもチョウが訪れてくれると花をお披露目しやすいのですが、来るのはハチやアブばかりです。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 草花  多肉など  花木   

Comment

No:4195|
いやー…驚きましたよ~玉には、園芸onlyの記事かと思いましたが、やはり、最後には蝶さんの登場でしたね(笑い)。
で、園芸…ミセバヤとペチュニア以外は、我が家では栽培経験がありません。
昨年の記事で、マユハケオモトは葉っぱを、ハエマンサス・コッキネウスは、最初に葉っぱ…続いて花を掲載されてたのではと記憶してます・・・ちょっと、花は忘れましたが。
でも、その内に花も登場すると楽しみにしてますよ。
No:4198|kucchan さん
>最後には蝶さんの登場
載せておかないと、チョウはネタ切れですかと言う方がおられますので・・・^O^

>昨年の記事
あのぅ、文字に下線が入っているか色が変わっていれば、大抵関係記事にリンクしているということですよ。
マユハケオモトの「学生時代の先輩からいただいて」とハエマンサス・コッキネウスの「花」はどんな表示になっているのでしょうか。気が向けばクリックしてみてくださいね。
No:4199|
マユハケオモトの初花、おめでとうございます。これからは毎年花を付けてくれますよ。
紅白のそろい踏みになりましたね。
管理がいいので来年には花も大きく、数年後には花数も増えて豪華になりますよ。
ミセバヤも沢山の花を付けて見事です。

我家と来ら、昨年楽しませてもらたにもかかわらず「植替え、お礼肥」もせず、花が怒ってしまいマユハケは痩せた小さな花2花、花数の少ないミセバヤになってしまいましたよ。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

昨日は奈良の正倉院展に行ってきましたが、ごった返す人混みに酔ってしまいそうでした。
撮れたのは花ではなく興福寺の五重塔くらいでした。(-。-;)
おかげで8千歩位の足の運動ができましたよ。
No:4200|hitori-shizuka さん
マユハケオモトはなかなか刷毛のようにならず、初花だからこんなものかと思っていたのですが、だんだん充実してきました。咲くと苦労を忘れますね。
マユハケオモトには、ほとんど施肥していません。ミセバヤは化成肥料を2~3回、オルトラン粒剤を時々まいています。やはり植え替えが大切なのでしょうね。

正倉院展は2年に1回くらい行っていますが、以前でも人は多かったですが、最近富みに込んできて気力が失せています。見映えするものは一とおり見たことも原因かもしれません。
見ておく価値は大きいと思いますが・・・

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する