水滴コロコロ(2012-05)

 
 朝方は7℃、霧はなかったのですが朝露がビッシリと降りていました。もう少し気温が低いとこれが霜になって、大部分の花はその役割を終えることになります。
 ほとんど陽が射さず、18℃になったにもかかわらず寒々しい一日でした。


 これだけの朝露であれば霧と同じ効果が得られるだろうと、裏の畑をパトロールしました。
 ヤマトシジミはずい分増えてきて、立ってる場所で回転すると数頭が見られるようになりましたが、ベニシジミもウラナミシジミも見かけませんでした。

 その代わり、違ったものを見つけました。
 
 
ナツアカネマユタテアカネ(♀ トンボ科アカネ属)
マユタテアカネ ♀
マユタテアカネ ♀
 トンボのおねむは初見です。毎日のようにパトロールしているのに、見過ごしたのでしょうか。
 相変わらず、トンボの判別はさっぱり自信がありません。

 250mmをつけていたのですが、こんなのに出会ったので100mmマクロに換装しました。その途端、近くの木にエナガの集団が飛んで来ました。まぁよくあることですけど・・・^^;
 上が250mm、下が100mmです。
 
 
ナツアカネマユタテアカネ(♂ トンボ科アカネ属)
マユタテアカネ ♂
マユタテアカネ ♂
 上よりもっと自信がありません。よろしくお願いします。(^^ゞ
 
 
(♀)
マユタテアカネ ♀ 手乗り
 トンボ吊りです。ちょっと意味が違いますね。逃げる気配はありませんでした。トンボの手乗りも、当然初めてです。
 
マユタテアカネ ♀ 手乗り
マユタテアカネ ♀ 手乗り
 ヤマトシジミの5頭乗りという宿題もありますが、先送りしてしまいました。(^^ゞ


 Close To You」のMatsu さんから、ナツアカネだろうと教えていただきました。ありがとうございます。水滴で分かりにくい点もありますが、他の写真の原図でも確認しました。(2012/11/1 追記)
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: 自然・季節  昆虫(蝶以外)  水滴コロコロ  手乗り 

Comment

No:4175|
この方がマユタテアカネトンボですか・・・。
この方の水滴コロコロ…相当、早い時間ではないでしょうか…多分、寒さに弱い私は布団の中の時間帯でしょうね。
この寒さで、トンボ君も体がコチコチになり動けずてな状態ではないでしょうか?。
私も早起きして、この様な姿を撮影したいのですが、昆虫の寝床が分からず、諦めるしかありません。
でも、早起き散歩すれば、偶然に遭遇するかもと思ってますが、身体がいうことをききませんよ。
No:4176|トンボ
私の判別できる視点が少ないので
この絵からだと似てるといえば似ているし
違うといえば違うようにも見えます。
要するに風見鶏です。
手乗りトンボ、手乗り蝶うらやましい光景です。
No:4177|獅子は都会に
昨日人口47万人の市、
福山市の中心部に猪が現れ大騒ぎになっています。
今朝の新聞情報ですが学校へ行く道があるため
保護者は大騒ぎしているらしいですが
我が家の近くでは誰も騒ぎません。
自分の家の前にいた、なんとかして欲しいとは言いますが
捕獲してもありがとうもありません。
要するに昔からあまり変わらない田舎です。
No:4178|クイズでしょうか?(笑)
アカネ科のトンボの見分けは、翅の模様と、真横から見た胸の線条と、
正面から見た顔の額の色とでほぼ同定ができますが、
これらの画像ではちょっと、いや、かなり難しいです。
パッと見、マユタテアカネには見えません。
ナツアカネかアキアカネ・・・
うーん、ここで考えを言うのは無知の厚顔で憚られますが、
どちらかと言えばナツアカネに見えるかなぁ~?

あのね、
水滴が消えて、せめて翅が透けてみえる画像をも一つヒントに出して下さいな。(^^ゞ

No:4179|kucchan さん
アンタ、マユタテアカネのなんなのさ♪ って聞いてみたいですね。トンボは調べても調べても、余計に迷宮の中です。^^;

>この寒さで、トンボ君も体がコチコチになり動けずてな状態ではないでしょうか?。
多分そうなのでしょうね。チョウ探しにジャマになるほど飛んでいますが、あと少しで姿を見なくなるのでしょうね。

近所の草っ原などで朝駆けしてみると、いろいろな発見がありそうですよ。やめられなくなります。(^^ゞ
No:4181|自然を尋ねる人さん
>判別できる視点が少ないので
でしたね。(^^ゞ
もうお一方のコメントからも、この状態では判別しにくいことに今気づきました。

>手乗りトンボ、手乗り蝶うらやましい光景です。
堂々川にはトンボは数多いでしょうし、寝ぼけた状態ならチョウの手乗りも乗せ放題ですよ。慣れてくると、できないとひどく落ち込みますが・・・^^;
No:4182|
初めて見ました。
まるで砂糖で作られた細工物のような姿で綺麗すね。
また、こんな姿を見ると小さな昆虫でもすごい生命力の持ち主だなと感心します。
人間なんてこんな状態が続けば1~2時間で文句タラタラでしょうね。

トンボの手乗り、眠気眼のうえ重い露の鎧を被っていたので逃げられなかったのでは。(^▽^;)負け惜しみ
と言うより私なんかはトンボは逃げるもの、の印象が強くて手乗りを試してみようという発想にはなってないですね。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
No:4183|自然を尋ねる人さん
キツイ言い方に聞こえたら、申し訳ありません。イノシシが捕まってよかったよかった、さぁシシ鍋だぁ、というコメントに過剰反応しました。
言い訳をこちらの返コメに書こうとしてたのですが、素早い反応にシシ鍋を食わず、泡を食っています。(^^ゞ

程度は違いますが、我が家でも野菜が全滅、担当の家内は捕ってくれないかなぁと漏らしています。自家消費の趣味の世界なのだから、電柵までして栽培したらコストはと言ってたら、庭の大部分を乗っ取られましたよ。^^;

被害の現実は理解しているつもりですし、悩ましいですね。
福山市のニュースは見たような記憶がありますが、都会だからこそのことで、当地でもイノシシやシカ、サルの被害は埋め草記事にもならないようです。
No:4185|Matsu さん
そろそろ、サンダーバード2号の出動をお願いしようかと思っていたところですよ。(アッ、お若いからご存じないですよね。)最近チョウ以外もよく撮影しますので、責任(何の?)をとって、ちゃんとパトロールいただかないと困りますよ。^O^

>アカネ科のトンボの見分けは、翅の模様と、真横から見た胸の線条と、
>正面から見た顔の額の色とでほぼ同定ができます
はぁ、ほかの2つはともかく額の色?眼の色で見てました。ナツ、アキ、マユタテそれに♀はシオカラまで含めて消去法でたどりついた結果です。^^;

>無知の厚顔
大丈夫です。私の常套手段です。^O^

>あのね、
>水滴が消えて、せめて翅が透けてみえる画像をも一つヒントに出して下さいな。(^^ゞ
それでは、クイズになりません。(^-^)v
陽射しもなく気温もなかなか上がらなかったので、そんなのを待ってると日が暮れます。
アカネも出始めには撮影しましたが、判別も危ういし、チョウ見の邪魔になる今日この頃、カメラも向けません。撮影するのは、最近会わないオニヤンマか、我が家では滅多に見かけない細身のトンボくらいでしょうか。
No:4186|hitori-shizuka さん
>まるで砂糖で作られた細工物のような姿で綺麗すね。
でも、これがチャの葉にしがみついてると、目立たないのです。1頭を見つけたときはギョッとしました。(^^ゞ

>人間なんてこんな状態が続けば1~2時間で文句タラタラでしょうね。
私なんぞ、5分も持ちませんよ。^^;

>私なんかはトンボは逃げるもの、の印象が強くて手乗りを試して
>みようという発想にはなってないですね。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
トンボは棒の先などから逃げても、戻ってきますよね。最近テレビで女性作家の方が、指をヒョイと立ててとまらせたのを見ましたので、当然!真似をしてみました。
こちらなら私にもできるかも、が発想の原点です。(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する