カーテンコール(アサギマダラ 2012-04)

 
 朝方は10℃、本日も霧でした。

 昨日、一昨日の疲れからか、起床が小1時間遅くなりました。恒例の裏の畑を一応パトロールしましたが、やはりウラナミシジミは見つけられませんでした。

 ヒヨドリバナパトロールも成果なく、今日も蔵出しの日かなと思っていましたが、お昼前
 
 
アサギマダラ #4(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ ♂
 
(↑のトリミング)
アサギマダラ ♂
 右前後翅には大きな傷みは見受けられませんが、のぞいている左前翅は翅頂が折れ曲がったようになっています。
 #2、#3は、いずれも右後翅に目立つ傷があったので別個体と考えられます。#1が傷んで戻ってきた可能性はありますが、10日以上期間があいていますので素直に#4とするのが妥当なところでしょうか。

 このショットだけでサヨナラ、待っても待っても姿を見せてくれませんでした。
 今夜半から雨の予報、明後日会えることを期待しています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アサギマダラ 

Comment

No:4129|カーテンコール?
そんなのありですか?!
乞えば応えてくれるような気立ての良いアサギマダラがいるなんて、、、
ひょっとして♀なんでしょうか?
(雌雄の判別に自身なし~(^^ゞ  )
♀の中には本土に残留するお方もおられるように聞きましたが。

No:4131|Matsu さん
>そんなのありですか?!
叩けよさらば開かれん、ですよ。鰯の頭かも知れませんが・・・^O^

>ひょっとして♀なんでしょうか?
ちゃんと♂と書いているでしょ。参考書をご覧になったのでは。性標のあるなしですから、こんなに判別しやすいのはそうそうないですよ。
♀に好かれた記憶はありません。^^;

>♀の中には本土に残留
関東、東海の太平洋側から近畿以西(我が家と滋賀県を除く。)では越冬可能ですが、幼虫での越冬で、食草のキジョラン群落があれば冬に観察できますから、是非チャレンジしてくださいね。
No:4132|
団体で現れなくても自宅近くで確認できるのですから良しとしなければ。(^○^)

こちらは昨年2頭見かけた身近な屋島に何度か確認に行ってみましたが、柳の下にドジョウはいませんでしたよ。(^^;)
今季がダメなら、また「来季に楽しみが増えた」と思わなくてはね。
No:4134|hitori-shizuka さん
>団体で現れなくても自宅近くで確認できるのですから良しとしなければ。(^○^)
一昨年は6頭、昨年でも3頭を同時に確認したので、どうしてもそれを思い出しますね。待ってて来てくれるのですから、何の文句があるのと言われればそれまでですが・・・(^^ゞ

当方は歩いて1~2分のところの3箇所をクルリですから、その点は楽チンです。それでも家内や世間の目が・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する