待ち人来たる(アサギマダラ 2012-01)

 
 夜半の雨の余波で朝方も小雨、午前10時を過ぎてやっと陽が射し始めました。

 アサギマダラは今日も待ちぼうけかなと半分あきらめ顔でヒヨドリバナ・ウオッチングを続けていると、午後1時過ぎ、空の高いところをフワリフワリ、懐かしい姿が見えました。
 ヒャクニチソウやヒガンバナに近づいてはまた翔び上がり、吸蜜できる花があるかどうかまるで偵察に来ているようでした。ヒヨドリバナはこちらだよと手招きしたいくらいでしたが、逃げられては大変、じっとがまんの子でした。
 
 
アサギマダラ(♂ タテハチョウ科マダラチョウ亜科)
アサギマダラ ♂
アサギマダラ ♂
 尾部の両側に黒班の性標があるので♂です。小さな欠けがある程度で、キレイな個体です。
 数枚のモデルになってまた翔び上がり、待っていても戻ってきませんでした。
 
アサギマダラ ♂
 あきらめて庭に戻ったところ、アゲハの求愛飛翔を見かけました。またかいなと眺めていると、別れた一方はアサギマダラ、翔んでいくのを慌ててパシャがこれです。今日だから載った飛翔写真です。^^;


 一昨年より4日早く、昨年より2日遅い邂逅です。どこから来て、どこへ行く途中なのか興味があるところです。
 明日からじっくり撮影したいと思っています。マーキングのあるものを含め、大挙して押し寄せてくれると嬉しいのですが。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: アサギマダラ  野草 

Comment

No:4083|
こんばんは。
とうとう来たのですね、アサギマダラが・・・
今年初のご対面、そしてきれいな写真を撮ることができて、
まずは、おめでとうございま〜す(^_^)

ヒヨドリバナがこんなにきれいに咲いているんだし、
蕾もまだまだたくさんありそうだし、
大群での飛来を期待しちゃいますよね(^_-)-☆

さぁー、今年もアサギ日誌が始まりますね。
昨年はuke-enさん宅に晩秋までいて、
いつになったら南下するのかとハラハラでしたけど、
今年も記録更新なんてことになるのでしょうか・・・楽しみ、楽しみ♪

最後にひとこと言わせてください・・・
あぁーあ、わたしもこんな写真、一枚だけでもいいから撮りたかったなぁ〜
今年のアサギの季節は、寂しく過ぎてしまいました・・・
No:4084|
待ちに待っていた待望のアサギマダラの訪問おめでとうございました。\(^o^)/ 
待っていたのを知っていたのでしょうか表翅を広げてポーズを取ってくれたのでしょうね。
この後、集団でヒヨドリバナ畑に立ち寄ってくれ、マーキングのチョウが確認できればまた最高ですね。

こちらでは単体の確認だけなので集団行動のアサギマダラを見てみたいものですよ。
No:4087|みさとさん
>今年初のご対面、そしてきれいな写真
ありがとうございます。
少しピントが甘いですが、大判?振る舞いしてみました。(^^ゞ
来てくれるだろうとの期待感と、来ないかも知れないの悲観論に揺れながら、待ったかいがありましたよ。
欲張りですから、こうなるとヒヨドリバナに鈴なりを見たいと思うのが人情でしょうね。(^^ゞ

>今年もアサギ日誌が始まりますね。
今年は少し科学的に観察しますね。例えば手乗りしてもらってマーキングするとか・・・(^^ゞ
No:4088|hitori-shizuka さん
>待っていたのを知っていたのでしょうか表翅を広げてポーズを取ってくれたのでしょうね。
感謝、感謝、です。ほんの短い時間でしたし、モンシロチョウがからんだり、オオスズメバチが威嚇したりで、すぐいなくなりました。
先遣隊として、あそこは危険と本隊に報告したかもしれませんね。(^^ゞ

>この後、集団でヒヨドリバナ畑に立ち寄ってくれ、
>マーキングのチョウが確認できればまた最高ですね。
そうなれば、どや!どや!ってウルサイですよ。
でも、一度でいいから、アサギマダラに囲まれてみたいですね。

>こちらでは単体の確認だけ
参考書には、四国は全域がアサギマダラ越冬可能地域と書かれていますので、屋島の個体は越冬したものの次の世代かもしれませんね。
No:4089|待ち人来る
待ちに待ったアサギマダラ、ついにやってきましたね。
良かったです。
思い入れが見てとれます。
去っていくチョウをファインダー越しにバシャ・・・と。
次の句をお贈りします。

恋人のごと秋蝶を見送りぬ(田畑益弘)
No:4090|
遂に、待ちに待った「お友達」がきましたね…良かったよかった。
この方の来訪で、待つ事の悩みも消えて白髪も増えず良かったですね。
当地では、間違っても「アサギマダラ」には会えそうにありませんよ・・・だから、以前に会ったサトキマダラで我慢するしかありません…と、言っても、その方は、もう、見なくなりましたが。
それにしても、この「アサギマダラ」の綺麗なこと…一度は会ってみたいもんです。
No:4091|grassmonblue さん
>待ちに待ったアサギマダラ、ついにやってきましたね。
待つ苦しさは、訪れてくれたことで忘れてしまいました。
自宅に居ながらにして、アサギマダラやたくさんの種類のチョウに会えるのですから、ヒヨドリバナ様様です。

返歌ですね。^^;

山里を 綾なせる蝶 渡り来る

ありゃ、季語がない・・・(^^ゞ
No:4092|kucchan さん
>遂に、待ちに待った「お友達」がきましたね…
ありがとうございます。
必ず来る、きっと来る、多分来る、来るのじゃないかな・・・関白宣言の世界ですよ。(^^ゞ

>当地では、間違っても「アサギマダラ」には会えそうにありませんよ
鉢畑を一つつぶして、フジバカマかヒヨドリバナ畑にすれば、南下途中で寄ってくれるかも知れませんね。奥様のお許しがあればですが・・・(^-^)v

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する