ホットパンツとローライズ

 
 朝はブルブルの12℃、霧も少し出ていました。昼間は陽射しが厳しく感じた25℃、まぁこの時期はこんなものでしょうか。


 衝撃的なタイトルですが、あの方とあの方はご理解いただけるかなぁ。^O^
 
 
ヒメクロホウジャク(スズメガ科ホウジャク亜科 10:03)
ヒメクロホウジャク
 
(↑のトリミング)
ヒメクロホウジャク
 こんな時刻だったので、なんやオオスカシバか思い込み、PCに落としても気づきませんでした。「蝶鳥ウォッチング」さんの本日の記事にヒメクロホウジャクが掲載されていたので、ん?でした。
 ホバリングしている時は1/3200のシャッタースピードでも止まらないほど翅を速く動かしているので、撮影の際は翅が透けているかどうか分からなかったという言い訳も通用しそうですが、この写真でも気づかないとは・・・^^;
 
ヒメクロホウジャク
ヒメクロホウジャク
  オオスカシバは、産卵を含めて今季一とおりの撮影ができたつもりだったので、リキが入っていません。背景がゴチャゴチャしているのが一番の難点です。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:4058|
ホットパンツとローライズ・・・老人には「何…これ?」ですよ。
ヒメクロホウジャクですか・・・昨年の9月27日に私も撮影してます・・・でも、今年は、オオスカシバやホシホウジャクなどにも、殆ど、遭遇する機会がありません。
もしかしたら、当地域では減少してるのではと、危惧してます。
でも、近い内には出会えるだろうと、希望を持つことにしてますよ。
No:4059|kucchan さん
>ヒメクロホウジャクですか・・・昨年の9月27日に私も撮影してます
はぁい、その際にも、ホットパンツとローライズのコメントをしてますけど・・・(*^日^*)゛ヾ(ーー )ォィ

>今年は、オオスカシバやホシホウジャクなどにも、殆ど、
>遭遇する機会がありません。
9/21のオオスカシバ以外はありませんね。関東では減少していることにしておきましょうか。^O^
No:4061|
「ホットパンツとローライズ」はローライズを調べどうにか理解できましたが、頭が固くホウジャクとのつながりがどうにも分かりませんよ。d(‥〃)o残念!!

今年は、まだ一度もホウジヤクと出会っていません。
日が短くなって出会える機会は土、日のみなので、益々出会う機会が少なく今年は見ず仕舞いになりそうです。

ヒメクロホウジャクの飛翔写真見事に撮れていますね。
1枚目の写真は最初、バーベナの花壇に犬が右に向かって走っているような小さな飾りを置いているようにも見えました。
歳をとれば勝手なものですね。(^○^)
No:4064|hitori-shizuka さん
あの方お二人目です。^O^

ホットパンツはお分かりですよね。ローライズはベルトラインがウエストよりかなり低くなります。
オオスカシバとヒメクロホウジャクはフィールドでは区別しにくいので、オオスカシバはホットパンツ、ヒメクロホウジャクはローライズと覚えるようにしました。そんな風に見えませんか?^O^
まぁ、思い込みには、どんな知識も役に立ちません。^^;

>犬が右に向かって走っているよう
ザブトンには少し苦しいですね。^O^
No:4067|
普通オオスカシバは、オオスカシバにしか見えず、
ホシホウジャクやヒメクロホウジャクは、少なくともオオスカシバではないなと思うものですが、
このようなこともあるのですね。
勉強になりました。
No:4070|YODA さん
>オオスカシバは、オオスカシバにしか見えず
ヒメクロホウジャクとオオスカシバは、背中の緑毛?など似ていませんか。
ホウジャクのホバリングにずっと思い入れがあり、つい分かったような気になって・・・(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する