ヒヨドリバナが呼ぶ(2の1)

 
 朝方は14℃、最高気温は25℃と作業日和でした。


 どこでもそうか知れません、当地ではヒヨドリバナは雑草扱いで、近隣でも草刈りが行き届かない場所で見かける程度です。我が家では、一昨年アサギマダラが立ち寄ってくれたことから、家内ともども意識して残しています。

 アサギマダラの来訪は一昨年が10/15、昨年が10/9でしたので、ここ数日、毎日のようにヒヨドリバナの小群落3箇所を見回って、今季はいつなのだろうと心待ちにしています。

 アサギマダラはまだ到着しませんが、この間常連のように訪れるチョウは結構な数になっています。
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(♀ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2012/10/4撮影)
オオウラギンスジヒョウモン ♀
 
(2012/10/5撮影)
オオウラギンスジヒョウモン ♀
 翅の傷みがひどいですが、欠けの状態から見て同一個体のようです。
 
 
ミドリヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2012/10/4撮影)
ミドリヒョウモン ♂
 久しぶりの♂ですが、右後翅は欠落同然の状態です。
 ヒョウモンチョウ族の♂は滅多に見かけません。夏負けして数が減っているのでしょうか。♀も新鮮どころか、欠けがないものにすら出会いません。
 
 
ミドリヒョウモン(♀ 暗色型 2012/10/3撮影)
ミドリヒョウモン ♀
 この間見かけた中で、傷みの一番少ないのがこれです。(^^ゞ
 
(2012/10/4撮影)
ミドリヒョウモン ♀
 庭のバーベナまで足を伸ばしてくれました。
(2012/10/5撮影)
ミドリヒョウモン ♀
ミドリヒョウモン ♀
 翔び出しはシャッタースピードが1/1000だったので、かなりブレています。
 
 
クモガタヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2012/10/3撮影)?
クモガタヒョウモン ♂
 この写真1枚だけで、何かよく分かりません。希望的観測を込めて、今秋まだ見かけていないクモガタヒョウモンではないかと・・・^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: ヒョウモン  野草 

Comment

No:4049|チョウの記事
今日もいろいろ教えていただきました。
彼岸花の記事もそろそろ終焉です。
花ばかりに目が向いていましたが
その間、蝶のフォトを想像以上に撮っていました。
近々整理してUPしますがよろしくご指導お願いいたします。
No:4050|ヒヨドリバナ
チョウや甲虫、蜂なんかも大好きな植物ですよね。
一昨年うちの庭にの野外採集のぼわぼわ種を蒔きましたら
咲いてるのを昨日ひょんなことから見つけました!
つまり、すっかり忘れ去っていたってことで~ (^^ゞ
なんでも拒まずいらっしゃいませ~だけど、ここらではセセリぐらいしか来ない。。。
ヒョウモンチョウがそんなにいろいろと観察できるなんてd(-_^)good!!ですね。
今季、一体何種来るのか?楽しみなことです
No:4051|自然を尋ねる人さん
ヒガンバナ花見のキリ盛りでは、心がキリキリ痛んだり、スペイン語orポルトガル語でキリキリ舞いしたり、大変でしたね。ヒガンバナの線が面になる様子を早く見たいものですね。

隠し持っているヒョウモンを始めチョウの在庫がいつ載るのだろうと思いながらも、お忙しい様子に督促を控えていました。(^^ゞ
楽しみにしていますので、そろそろ解禁してくださいね。
No:4052|Matsu さん
セイタカアワダチソウほどではありませんが、ヒヨドリバナも繁殖力が強く、何年かするとちゃんと畑になりますよ。
我が家ではあまり増えすぎても困ると、家内が一定時期に刈って生産調整しているので、二番芽が花を咲かせています。私はこの時期に花さえあればそれで満足しており、家内まかせです。(^^ゞ

ヒョウモンは見なれた方ですが、それ以外に今日もいろいろ来ていて、2分割は間違ったかなという感じです。
No:4053|
ヒヨドリバナ…つー植物は、沢山の蝶を呼んでくれるんですね・・・土地が広いと、蝶を呼ぶ花も沢山植えられ楽しむ事が出来るだろうなぁ…と、考えてしまいましたよ。
今回に出演中のヒョウモンは、どれも、ワタシは初見ですね。
この様な方が、我が地域にも居ないかと、注意して観察してみますね。
所で、最近は、手乗りがめっきり影を潜めましたね。
そろそろ、ヤマトシジミの5頭乗りも登場するのではと楽しみにしてますよ。
No:4054|kucchan さん
>蝶を呼ぶ花も沢山植えられ
ヒヨドリバナは、どこからか飛んで来た種が勝手に増えているのです。都会では、草丈の高い雑草ですから刈り取られていると思いますが、余り手入れされていない川べりや空き地にはありそうです。
今日もいろいろなチョウを見かけましたので、種を採ってくるかHCにあれば(あるかなぁ~?)鉢で大株にされるのはいかがでしょうか。

>そろそろ、ヤマトシジミの5頭乗りも登場するのでは
おお、私の都合の悪いことだけ覚えてらっしゃるのですね。^O^
当面は、アサギマダラがいつ来るのかが最大の関心事です。
No:4055|
ヒョウモンチョウの区別は私にはまだまだ手に負えませね。
初心者には難しいチョウですよ。

私も昨年アサギマダラを自宅近くの屋島で見かけたのが偶然にも10月9日でした。
uke-enさん宅のように集団行動のチョウではなく、単体ばかりでしたよ。

今日は秋祭りで神社に出かけようと思っていたのですが、載せる花の写真が無くて急遽野山散策に出かけました。
幸いにも今日、竜王山付近でアサギマダラ2頭に出会いましたよ。
他にセセリとアカタテハ?、テングチョウ等のチョウにも出会えました。
後日載せますので、名前の正誤判断をよろしく。

No:4056|hitori-shizuka さん
>ヒョウモンチョウ・・・初心者には難しいチョウですよ。
確かにそうですね。私も昨年の今頃は、誤ってばかりでした。相違点を押さえ、見慣れてくると、何とかなるものです。

>アサギマダラを自宅近くの屋島で見かけた
そうはおっしゃられても、屋島は300m近くの標高ですから、自宅とは一緒にはならないような・・・竜王山のように1000m級の山ならアサギマダラもそこで夏越しをするかも分かりませんが、そちらもやはり南下途中だったのでしょうね。

「由良之助はまだか」も息切れしそうです。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する