ルリシジミ産卵

 
 朝方は18℃でブルッとしました。最高気温は27℃どまりで、陽射しもやわらか目に感じました。


 昨日のことです。
 ルリシジミがシロハギの周りを翔びかい、時おり枝込みに潜りこんだりしていました。
 
ルリシジミ(♀ シジミチョウ科ヒメシジミ亜科 2012/9/20撮影以下同じ)
ルリシジミ ♀
 かなりスレています。大抵は、開翅してもこの程度ですが・・・
 
ルリシジミ ♀
 180°開翅してくれました。このような姿は、撮影した記憶がありません。ま、その記憶なるものが、最近怪しいですが・・・^^;
 左前翅が大きく欠けています。もう少しキレイだったらなぁ。(^^ゞ
 
(12:04)
ルリシジミ 産卵
ルリシジミ 産卵
 やっと撮影できる場所で産卵してくれました。背景は、例の崖の擁壁です。
 下の写真では、クロアリが見守っています。卵を狙っているのでしょうか。以前にもこんなシーンを見かけた記憶があるのですが、写真を探しても見つかりませんでした。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   産卵  花木 

Comment

No:3958|
この方がルリシジミですか・・・。
この方に似た蝶は我が家でも良くみかけます。
でも、ルリシジミか、それとも、ヤマトシジミかと識別できません。
とにかく、蝶の奥深さには脱帽ですよ。
No:3960|kucchan さん
>ルリシジミか、ヤマトシジミかと識別できません。
ルリシジミは、ヤマトシジミより一まわり大き目で、複眼が黒く(ヤマトシジミはセピア色)、翅の黒点が小さくまばらなのでより白っぽく感じます。

ヤマトシジミやベニシジミほどではありませんが、それらに次いで見慣れたシジミチョウですね。
No:3962|
ハギに産卵するのですね。
我家にもミヤギノハギを植えています。
綺麗な色の表翅のルリシジミの訪問であれば歓迎するのですが、ヤマトシジミばかりですよ。

こちらでは、里山に行かなければ出会えないような感じがします。
生息地は、少し環境のいい場所にしかいないのチョウなのでしょうかね。
このチョウも春型より夏(秋)型の姿は小さいのでしょうか。?
No:3965|hitori-shizuka さん
>ハギに産卵するのですね。
食草はクズ、イタドリ、ヤマハギなどマメ科、タデ科が中心ですが、バラ科、シソ科など雑多です。カタバミオンリーのヤマトシジミとは大違いですね。

>里山に行かなければ出会えない
全国区で、我が家ではヤマトシジミの1割以下かも知れませんが、春、秋にはよく見かけますよ。

>春型より夏(秋)型の姿は小さいのでしょうか。?
気持ち小さい感じがしますが、顕著な季節変化は見受けられません。
翔んでる時は、ヤマトシジミより翅が白っぽいくて、気持ち大きいくらいの差でしょうか。眼の色が見えたら苦労しないのですが・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する