庭の住人(チョウ編)

 
 朝方は25℃ですでにムシムシ、午後2時半頃雷鳴とともに通り雨があったものの、お湿り程度でなかなか涼しくなりません。


 こう暑いと庭で見かける方々も少なめですが、秋のイメージを感じさせてくれるものも現われます。まずはチョウですが見慣れた方ばかり、記録兼撮影練習です。
 
 
イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
イチモンジセセリ
 カリブラコアで吸蜜中です。
 
イチモンジセセリ
イチモンジセセリ
 後頭部から背中は虹色に見えるのですが、だからどうしたという感じです。(^^ゞ
 
イチモンジセセリ
 マリーゴールドで吸蜜中の♀に♂が交尾を迫っているのだろうと思いますので、上が♀、下が♂でしょうか。そう見ると、♀の腹部が太く見えてきますね。
 ♀が見向きもしないので♂はすぐあきらめました。もっとがんばれよと声をかけたくなりました。(^^ゞ

 4個体の後翅を見比べると、名前の由来の白斑4個の並びやそれぞれの大きさには個体差があるものですね。
 
 
チャバネセセリ(セセリチョウ科 2012/8/26撮影)
チャバネセセリ
 水道のカバーにとまっています。
 
(2012/8/24撮影)
チャバネセセリ
 庭石にとまっていたので、見上げてみました。
 こちらは、イチモンジセセリほど多くはありません。
 
 
ヤマトシジミ(♂ シジミチョウ科 2012/8/26撮影)
ヤマトシジミ
 まだ寝ぼけている時間帯なので近寄れましたが、この時期はゆっくりとまってくれません。涼しくなるとイヤというほど見かけるのですが、今はまだ珍しい部類です。
 
 
アゲハ(♂ アゲハチョウ科)
アゲハ ♂
 ヒオウギなどで吸蜜していたので、100mmマクロで近くからの飛び出し写真にチャレンジしましたが、なかなかうまくいきません。
 
(♀ 2012/8/29撮影)
アゲハ ♀
 羽化したばかりかと思えるような新鮮個体でした。それなら逃げないだろうと油断して近づいたら、案外でした。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:3860|
毎日が暑くて、庭で逢える蝶も、殆ど同じ方で撮影する気力が失せてしまいましたよ。
で、今回のイチモンジセセリと、チャバネセセリ…私ならば、直ぐにイチモンジセセリしか思いつきませんよ。
このイチモンジセセリとチャバネセセリの識別が難しくて、参ってます・・・簡単な識別法はないのでしょうか?。
No:3861|kucchan さん
>庭で逢える蝶も、殆ど同じ方で撮影する気力が失せてしまいましたよ。
私も同じですが、構図を考えて見慣れた方の撮影にトライしました。
で、kucchan さんの評価は・・・

>イチモンジセセリとチャバネセセリの識別が難しくて
後翅裏の白斑列は、イチモンジセセリではほぼ一直線上に4個連続しているか間隔があいていても狭目です。
チャバネセセリは弧を描いて6個程度、個々の白斑は小さく、間隔が広いのでバラバラッとした感じです。
近くでよく見ると判別できますよ。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する