オレたちひょうもん族(騙されまいぞ編)

 
 朝から強い陽射しと強い風、久しぶりに見かけたコミスジは風に吹き飛ばされ、クマバチすら流石に出てきませんでした。
 午後には曇って風も幾分おさまり、チョウもぼつぼつ見かけました。


 ~編が気に入った訳でもありませんが、2部構成でお送りしますね。(^^ゞ
 
 
オオウラギンスジヒョウモン(上:#1 ♂・下:#2 ♂
タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2012/7/6撮影)
20120706ooura-01.jpg
 この時が今季お初です。クモガタヒョウモン(♂)ツマグロヒョウモン(♂♀)、メスグロヒョウモン(♂♀)、ウラギンヒョウモン(♂)に続いて、ヒョウモン族は今季5種類目になります。
 ブッドレアで連日見かけます。
 
(左:#1・右:#2 2012/7/6撮影)
20120706ooura-02.jpg
20120706ooura-03.jpg
 並んでくれるのは珍しいのでつい焦り、両方にピントを合わせるのは、私には難しいですね。
 
(#1 2012/7/6撮影)
20120706ooura-04.jpg
20120706ooura-05.jpg
 裏表です。
 #1は、傷だらけの人生(チョウ生?)を送ってきたようです。
 
 
(左:#2・右:#1 2012/7/7撮影)
オオウラギンスジヒョウモン
 次の日も並んでいました。
 #1は表翅の傷で確認できましたが、左が#2という確証はありません。
 
(#2 2012/7/7撮影)
オオウラギンスジヒョウモン
 図示した後翅表の黒班がつながっているのが、オオウラギンスジヒョウモンの決め手です。
 
(#1 2012/7/7撮影)
オオウラギンスジヒョウモン
 こんな姿勢も載せておきますね。
 
 
左:オオウラギンスジヒョウモン(#1)
右:メスグロヒョウモン(♂ タテハチョウ科ドクチョウ亜科 2012/7/9撮影)
オオウラギンスジヒョウモン+メスグロヒョウモン♂
 
左:メスグロヒョウモン・右:オオウラギンスジヒョウモン(#1)(2012/7/9撮影)
オオウラギンスジヒョウモン+メスグロヒョウモン♂
 また並んでると思ってよく見ると、別種でした。いつのまにか、右左が入れ替わっています。
 裏翅はよく似ていますが、メスグロヒョウモンの後翅中央部には薄いオレンジ色の島模様があります。
 上では、ハチかアブかが飛んでいますね。
 
メスグロヒョウモン(♂ 2012/7/9撮影)
メスグロヒョウモン♂
 図示した前翅表の斜めになった黒班が、メスグロヒョウモンの決め手です。

 しまった!ということのないよう、遠目でまたかではなく、何々と目視確認の上、一応撮影しておくようにしています。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   花木 

Comment

No:3728|
もう、ブットレアが満開なんですね♫
拙庭のブットレアや西洋ニンジンボクはまだ蕾ですよ^^;
ヒョウモンさん、見かけた事がある様な…
ない様な蝶です^^
流石、ブットレア…蝶を呼ぶ木ですね!!

再放送まで観て頂いて、イヤリング?ピアスの
チェックまでして頂いて嬉しい〜^^;
目尻の小じわのチェックが無かったのは幸いです♫
No:3732|yumemi さん
ブッドレアは7月かかりにはもう咲いていました。調達した株がかなり大きかったからではないでしょうか。もちろん刈り込んであったので、こんなので咲くのと思ったのですが、一人前以上にがんばっています。

>ヒョウモンさん、見かけた事がある様な… ない様な
どれがどれは別にして、いろいろな花があるyumemi さんちなら、必ずご覧になっていると思いますよ。アゲハより幾分小さ目ですが、それでもかなり大きいですから、転げ落ちないように追いかけてみてください。

>イヤリング?ピアス
耳たぶに穴をあけるのがピアス、耳たぶをはさんで吊りさげるのがイヤリングと理解しているのですが、違ってますか。^^;

>目尻の小じわのチェック
涼やかなおめめに見とれていて、周りを見る余裕が・・・^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する