春の色

[2010/04/15 10℃/6℃]

 午後3時過ぎまで雨の、寒々しい一日でした。
 屋内に取り込んでいだ鉢物は、ほんの一部しか屋外に出しませんでした。

 今日また、家内がぜんまいをたくさん採ってきました。今度は、の裏手の崖からで、去年よりも多く上っていたそうです。
 台所でぜんまいの灰汁抜きをしていて、「こんな色だよ。」と鍋を見せてくれました。
 ぜんまいからは思いもよらない鮮やかな茜色、草木染してみたらとけしかけてみました。たまたま、媒染(ばいせん:染料を布に定着させること)剤として使うみょうばんもあったので、早速煮詰め始めました。
 どんな色に染まるのか分かりませんが、楽しみです。

 明日明け方は5℃の予報、霜注意報は出ていません。屋外に出した鉢物は、お戻りです。
関連記事

タグ: 野草 

Comment

No:213|No title
うわー・・・
あの「ぜんまい」が「こんな染料の色」になるとは驚くばかりです。
ならば、「わらび」は、どの様な「色」になるのですかね~と、考えてしまいました(素人なもんで)。
染め上がり品~楽しみしてますよ。
No:214|No title
kucchan さん、発想が一緒です。
 と言いますのは、この色に感動して、そしたら(何弁?)ワラビはと家内に聞きました。ライトグリーンになるのでは、と思ったのです。
どす黒い、キレイな色じゃない、と一蹴されました。^^;
どんな染め上がりになっても、up しますね。
No:215|No title
こんにちは^^
鮮やかな色ですね~♪ 元が「ぜんまい」とは(@_@;)
kucchan さん同様「わらび」は…と興味深々です^^
以前、友人が越前和紙の修行をしていて、一度だけ
和紙作りをした事があります。
その時の、仕上がりを待つワクワクした気持ち?
思い出しちゃったぁ(^^♪
up楽しみにしていまぁ~す(^O^)/
No:216|No title
夢美さん
 染め物は、思った色が出ないところに面白味があるようですね。特に草木染は思いもよらない発色をすると聞きました。この色がそのまま出てくるといいのですが、不安も・・・
No:217|No title
きれいな色ですね~。
ぜんまいからこんな色が出るなんてビックリです。
どんな色に染まるか楽しみですね。
No:218|No title
vivienne さん
 だんだん、責任重大という気持になってきました。私が染めるのじゃないですが・・・媒染剤でも色が変わるそうですが、あれもこれも試して、というほど量がありません。
きれいな色で、どうだ!という記事にできたらと思います。
No:219|No title
uke-en さん、
いい色ですね。乾燥ぜんまいを茹でると捨てるのが惜しいほどのいいあずき色ですね。絹布、木綿布、毛糸など染める相手でも発色が違うようですから、楽しみですね。記事、楽しみにしています。
No:220|No title
kyoko さん
 あらら、先輩がいらっしゃいましたか。ぜんまいなんて、当地でもそうそう採れるものではありませんし、都会では高い値段で売られている噂ですので、滅多に染められた方はいないだろうと思っていました。
採ったぜんまいは、ただ今天日乾燥中ですが、コメントを読んで家内に聞いてみると、茹で汁はやはりあずき色になるようですね。
早く染めてねとは言いにくいので、up はもう少し先になりそうです。^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する