遅起きは2文の得(ヒカゲランド)

 
 朝方は今にも降りそうなお天気でしたが、晴れたり曇ったり、風の強い一日でした。


 早朝の樹液酒場は賑わっていましたが、遅目はどうかと午前10時前にヒカゲランドに出かけてみました。
 酒場は、No.1、No.2ともモーニングサービスを終了していましたが・・・
 
 
オオヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
オオヒカゲ
オオヒカゲ
 ヒョコヒョコと現われ、近づこうとすると逃げられます。会えたことに満足しましょう。
 先日の個体と同じかどうかどころか、♂♀すら判別できません。


 道を隔てたなだらかな斜面では、
 
 
ルリタテハ(タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ
 アシナガバチが迫ってきても我関せずで、
ルリタテハ
 こんなに近寄っても逃げません。
 指を差し出すと・・・長いスランプです。^^;
 閉翅しなかったので、下からも撮影しましたが、夏型のようだ程度しか分かりません。(^^ゞ

 粘って、再度酒場をのぞくと・・・
 
 
ルリタテハ(夏型)
ルリタテハ夏型
ルリタテハ夏型
 樹液酒場No.2で吸汁していたのは、ルリタテハでした。ルリタテハが樹液を吸っているのを見たのは、初めてかも知れません。
 ↑と違って翅にほとんど傷みが見えず、別個体のようです。
 常連さん達は翅を閉じたまま行儀よく吸汁していますが、このルリタテハは開翅、閉翅を繰り返し、近づかせてもくれず、瑠璃光沢の表翅撮影どころか何とか夏型を確認した程度です。


 辺りでは、
 
オカトラノオ(サクラソウ科)
オカトラノオ
 
ネジバナ(ラン科)
ネジバナ
 好きな野草ですが、いずれも、当地ではあまり見かけなくなってしまいました。


 樹液酒場の殷賑に出会えはしませんでしたが、オオヒカゲを見かけたこと、夏型ルリタテハの吸汁を見たこと、野草の楚々たる美しさを再確認したこと、差し引きは・・・^O^
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   野草  ヒカゲランド  樹液酒場 

Comment

No:3648|
オオヒカゲ、私は図鑑片手でもやはり頭を悩ませそうです。
ルリタテハであれば判るのですが。(^○^)
先に、スレのあるチョウを見た後に夏型のルリタテハを見せられると、やはり若々しい感じがよく分かりますね。
私も気だけは若いのですが・・・(^_^;)

可憐な夏草のおでましですね。
ネジバナは草が生い茂る場所では消滅してしまいますが、草刈などして育ちやすい環境であれば毎年咲いてくれる可愛いランですよね。
No:3649|国蝶狙い
本日は蛍を離れれて一人旅をしました。
モリアオガエルとオオムラサキを探しました。
それなりの成果が出ましたが
蝶撮りが17時頃来るとはお笑いだとも言われました。
ションボリ!
No:3652|hitori-shizuka さん
オオヒカゲは後翅の眼状紋も目立って、ご覧になればアッ!違うと分かりますよ。

>先に、スレのあるチョウを見た後に夏型のルリタテハを見せられると、
>やはり若々しい感じがよく分かりますね。
2頭目はかなり新鮮だったので、瑠璃色の光沢が出せたか試したかったですね。

>可憐な夏草のおでましですね
オカトラノオを見せていただいたので、探しましたよ。近辺ではここだけでした。
ネジバナはそのついでに見つけました。誰もいなかったのでアスファルトで匍匐状態でしたが、空までは入りませんでした。^O^
No:3653|自然を尋ねる人さん
ホタルのサポートお疲れ様でした。シーズンを無事乗り越えられた達成感と、一抹のさみしさを抱えて、どんな旅になったのかそれも楽しみですね。
いつのまにかチョウ専門のようなブログになってしまいましたが、国蝶を見たことがありません。どちらをGetされたのでしょうか。

>蝶撮りが17時頃来るとはお笑いだとも言われました。
ハハハ、この時期ですから、いないとは限りませんよ。露天で寝てるのもいるでしょうし・・・^O^

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する