フォローアップ(2回目)

 
 雨の一日、ほとんど降り詰めでやみ間があっても5分と持ちません。予報では7日続きの雨マーク、記事ネタに困りそうです。


 一昨昨日、5月26日の二人観察会の2回目の事後調査に出かけました。
 1回目(6/2)は風が強くチョウも少なかったのですが、この日は風はあっても好天でたくさん見かけました。ただ、お目当てには、相変わらず出会えませんでした。
 
 
ヒメジャノメ(♂ タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 2012/6/13撮影以下同じ)
ヒメジャノメ♂
 こちらでは開翅してくれました。樹下の暗めの場所で閉じたり開いたりを繰り返していたので、ピン甘です。(^^ゞ
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 ヒメジャノメと同じ場所です。
 
 
アサマイチモンジ(タテハチョウ科イチモンジチョウ亜科)
アサマイチモンジ
 ひらひらと翔び回るので飛翔を狙いましたがほぼ全滅、やっととまってくれたので、アサマイチモンジと確認できました。
アサマイチモンジ
 また、翔び立ちました。さすがにブレています。
 
 
ヒメキマダラセセリ(♀ セセリチョウ科セセリチョウ亜科)
ヒメキマダラセセリ♀
 これまで見かけたヒメキマダラセセリの2/3程度の大きさだったため別種と思いましたが、やはりヒメキマダラセセリでした。(^^ゞ
 
 
ルリタテハ(秋型 タテハチョウ科タテハチョウ亜科)
ルリタテハ秋型
ルリタテハ秋型
 草刈りの後燃やしたらしい灰で、ミネラル補給?をしていました。
 夏型が見られて不思議のないこの時期に、ひどく傷んでいるのは当然としても、越冬個体がまだ生き残っているとは驚きです。
 
 
ウラギンシジミ(♀ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ♀
ウラギンシジミ♀
 後翅に大きな欠けが見られます。
 開翅してくれましたが、位置関係が悪く表翅の白が確認できる程度です。
 
ウラギンシジミ(♂)
ウラギンシジミ♂
 引き上げようと車まで帰ったら、地面にとまっていました。開翅しませんでしたが、翔んだら表翅のオレンジが見えました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:3603|梅雨ですね
ゼフィルス追っかけの季節で、いろいろなチョウブログでもゼフの話題で賑わっていますが、
行きたい日は雨ふりになったりでチャンスを逃しています。
観察会のお目当てには入っていませんか?
越年してまだ元気でいるルリタテハの雄姿に感動です。
すばらしい生命力ですね。

No:3604|grassmonblue さん
お目当ては、オオヒカゲ、コムラサキ、ギンイチモンジセセリ、ウラナミジャノメあたりですが、まだ見たことのないその他大勢でも、何ら差し支えありません。(欲張り)^O^
ゼフィルス追っかけもしてみたいですが、この場所ではミドリシジミがどうか、程度でしょうか。

ルリタテハは、いつごろまで生きているのでしょうかね。
No:3605|
2回目の二人観察会~それは、それは良かったですね。
珍しい方達を拝見させて頂きました。
それにしても、ルリタテハ~余りの傷み具合に驚きましたよ。この痛み具合が越冬の証ですね…参考になりました。
で、ウラギンシジミの開翅写真~これではねー…上から撮影してよーと…無理と分かってますが、すみませんね。
No:3606|kucchan さん
>2回目の二人観察会~それは、それは良かったですね。
違いますって、また私一人ですよ。pixypapa さんは遠くへ赴任されましたよ。

>ルリタテハ~この痛み具合が越冬の証ですね…
裏翅で夏型と秋型が区別できますが、秋型がこの時期にいるのは昨季の生まれですからね。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する