ひねもすのたり

 
 今日は真夏日の予報でしたが、当地では何とか免れました。日向では長時間過ごすと立ちくらみしそうなので、日陰を選んで園芸作業にいそしみました。

 ただ、しきりに庭を眺めていて、何か見かけたらカメラ片手にそれっ!ですので、作業が捗ったとは言えません。(^^ゞ
 
 
テングチョウ(♀? タテハチョウ科テングチョウ亜科)
テングチョウ
 昨日、黒いチョウが車庫で翔び回っていたのですが、これだったようです。
 この写真では、砂利の間のコケの水分を吸っているのか、土からミネラルを摂取しているのか分かりませんね。
 
 
ウラギンシジミ(♂ シジミチョウ科ウラギンシジミ亜科)
ウラギンシジミ♂
ウラギンシジミ♂
 ユリの葉にとまり、開翅してくれました。
 実は、昨日見かけたのをまだ記事にしてませんが、我が家周辺では今季お初です。
ウラギンシジミ♂
 ヤブランの葉に移りました。広めの葉上で見かけることが多く、こんな細葉の上で見た記憶がありません。
 
 
ダイミョウセセリ(♂ セセリチョウ科)
ダイミョウセセリ
 ホシミスジかコミスジがとまったように見えたので探すと、代理がシロヤマブキでとまっていました。
 珍しく閉翅したままだったので、♂のようです。
 
 
スジベニコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)?
スジベニコケガ
 ロウバイの葉裏で2頭がじっとしていました。下が大きく、♀ではないかと思われます。♂が♀を狙っているような雰囲気でしたので、交尾するのかなと思いましたが、暗くなるまでこのままでした。
 葉越しに太陽をいれてみました。
 なお、タイトルはこのお二方のことで、決して私のことではありませんよ。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: タテハチョウ科  ウラギンシジミ  セセリチョウ科   

Comment

No:3598|
今回に登場の蝶達は、今季、どれも、遭遇しておりません…故に、撮影は当然なしです。
今までに遭遇した事のない方もいらっしゃるし・・・何とか出逢って撮りたいもんです。
でも、最後の写真の方は、どうも苦手で遠慮ですよ。
No:3600|kucchan さん
テングチョウは少し難しいかもしれませんが、ほかは普通に見かけるようです。今の調子なら、もっと珍しいチョウにも会えるかもしれませんね。

>最後の写真の方は、どうも苦手で遠慮ですよ。
とは承知していますが、文章の流れで・・・(^^ゞ
No:3601|
テングチョウは動きの速いので飛翔写真は難しいですよね。
綺麗なウラギンシジミですが特に斑入りヤブランにとまった姿がいいですね。
私も蛾は苦手ですが、この蛾の色模様と太陽に透けたロウバイの葉模様は綺麗ですね。
No:3602|hitori-shizuka さん
テングチョウは、目で追っていてもどこに降りたか見つけられないことがよくあります。近寄ると足元から翔び立って、ビックリします。

>綺麗なウラギンシジミですが特に斑入りヤブランに
>とまった姿がいいですね。
この間枯れこみを取り除いたのですが、足りなかったようです。ならと背景をぼかすと、本体までボケました。^^;

>蛾の色模様と太陽に透けたロウバイの葉模様は綺麗ですね。
態様を入れ、ロウバイの葉脈が美しかったこの写真にしましたが、肝心?のガがさすがの?コンデジでもボケていますよ。(ウデ?)(^^ゞ

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する