それは私です

 
 このタイトルでピンとくる方は、団塊の世代より↑なのでしょうね。^O^
 
 
クロヒカゲ(タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科)
クロヒカゲ
 玄関ポーチの壁に水平にとまり、しきりに壁をなめていました。ミネラルでもあるのでしょうね。鉢などを置いているため、250mmでは撮影に苦労しました。
 こんな所で見かけるのは初めてですが、ヒカゲチョウだ、クロヒカゲだ、とかまびすしいので、クロヒカゲは私だと出てきてくれたのでしょうか。
 
 
オオチャバネセセリ(セセリチョウ科)
オオチャバネセセリ
オオチャバネセセリ
 今季お初ですが、ヨレヨレです。判別の重要な決め手となる後翅の外縁部分が欠けています。
 昨日の雨が残っていたからか、砂利のすき間をなめていました。
 
 
カラスアゲハ(アゲハチョウ科)
カラスアゲハ
 アザミで吸蜜中です。これもかなり傷んでいます。
 雲が厚い時間帯にシャッタースピードを上げて撮影したため、暗めです。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:  

Comment

No:3583|梅雨入り後
カメラが濡れないかと気がかりでもあるこの時期に
シャッタースピードを稼ぎながら、相変わらず精力的にチョウを追っかけておられるんですね!
この時期ならでは面白い生態が垣間見られるかもしれません。
楽しみに応援させていただきます。(^O^)/
No:3584|
おっ…偶然にも、私の記事と写真が類似してるのにはビックリですよ。
この方が、クロヒカゲですか・・・。
私のは、単なるヒカゲチョウです…いや、もしかしたら、コジャノメ?かも。
偶然ですが、ブルーベリーの防鳥ネットに入りこんで出れなくなってる所を撮影ですよ…思わず、ヤッタネですよ。
それにしても、このオオチャバセセリの姿~見るに耐えがたい状態ですね。
この先が心配ですね。
No:3585|Matsu さん
>カメラが濡れないかと気がかりでもあるこの時期
私の被写体は雨中に活動することはまずありませんので、Matsu さんと違って、カメラを濡らすようなことはありませんよ。逃げられてまつ毛を濡らすことは、多々ありますが・・・(^^ゞ

>この時期ならでは面白い生態
Matsu さんの?
私もいろいろやりますけど・・・(^^ゞ
No:3586|kucchan さん
>私の記事と写真が類似してるのにはビックリですよ。
500円硬貨を並べるわけにはいきませんが、そちらのヒメジャノメより、ヒカゲチョウやクロヒカゲが一回り大きいですね。どちらも比較的よく見かけるチョウですので、今のように気をつけておられると近いうちに会えるでしょうね。

>オオチャバセセリの姿~見るに耐えがたい状態ですね。
どのチョウも、羽化したてはピカピカですが、このヒトは特に苦労が多かったのでしょうね。わが身とつい引き比べてしまいます。(^^ゞ
No:3587|
「それは私です」聞き覚え、見覚えがありますよ。
若かりし頃のNHKの番組懐かしい題名ですね。

玄関先に訪問してくれるとはなんともサービス精神旺盛なチョウですね。
そう言えば、先日の日曜日に雨上がりの山に行った時、山の斜面をコンクリートで吹き付けている場所で何十頭ものテングチョウが張付いていましたよ。
何らかの好みの成分があるのでしょうね。

お陰でヒカゲ、クロヒカゲの違い裏翅の線状のカーブや翅色からどうに判断出来そうです。
No:3588|
こんにちは。
梅雨に入って、蝶探しの楽しみもちょっと減るのかと思いきや、
次々と登場してきますね!
天気の良い日は、
「さぁ、蝶は飛んでいないか? 飛んで来ないかなぁ?」
と気になるけれど、
天気が悪い日はあまり気にかけない・・・
「それは私です」(^_^)

翅の長さが胴体よりも長そうですし、ヨレヨレで見分けにくいけど、
オオチャバネセセリさんですよね…な~んて、安易に思ったりして…(^_^;)
(?マーク付きではないですね。スミマセン、余計なお世話でした…)

最後の写真・・・
この少々くたびれたカラスアゲハさんも周辺の草花も、
晩夏か初秋を思わせるような雰囲気で、心寂しさを感じさせますね。
こんな切なそうな雰囲気もけっこう好きです、わたし・・・
やっぱり年齢を重ねると、好みも変わってきますよねぇ~
ね、uke-enさん♪
No:3589|hitori-shizuka さん
>若かりし頃のNHKの番組懐かしい題名ですね。
二十の扉、私の秘密、事件記者からジェスチャー、お笑い三人組などなど懐かしい限りですね。

>そう言えば、先日の日曜日に雨上がりの山に行った時、山の斜面を
>コンクリートで吹き付けている場所で何十頭ものテングチョウが張
>付いていましたよ。
チョウが吸水する要因の一つは、ナトリウムイオンの補給だと言われています。セメントと水では炭酸カルシウムですが、同じアルカリ性ですし、そんな関係なのでしょうかね。

>お陰でヒカゲ、クロヒカゲの違い裏翅の線状のカーブや翅色からど
>うに判断出来そうです。
前車の轍、他山の石、お役にたてて幸いです。^O^
習いつつ慣れろで、できれば多数の個体を見ることが判別に習熟する最良の方法でしょうね。と言いながら、ヤマキマダラヒカゲ、サトキマダラヒカゲは、見れば見るほど分からなくなっていますが・・・^^;
No:3590|みさとさん
>梅雨に入って、蝶探しの楽しみもちょっと減るのかと思いきや、
>次々と登場してきますね!
天候と家内の顔色をうかがいながら、ポイントを一回り、後はコンデジをポケットに、デジイチを手近に置いて、庭仕事をしているような顔をしています。(^^ゞ

>オオチャバネセセリさんですよね…な~んて、安易に思ったりして
当方も、4択(304~305Pーミヤマ+コチャバネ)の消去法で決めましたが、出会った途端の印象がオオチャバネでした。

>この少々くたびれたカラスアゲハさんも周辺の草花も、
>晩夏か初秋を思わせるような雰囲気で、心寂しさを感じさせますね。
ものも言いようですね。ヒヨドリバナが群生する場所ですから、草刈りを控えています。もう60cmほどになっています。^O^
No:3591|こんばんは~
uke-enさん、こんばんは。蝶がいろいろと飛び出してきているようですね。私の方は、木曜日がいよいよ引っ越しです。家族は残して行きますので、戻れるときは戻ってきますので、また、ご一緒させてください。引き続き、どうぞ、よろしくお願いいたします。
No:3592|
ちょう…チョウ…超お久しぶりですm(_ _)m
蝶三昧の日々をお過ごしのことと思います^^;
先日、ワタシもようやく撮る事が出来き感激中です♫
また、お時間がありましたら、判別のほど宜しくお願いします(>人<;)
No:3593|pixypapa さん
昨日、フォローアップの2回目に行ってきました。チョウはいろいろでしたが、お目当てはどれも見かけませんでした。別口を先に載せましたので、今日明日のうちにそちらも載せますね。

またの機会があることを願って、行ってらっしゃぁ~い。v(^O^)v
No:3594|yumemi さん
>蝶三昧の日々をお過ごしのことと思います^^;
曇り空や雨も多くなかなかそうもいかないので、ナイショで園芸三昧ですよ。(^^ゞ
チョウは姿を見せてくれないと勝負になりませんので、逃げない花を相手にしていますが、こちらも素直に言うことを聞いてくれませんね。^^;

キレイなアゲハだと即断しましたが、考えれば考えるほどキアゲハではと思うようになりました。表翅が見えると楽チンなんですが・・・

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する