とまってよ

 
 最高気温は28℃、雨の予兆でしょうか、何かむし暑く感じました。

 こんなに暑いと、チョウもろくろく庭を訪れてくれません。
 特に気になっているのは、この時季我が家周辺で一番のおなじみさん、ヤマトシジミをほとんど見かけないことです。例年なら、裏の畑を一周すると二桁は出会うのですが、1~2頭を見かけるのがやっとです。当地だけのことでしょうか。


 黒いアゲハが庭の上空を通り過ぎてほとんどとまってくれませんので・・・
 
モンキアゲハ(アゲハチョウ科 2012/5/27撮影)
モンキアゲハ
 曇り空にしても暗すぎますね。
 
クロアゲハ(♀ アゲハチョウ科 2012/5/28撮影)
クロアゲハ♀
 これだけ赤斑が目立てば、♀で大丈夫でしょうね。


 こういうものは、なかなかうまくいきませんが・・・
 
アゲハ(アゲハチョウ科 2012/5/30撮影)
アゲハ
 ムラサキセンダイハギで吸蜜中です。かなり傷んでいますね。
 
モンシロチョウ(♀ シロチョウ科 2012/5/30撮影)
モンシロチョウ♀
 こちらは、ムシトリナデシコで吸蜜中です。


 そうそう見かけないチョウは、ついついとまるのを待つので、結局飛翔写真もろくなものが撮影できません。見慣れたチョウの場合、飛翔を専一に狙いますので、たまにはうまくいく場合もあります。
 ということは、そうそう見かけないチョウでもそうすればいいのじゃないと思われるのはシロートです。焦りが計算に入っていません。^^;
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花 

Comment

No:3557|お礼
先日は蝶の事でお世話になりました。
改めてお礼を言います。
今年は4月に雨が多かったせいで
5月は雨がちょう少ない。
今頃、田植えが始まったのですが
困っている農家も1、2見受けられます。
黒い蝶よく見かけるようになりましたが
早い早いでとても撮るなど出来ません。
多分ヒガンバナが咲く9月終わりでないと
撮れないとあきらめていますが!
No:3558|自然を尋ねる人 様
わざわざお探しいただいてのコメント、ありがとうございます。
ガはチョウの10倍ほど種類が多いので、大きなチョウか特徴のあるものしか判別できません。以前巴マークの入ったガを見かけていたので、仲間かなと・・・

確かに最近は雨が少ないですね。花壇もからからで、種類によっては花も枯れかけています。適当に降ってくれないと、田んぼに水を張ることも難しいですね。

黒いアゲハは一日に数回見かけるのですが、やはりとまってくれません。今季はツツジの開花時期とタイミングがずれたみたいです。
飛翔撮影は運任せですが、どうも薄幸の身で・・・(^^ゞ
でも、ホタルの飛翔を撮影されるのですから、スゴイですね。
No:3559|
おや…まぁ…ビックリです。
実は、私も、クロアゲハとモンシロチョウなどを今日の記事にしましたよ。
でも、uke-enさんみたいに、クッキリの飛翔写真には至らずですよ。
で、「とまってよ」には、全く同感ですよ。
悲しいながら、コンデジの私には「とまって」くれない事には勝負になりません。
No:3560|
ゴマダラチョウに刺激され、今日遊びに来てくれた昆虫好きの孫娘と一緒に近くの野山に出かけましたよ。

花に寄らないチョウの動きは機敏で、uke-enさんの様な飛翔写真は写真にならずじまいでした。
逆にチョウに目の運動をさせられてしまいましたよ。(^^;)
しかし、5㎝位も有る大きなクワガタと、初見のミズイロオナガシジミに出会えて孫も私も大喜びでした。\(^o^)/
No:3561|kucchan さん
見せていただきました。なかなかのものですね。
ほめ殺ししておきましたよ。私のほめ殺しは、誉めた後殺すことですけど・・・^O^

ところで、最近意図して花を載せているつもりですが、チョウのことばかりコメントをいただきますね。まぁ、意図の中に、草姿が分からないようにという意味も含んでいますけど・・・(^^ゞ
No:3562|
こんにちは。
大きなアゲハチョウの舞いは、優雅で美しいですねぇ~
ついつい超接近して、「どうだ!」ってな感じで撮ってしまいがちですが、
こうした飛翔写真は、蝶らしくて本当にステキ♡

ヤマトシジミ、当方では足元をチョロチョロしてますよ(^_-)-☆
今年は、やけにカタバミの小さな黄色い花が目立つ我が家の土手。
根が張って繁殖力旺盛なカタバミですから、
お花を脅かすように生えている庭は抜いて退治してますけど、
土手は残すように心がけてるので、もしかしてそのせいでしょうかね・・・
No:3563|hitori-shizuka さん
昆虫好きの孫娘?先が楽しみ?思いやられる?(v^ー゜)

>花に寄らないチョウの動きは機敏
ホントにそうですね。♀を探すためいろいろやってるのでしょうけれど、
素直に撮影させてくれないからこそ何とかしたいという面もありますが。

>5㎝位も有る大きなクワガタと、初見のミズイロオナガシジミに出会え
>て孫も私も大喜びでした。\(^o^)/
お孫さんにいい格好ができて、胸をなでおろしたのではないでしょうか。
ミズイロオナガシジミは全国どこにでもいるそうですが、一体どこにいる
のでしょうね。
No:3565|
ミズイロオナガシジミを見付けた場所は、2か所で5頭見かけましたが、いずれも明るい林縁の目の高さ位の所で笹やアカメガシワの葉にとまっていましたよ。
食草はコナラ、クヌギ、カシワ等らしいですが、確かにコナラやクヌギなどの樹が多く見られる林の一角でした。
だからクワガタもいたのでしょうね。
No:3566|みさとさん
>大きなアゲハチョウの舞いは、優雅で美しいですねぇ~
速いのにゆらりゆらり翔んでいるイメージがあります。アサギマダラの印象が強いのでしょうか。それを写真に移したいと思うのですが、なかなかうまくいきません。

>ヤマトシジミ、当方では足元をチョロチョロしてますよ
あれ?そうですかぁ。当地では、例年に比べて極端に少ないような気がしています。この冬鳥が少なかったため、つい、こちらも何かあるのかと考えてしまいます。
カタバミ?くさるほどありますけど・・・^^;
No:3567|hitori-shizuka さん
ミズイロオナガシジミがどのようなところに生息しているかを知識としては知っていますが、当地で落葉樹が主体の雑木林を見たことがありません。探すのですが、そもそも雑木林みたいな場所がありません。
山あいの地で、過去にあったとしても住宅か茶畑になってしまっているのでしょうか。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する