初見蝶今季No.5

 
 朝方は12℃、少し霧が出ていましたが、陽が射してからは気温が急上昇し、最高は25℃の夏日になりました。ただ、スカッと晴れたというより、変にむしむしする陽気でした。
 明日はまた低気圧が近づいて、怪しいようです。いい加減にしてほしいものですね。
 
 
コチャバネセセリ(♂ セセリチョウ科)
コチャバネセセリ ♂
 花壇のビオラで吸蜜、吸水していました。
 青い線で示した黄斑2個がほぼ整列していますので、♂と識別できます。7枚目の写真と比較してください。
 一昨昨日の個体も、同一個体かどうかは分かりませんが、♂のようです。
コチャバネセセリ ♂
コチャバネセセリ ♂
 本日は開翅してくれました。
コチャバネセセリ ♂
 地植えのクレマチスの葉に翔び移って、ここでも吸水しています。青線で示したのが、分かりにくいですが性標で、♂と識別できます。
 
 
コチャバネセセリ(♀)
コチャバネセセリ ♀
 マドガ(マドガ科)と並んで、キリシマツツジで吸蜜中です。ここでは2頭を確認しました。
コチャバネセセリ ♀
コチャバネセセリ ♀
コチャバネセセリ ♀
 黄斑2個がずれていて、すぐ上に余分の小さな斑も見えます。性標もないので♀と識別できます。


 このすぐあとにミヤマセセリが同じビオラに来ましたが、すぐ逃げられました。今日はセセリ・レビューの日かな、お次は今季まだ見ていないダイミョウセセリかな、などと思っていると・・・
 
 
アオバセセリ(♀ セセリチョウ科)
アオバセセリ ♀
 タイムで吸蜜しているのを見つけ、ベニシジミ飛翔との2ショットです。(^^ゞ
 初見です。トラフシジミ?と首をかしげながら、とりあえずの証拠写真をと思ったら、ベニシジミに追い払われました。
アオバセセリ ♀
アオバセセリ ♀
 アルメリアに移りました。
 間違いなくアオバセセリですね。後翅のオレンジがクッキリなので、♀でしょうか。
 撮影しながら開翅を待ってると、またまた複数のベニシジミに追い払われ、見失ってしまいました。
 
 
ミヤマセセリ(♀ セセリチョウ科)
ミヤマセセリ ♀
 鉢植えのビオラで吸蜜しています。一昨昨日は閉翅しませんでしたので、とりあえずの裏翅撮影です。(^^ゞ
ミヤマセセリ ♀
 前翅の白帯から♀と思います。一昨昨日の個体も、同一個体かどうかは分かりませんが、♀のようです。
 やはり開翅しませんでしたので、正解でした。(^^ゞ


 ところで、今季我が家を訪れた初見のチョウが5種類目になりました。以前、ほとんど網羅したなんて御託を並べていましたが、汗顔の至りです。^^;
 経験年数の増、鳥の撮影を狙わずチョウに専念していることだけが、原因ではないように思えます。昨年、進入路周りのスギ、ヒノキの大木10本余りを伐採したので、陽射し、風など直接間接に気象環境が変化したのかも知れません。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   草花 

Comment

No:3453|
何とまぁ…セセリチョウの登場ですか。
我が地域では、未だ、出てきておりませんよ。
正に、蝶の楽園ですね。
しかま、「コチャバネセセリ」「アオバセセリ」「ミヤマセセリ」とは、私にはどれも初めてですよ(…のはず)。
私も、後追いながら、気を付けて観察することにしますよ。
No:3455|kucchan さん
>セセリチョウ・・・我が地域では、未だ、出てきておりませんよ。
昨春、イチモンジセセリを何度も見せていただいて、こちらはまだかと羨んだのを思い出しましたよ。^O^

>気を付けて観察することにしますよ。
山の中の我が家ですからこんなのも来ますが、どれもkucchan さんちを訪れることは期待薄です。近所の雑木林や樹のある公園の回りなら、出会えるかもしれませんね。
No:3456|
やはり花があってのチョウですね。
花が無ければ蝶の動きも活発でなかなか綺麗な姿はとれませんよね。
それにしても、私も「アオバセセリ」は初めて見せてもらいましたよ。
特にアルメリアの優しいピンクの花とチョウは色合いもよく出て素敵ですよ。\(^o^)/
No:3457|hitori-shizuka さん
>やはり花があってのチョウですね。
花にはほとんどとまらないチョウもいますが、チョウも花も見栄えしますね。
ただ、どうしてもチョウ中心に撮影しますので、花の美しさが二の次になりますね。(ウデ?)
ネタの切れた日に、チョウがあっての花の記事を載せますね。^O^

>アオバセセリ・・・特にアルメリアの優しいピンクの花とチョウは
>色合いもよく出て素敵ですよ。
この時も、あっという間にベニシジミに蹴散らされました。何するねんですよ。
もっと青をキレイに写さないと・・・もったいない。
No:3459|ご自宅に
これだけのチョウが来訪するとは、
やっぱり恵まれていますよ。
木を切って、日当たりがよくなるのは、
チョウにとって良い環境になりますね。
それにしても、ミヤマセセリとアオバセセリが同時に見られるとは。自分の常識にはなかったので、びっくりです。
No:3461|grassmonblue さん
>木を切って、日当たりがよくなるのは、
>チョウにとって良い環境になりますね。
ツツジの場所はかなり明るくなりましたが、庭は直接的には風のとおりがよくなったくらいでしょうか。進入路は日中も薄暗かったので、チョウが訪れにくい壁になっていた可能性は考えられますね。

>ミヤマセセリとアオバセセリが同時に見られるとは。
>自分の常識にはなかったので
その辺をよく理解していないのですが、川からはかなり離れていますし、雑木林も当地では見かけないので、両者はどこに生息しているのだろうと気になっています。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する