初見蝶今季No.3・No.4

 
 朝方は10℃とひんやり目でしたが、お昼には24℃に達し、昨日までとは打って変わった気持ちのいい一日でした。日向での積み残しの作業は暑かったですが、風が吹き抜けて、日陰では快適でした。

 この陽気に誘われて、チョウもワンサカ見かけました。まずは、初見のチョウからです。


 裏の畑は、我が家に向かってかなり傾斜していて、一番奥がちょうど尾根になっていますが、そのすぐ手前は蝶道になっているのか、黒いアゲハなどいろいろなチョウが通り過ぎます。

 尾根の樹液酒場を確認に行く途中、頭上をつがいの黒いアゲハが通り過ぎ、珍しくそのうち1頭が降りてきました。
 
ミヤマカラスアゲハ(春型 アゲハチョウ科)
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ
 角度が悪く、魅力の源泉である青緑色の鱗粉が一部しか写っていません。前翅表の細い白帯と後翅裏の白帯が何とか写っていて、ミヤマカラスアゲハと思います。
 ミヤマカラスアゲハであれば、初見です。機会があれば、美しく図鑑用にも使える写真をものにしたいですね。


 今日は裏の畑より、玄関先の花にたくさんのチョウを見かけました。
 白い花に、何か白いものがついてるように見えました。
 
イシガケチョウ(タテハチョウ科)
イシガケチョウ
イシガケチョウ
 初見です、今季4種類目になります。南方系のチョウで、近畿では紀伊半島に生息しているそうですが、当地では見かけない種類と思っていました。
 クリサンセマム・ノースポールやタイムで午後一杯吸蜜していました。
 越冬組でひどく傷んでいます。尾状突起も左後翅に何とか残っている程度、左右を合わせると全体像が見えるかなといった具合です。
イシガケチョウ
 平開してとまり裏翅が見えることが少ないため、裏側に回って撮影しました。

 クリサンセマム・ノースポールは、昨秋こぼれ種が発芽したもので、冬中ボツボツと咲いていました。そろそろ衣替えの時期と思っていましたが、ほかにもいろいろなチョウが吸蜜していますので、もう少し残しておくことにしました。^O^

 そして、締めは・・・
 
イシガケチョウ 手乗り
イシガケチョウ 手乗り
 やっぱり、これです。(^^ゞ
 案外人なつっこいようで、素直に乗ってくれました。
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ:   蝶道  草花  手乗り 

Comment

No:3432|
どんどん初見のチョウが見られたうえ、手乗りも実績を上げていますね。
イシガケチョウが訪問してくれたのですね。
私も昨年、初めてこの変わった翅模様のチョウに出会いました。このチョウは南方のチョウらしいですが北上していることは確かのようですね。
珍しい蝶に出会えるのは楽しみですが、その反面、地球の温暖化により雨の少ない我が地方では一段と厳し水不足にならなければいいのですが・・・

uke-enさんの指力(手乗り)に刺激されて、ベニシジミで挑戦してみました。
ウソだろ?意外な結末で驚きでしたよ。
No:3433|
こんにちは。
初見蝶が2頭も・・・良い日でしたね(^_-)-☆
ワンサカ見られたという蝶たちも気になりますが、
イシガケチョウという蝶は、
名前を聞くのも初めてなら見るのも初めて!
こんなわざとらしい(?)模様の蝶がいるのですねぇ~
いつの日か信州辺りまで北上してくれればいいんだけど・・・
でも、それはhitori-shizukaさんのご心配を考えれば、
願うことではありませんね。
近年ツマグロヒョウモンが我が地域でも幅を利かせはじめてまして、
庭にもやってきますけど、これも手放しでは喜べないこと・・・

そして、またまた手乗りですかぁ・・・
uke-enさんに、「手乗りの競争しましょうか…」と持ちかけられましたけど、
これを見たら、もうご辞退申し上げるしかありません・・・
お見事です!

あっ、忘れてました・・・
ミヤマカラスアゲハの初見もできて、よかったですね(^_-)-☆
ミヤマカラスアゲハは我が家の常連さんなので、つい・・・
(この言い方は、ちょっとイヤミだったかしら? お気になさらずに…(^_^))
No:3434|hitori-shizuka さん
hitori-shizuka さんちでイシガケチョウを見せていただいた際、このチョウは当地では見られないとあきらめていましたので、驚きつつも北上してきていることを実感しました。
寒がりの私にとって、温暖化様々と冗談を言っていますが、夏は適度に暑く、冬は適度に寒くでないと、体力やエネルギーの余分な消耗になりますね。

>雨の少ない我が地方では一段と厳し水不足にならなければいいのですが
昔と比べて、ため池がかなり減っているようですね。毎夏のように早明浦ダムの貯水率がニュースになるのも困りものですね。

>ウソだろ?意外な結末で驚きでしたよ。
もしもし、そんなに気を持たせるばかりじゃなく、ヤマキマダラヒカゲとともにupしてくださいよ。^O^
No:3435|みさとさん
>初見蝶が2頭も・・・良い日でしたね(^_-)-☆
分散してもらうと、記事に悩まないでも済むのですが・・・(^^ゞ

>近年ツマグロヒョウモンが我が地域でも幅を利かせはじめ
そうですよね。ほんの小さなことでも、世界が見えますね。何事もつながっているということでしょうか。ただ、生きとし生けるものは、生き延びるように生きているだけなので、何の罪もないのですが・・・

>お気になさらずに
このほうが、もっとイヤミに聞こえますよ。それはともかく、みさとさんからチェックが入るのではと、ビクビクしていました。^^;
No:3436|
「今日は裏の畑より、玄関先の花にたくさんのチョウを見かけました」・・・uke-enさんちも、そうですか。
実は、我が家も、そうなんですよ。
何故か、分かりませんが、二日前くらいから、我が家に訪問するようになりましたよ・・・偶然なのか不思議ですね。
それにしても、「初見蝶今季No.3・No.4」とは・・・
しかも、「ミヤマカラスアゲハ」と「イシガケチョウ」だなんて、私には、今までに見たことがありません。
特に、「イシガケチョウ」なんて、綺麗な事の他に、うす気味悪いてな感じもしますよ。
で、手乗りねー・・・
翅が欠けてるみたいですね・・・えへへへへ・・・
ならば、跳べないのではと・・・
ならば、私でも遭遇すれば出来るのではと・・・えへへへへ・・・と、言っても、負け惜しみをではありませんから。

No:3439|kucchan さん
>二日前くらいから、我が家に訪問するようになりましたよ
多分、たくさん羽化して、あちこちに食事に出かけるようになったのじゃないでしょうか。この日は裏の畑をパトロールするヒマがなかったくらいでした。

>「イシガケチョウ」なんて、綺麗な事の他に、
>うす気味悪いてな感じもしますよ。
似たチョウすら思い浮かばない、特異な姿ですよね。翅もペラペラな感じでした。

>翅が欠けてるみたいですね・・・えへへへへ
>ならば、跳べないのではと
そういう下品な笑い方はやめてはいかがと、以前申し上げなかったでしょうか。^O^
例え後翅がなくてもチョウは翔べるようですから、このくらいの欠けでは軽いものですよ。
ただし、乗ってくれやすいのは確かです。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する