チョウのなる木

 
 朝方は13℃、午前中は曇りがちでしたが、午後晴れて夏日にあと一歩、暑いくらいでした。

 ハナズオウは、植えっぱなしでも毎年たくさん花をつけてくれ、ハチなどをよく見かけるという印象でしたが、黒いものが翔んでいるのを見かけました。
 サクラの経験からチョウではと探すと
 
トラフシジミ(シジミチョウ科)
トラフシジミ
 この写真は2頭ですが、同時に3頭確認しました。これまで、トラフシジミを複数で見かけたことはありません。
トラフシジミ
トラフシジミ
 別個体かどうか分かりません。
 
ルリシジミ(シジミチョウ科)
ルリシジミ
 ほかに、コツバメも見かけました。

 なぜこんなに写真がいい加減かというと・・・
 
クマバチ(コシブトハナバチ科)
クマバチ
クマバチ
 初めは1匹だけだったのが次々増えて、5~6匹がブンブンでした。
 こちらが攻撃しなければ刺さないとの知識はあっても、目の前を飛ばれると腰が引けます。^^;

 クマバチが近くいないことを確認しながら、トラフシジミに指を差し出すと・・・
トラフシジミ 手乗り
トラフシジミ 手乗り
 少しとまどっていましたが、気安く乗ってくれました。トラフシジミの手乗りは初体験です。


 今後、ハナズオウは、特別扱いですね。(^^ゞ
 
 
写真をクリックいただくと、大きくしてご覧いただけます。
 
関連記事

タグ: シジミチョウ科  手乗り  花木  ハチ 

Comment

No:3396|
トラフシジミの手乗りですか。
それってすごいですね。
開翅を狙って固唾をのんで見守っているので、試してみる勇気はありませんが、だんだんその道の匠になっていますね。
No:3397|
ハナズオウ・・・「チョウのなる木」とは、ナルホドとうなづきましたよ。
植えっぱなしでも毎年たくさん花をつけてくれるとは、面倒見も少なくて、私に敵した花木といえそうですね。
しかも、蝶を沢山引き寄せてくれるし・・・今度、出会ったら調達も検討しなくては。
それにしても、トラフシジミの手乗りはとは・・・uke-enさんの「交尾」&「手乗り」写真と幅広い特技には驚きますよ。
No:3398|
こんばんは。
こちらに飛んできたら、全面目の覚めるような『ピンク画像』・・・
いったい何が起こったのか? …と、しばし呆然としてた、わ・た・しデス(^_^)
ピンクの正体は、ハナズオウだったのですね。いえ、今回も『蝶の記事』だったのですねぇ~
ゴメンナサイ! やっぱり蝶よりも先に、ピンクが強烈に目に飛び込んでくるわぁ(^_^;)

ハナズオウも、ブッドレアに負けないほどの蝶を呼ぶ花(木?)『バタフライブッシュ』だったとは、知らなかったぁ~
我が家でも、ハナズオウの花が咲いたら、注意深く観察せねば・・・

トラフシジミの初手乗り、おめでとうございま~す!
最後の写真、すっごくきれいですね。
もちろんこちらの写真は、トラフシジミの可愛らしい姿が、
目に飛び込んできましたよ(^_^)
そのうちに、手乗り写真集がまとまりそうですね(^_-)-☆
No:3399|
私も花ズオウのピンクに目が留まりましたよ。
よく見ると真正面?に鋭い目つきチョウが2頭いることが分かりました。
目の形をしたのは後翅で、細い末尾が触角にそれぞれ左右対称の模様がいかにも顔に見える事が写真をアップして分りましたよ。
これも擬態の一つでしょうかね。?
花ズオウにこんなにチョウが集まるのですか。私はハナアブしか出会えていませんよ。

手乗りチョウ、羽化直後とか寒さや疲れで動きが鈍い時なら納得出来るのですが、根気だけでは納得できませんよ。
私なりに考えたのですが、チョウは雄がフェロモンを出すらしいのでuke-enさんの指先から蝶フェロモンが出せる能力が備わったのでは?
そうだとすれば手乗りの相手はすべて雌チョウですよね。・・・そんなバカな。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
やはり納得いかないなあ・・・(-。-;)
No:3400|ダンダラさん
>開翅を狙って固唾をのんで見守っている
飛翔は私の間尺に合いませんので、これまでずっと開翅を待っていたのですが、吸蜜に夢中で半開翅もしてくれません。
この時はクマバチブンブンですので、緊急避難でした。(^^ゞ

>だんだんその道の匠になっていますね。
ダンダラさんもメンバーだそうですが、手乗りチョウチョ愛好会に加入しますか。^O^
No:3401|kucchan さん
>ハナズオウ・・・面倒見も少なくて、私に適した花木といえそう
>ですね。しかも、蝶を沢山引き寄せてくれるし
ハイ、今まで知りませんでしたが、ベニシジミと合わせて4種は見かけました。ただし、クマバチも引き寄せそうですから、奥様からのクレームは自己責任でご対処くださいね。^O^

>「交尾」&「手乗り」写真と幅広い特技には驚きますよ。
幅広いにひっかぁります。カメムシは、埋め草ですからね!(^^ゞ
No:3402|
ワタシも目にも鮮やかなピンクのお花にうっとり♫
今回はお庭の花特集かな?と思いきや…^^;
トラフシジミさんが潜んでいたのですね(^_-)-☆
ちゃんと2頭、ワタシも確認できましたよ!!
体は同化していて解りづらいけれど
オメメが横に飛び出していたので直ぐ解りました^^
そうそう…みさとさんに一票!!
ワタシも手乗り特集期待しています^^
No:3404|手乗り遊遊
コツバメにトラフの手乗りなんて
やっぱり素敵な環境です。
こちらでは見つけただけで感激して、
撮影だけで、手乗りトライの余裕はないです。
No:3406|みさとさん
そうおっしゃられると、ショッキング ピンク一色ですね。チョウしか見ていませんでしたので、そんな意識は全然ありません。(^^ゞ

>我が家でも、ハナズオウの花が咲いたら、注意深く観察せねば
クマバチにも、十分注意してくださいね。ハナズオウが咲く時、どんなチョウがいるかによって、当然訪れるものが変わってきますね。楽しみにしておきます。

手乗りはチョウの種類だけで15~16種になってるでしょうか。交尾とか複数とか外道!とかいろいろありますので、面白そうですね。

No:3407|hitori-shizuka さん
>目の形をしたのは後翅で、細い末尾が触角にそれぞれ左右対称の模様
>がいかにも顔に見える・・・これも擬態の一つでしょうかね。?
横から撮影しようとして、ついオレンジ模様にピントを合わせそうになり、いまだにとまどいます。2頭が横顔を見せてくれず、こちらにも向いてくれずで、仕方なくこの写真のつもりでした。ウン?後からでも顔に見えると気づきましたよ。

>手乗りチョウ、羽化直後とか寒さや疲れで動きが鈍い時なら
>納得出来るのですが、根気だけでは納得できませんよ。
まぁ、そうおっしゃらずに・・・100遍やれば2~3編はうまくいきますよ。手が届くまで近づけたら、クローズアップ撮影後は指を出す、これに尽きます。(^^ゞ

>手乗りの相手はすべて雌チョウですよね。
そうだと嬉しい?のですが、♂や不明のものばかりのようです。汗は好まれるようですが、真夏でもほとんど汗をかかない体質です。
No:3408|yumemi さん
>今回はお庭の花特集かな?と思いきや…^^;
こんな木や花があるということを、ちゃんと紹介してるつもりです。チョウの付録ですけど・・・(^^ゞ

>オメメが横に飛び出していたので直ぐ解りました
オメメじゃないのは、話の流れでご理解いただいてますね。横からでも、尾状突起をしきりに動かすので、ン?となります。鳥にこの部分をパクリとやられても、チョウは何とか生き延びることが可能ですから、考えたものです。

手乗り特集?「手乗り」のタグをクリックいただくと、漏れなく表示されるはずなので、芸が必要ですね。^^;
No:3409|grassmonblue さん
>コツバメにトラフの手乗りなんて
私が見たこともないチョウも含めて、あれだけいろいろ乗せてるのに?と、改めて確認に走りましたよ。

>撮影だけで、手乗りトライの余裕はないです。
遠いところでも玄関から20m、一日何回も、10日余り続くと、いくら何でもカメラを向ける気も失せてきます。表翅は見せてくれないし、狙っても狙っても飛翔は追いつきません。逃げられてもいいやの手乗りトライです。それ以前なら、考えも及ばなかったことですが・・・^^;

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する